【本気の恋愛】ホストの彼氏が本命彼女にしか取らない7つの態度と6つの行動を徹底解説

ホストクラブに通いはじめると、自然な成り行きでホストと交際に発展することは珍しくありません。しかし、実際にホストと付き合ってみるとさまざまな不安を感じるものです。ホストは仕事とはいえ複数の女性と交流を持ちますから、浮気をされたり「もしかして私って営業彼女?」などの不安がつきまといます。

という訳で今回は、ホストが本命彼女だけに見せる態度とその心理、遊びと営業の見分け方について詳しく解説していきます。

ホストの本命の女性への態度・心理

まずは、ホストが本命女性にだけ見せる態度と心理について見ていきましょう。現在ホストと交際している女性は、自分たちの関係と見比べてみてください。

弱みを見せる


男性の多くは自分の弱さを彼女に見せることを嫌がるので、弱さを見せてくれるなら絶大な信頼をされていると考えてもいいです。

ホストは基本的に女性を楽しませたり、女性の悩みを聞いてあげ癒やしてあげる存在です。そんなホストがお客様の前で弱音を吐いたり、悩んでいる姿を見せたら、ついクラりとしてしまいそうですね。

時にはそういう接客スタイルで女性の心を掴むこともありますが、もしかしたらあなたに気を許しているのかもしれませんよ。

会いたいと言われたら会いに行く


彼氏に「会いたい」と伝えたら、本当に会いに来てくれるとかなり嬉しいですよね。ホストも本命彼女から「会いたい」と言われて嫌な気持ちになることはありません。時間があれば普通に会いに来てくれるものです。

もちろん仕事の状況によって難しいときもありますが、本音は彼女の元へすぐに駆けつけたい気持ちです。

普通の恋愛でもそうですが、男性は本命彼女に嫌われるようなことはしませんし、できるだけ彼女の要望や期待には応えたいという思いがあります。

デートの日はちゃんと計画を立ててくれる

ホストに限った話ではないですが、男性は本命彼女とのデートはそれなりに気合いをいれるものです。もっと自分を好きになってもらうために彼女が喜びそうなデートプランを立ててくれます。

ホストの性格や彼女の性格によっては逆のパターンもありますが、本命彼女が立てたデートプランであれば、それに文句を言わずに付き合ってくれるでしょう。

彼女を喜ばせようとしてくれる


ホストは女性を楽しませたり喜ばせたりするのが仕事ですが、本命彼女には仕事抜きの感情で純粋に喜んでほしいと思うものです。

たとえば誕生日に突然のサプライズや、彼女が楽しめる場所へ連れて行ってくれたりなど。普通の女性であれば喜ぶこと間違いナシなことを当然のようにしてくれます。

また、男性は基本的に本命彼女に対して自分本位なことをしません。自分本位なことをすれば彼女に嫌われてしまいますし、できるだけ彼女に合わせようとしてくれます。

恋人といえど他人なわけですから価値観の違いは当然ありますよね。そこをお互いに妥協し歩み寄ることができるなら、あなたが本命彼女である証拠だといえます。

小さなことも覚えていてくれる


男性の多くは割と交際した記念日や彼女の誕生日、彼女が言った何気ない言葉をあまり覚えていないものです。しかし、記念日やどんな小さなことでも覚えてくれているのは、あなたのことを大事にしている証拠です。

とくにホストの場合は、女性を観察したり細かいことを記憶することが得意な人が多いので、本命彼女に関することはなんでも覚えてくれたりします。

女性はこういう細やかなところに敏感だったりしますので、ホストである彼氏の記憶力を試してみるのもおもしろいかもしれません。

わがままを聞いてくれる


彼女からのわがままは、正直面倒に感じる男性が多いですが、それが大好きな彼女であれば聞いてあげたくなるものです。さらに、彼女のわがままを聞いてあげないと機嫌が悪くなるのであれば尚更でしょう。

恋愛の初期段階では、男性は彼女の要求をある程度聞いてくれやすいです。その理由をひとつ挙げるとするならば、それは彼女にわがまま(お願い)をされると、自分が頼られているような気がして嬉しくなるからです。

彼氏にわがままを言うことに抵抗がある女性は、試す意味でもなにかわがままを言ってみてはいかがでしょうか。

笑顔が多くなる


恋愛中は気持ちが明るく前向きになるので、恋人と一緒に居ると自然と笑顔になっていることが多いです。あなたと一緒に居るとき、ホストの笑顔が多いのは単純にあなたと過ごす時間が楽しいからだといえます。

仮にあなたが営業彼女だった場合、笑顔を見せることはありますが、どこか不自然だったり、あるいはあまり笑顔を見せてくれません。あくまでも仕事として付き合っているだけですので、本音は「早く帰りたい」などと思っているので、それがつい顔にでてしまうことがあります。

あなたと一緒に居るとき、笑顔が少なかったりつまらなさそうにしているのは、もしかしたらあなたはホストの営業彼女なのかもしれません。

ホストの本命と遊び・営業の見分け方

続いては、ホストの本命と遊び・営業の見分け方についてご紹介していきますが、以下のことに当てはまるからといって絶対にそうであると決めつけることはできません。

あくまでも、“そういう可能性がある”という話ですので、参考程度にしてください。

お店には呼ばない


あなたが本命彼女だった場合、ホストは自分のお店にあなたを呼ぶことを避けます。ホストクラブに呼ぶということは、それなりにお金を使わせてしまうことになるからです。

もし遊びや営業彼女の場合は、そもそも交際する理由が“お店に通わせてお金を使わせること”ですから、かなりの頻度でお店に呼ばれます。結局それはホストにとって“都合のイイ女”にされているに過ぎませんから、それに気づいた時点で関係を割り切るべきです。

お金を使わせない


ホストも一般男性も、本命彼女にお金を使わせることは避けます。コンビニや軽い食事程度であれば彼女におごってもらうこともありますが、基本的には割り勘や彼氏が支払いをするほうがスマートなものです。

また、ホストは本命でも営業彼女でも、同伴やアフター時のデート代は負担してくれることが多いですが、いつも支払いが彼女の場合は遊びだったり営業彼女にされている可能性が高いです。

ホストの中には“女性に貢いでもらってナンボ”という考えの人もいるので、本命彼女であってもおごらされることもありますが……。

家族や友人に紹介してくれる


ホストにもよりますが、自分の家族や友人に彼女として紹介してくれるのは、本命彼女だと考えてもいいでしょう。

家族や親しい友人というのは一生付き合う人たちですので、その人たちを紹介してくれるということは、あなたのことを大事な人として見てくれています。

遊び程度の関係であれば、友人に紹介してくれることはあるかもしれませんが、家族にはあわせたがらないものです。営業彼女であればどちらも紹介してくれないでしょう。

街中でデートをしているとき、偶然ホストの友人や家族と遭遇した際、あなたのことを自分の彼女だと紹介してくれたら本命、紹介することを濁したときは、遊びや営業である可能性が高いです。

休日の日はデートをしてくれる


ホストの仕事は華やかなイメージとは裏腹に、働く時間帯も一般人とは反対の生活ですし、拘束時間も長く、寝る時間も充分に取れないことも。また、休日も少なく、週1回しか休みがないホストがほとんどです。

そんな中でもデートしてくれるなら、本命彼女である可能性が高いです。少ない休みの中、彼女とデートするのは少しでも長く一緒に居たいから。

これが遊びや営業彼女だったら「今度にしよう」で終わりです。もしくは“枕営業”としてホテルで行為に及ぶだけかもしれません。

自宅に招待してくれる


ホストが自宅に招待してくれるのは基本的に本命彼女だけです。遊びや営業彼女に自宅を特定されると後々面倒なことにもなりますので、部屋に遊びに行きたいと言っても「散らかっているから」「寮だから無理」「親がいるから」などの理由で断ってきます。

そもそも真剣に交際している彼女は、彼氏のほうから「俺の部屋に来ない?」と誘われるものです。また、彼女であれば彼氏の自宅に行ってみたいというのは当然であり、その気持ちは男性も理解しています。

しかし、そのお願いを叶えてくれないのは、あなたが遊びや営業彼女である可能性があります。

長電話をしてくれる


女性はお喋りが好きな方が多いですよね。そんな長電話にも付き合ってくれるのは、あなたが本命彼女である可能性が高いです。

ホストは仕事上、たくさんの女性と連絡先を交換し、毎日営業電話をするのが日課です。つまり、大勢の女性と連絡を取らなければいけないので、1人に費やせる時間はそこまで多くありません。そんな中、あなたと他愛のない会話で盛り上がったりするのであれば、それはプライベートの電話でしょう。

これがもし遊びや営業彼女であれば、要件と営業の甘い言葉を告げて終わり。しかし、次から次へと会話が飛び出てくるのは、純粋にあなたとお喋りするのが楽しいからです。

まとめ

やり手のホストの中には本記事で触れたことを匂わせないように振る舞ってくるベテランもいます。そういうホストが彼氏の場合、正直見極めるのは難しいですが、長い目で観察してみましょう。

ホストは仕事上、複数の女性と交流をせざるを得ないので、いくら本命彼女になれたとしても不安に感じることはあるでしょう。しかし、ホストは本命彼女と遊び・営業彼女とは仕事とプライベートで完全に割り切っていますので安心してください。

そんなホストクラブの基礎が身についたら次は自分の目当てのホストクラブをぜひ見つけてみてください!

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark