メンズサパークラブとはどんなところ?システムやホストとの違いも調査【ホストに行けない人にも】

メンズサパークラブって聞いたことありますか?男の人が接客するからホストクラブと同じじゃないの?と思う人や、そもそも存在を知らないという人も多いと思います。

そこで今回は、メンズサパークラブの出来た背景から、システムや内容、またホストクラブとの違いを交えながらメンズサパークラブの魅力を解説していきます。

お金はないけど、イケメンと話したりしたいという人もおすすめです。


メンズサパークラブとはどんなところ?

まずはじめに、メンズサパークラブを知らない人向けに、メンズサパークラブがどのようにして出来たかを解説します。

また、メンズサパークラブではどのような遊びができるのか紹介していきますので、是非チェックしてみて下さい!

メンズクラブ・ボーイズバーと呼ばれることも

メンズサパークラブをメンズクラブボーイズバーと呼ぶ人もいます。サパークラブはボーイズバーと言われるだけに、男性スタッフさんが席の隣で接客するのではなく、カウンター越しにスタッフさんと会話をする場所です。

また、メンズクラブのような要素も含んでいるので、テーブル料金にも延長料金がかかってくるお店も存在します。

そう考えると、ホストクラブみたいにお客さんは女性ばっかりと勘違いするかもしれませんが、メインのお客さんは女性ではなく男性だという特徴があります。疑問が残るかもしれませんが、これについては後ほど解説します。

キャバクラで働く人がアフターで使うために作られた

サパークラブはもともと、キャバクラで働く女性が接客後のアフターとして使うために作られました。

男性としても、アフター誘ったもののどこに行けばいいか分からない、自分1人で女性を楽しませることが出来ないかもという不安を抱えた時に便利で、女性としても危ない場所に連れ込まれるより安心できるというメリットがあります。

サパークラブは今でもその流れを受け継いでいるので、そう考えるとどんなお店なのかを理解しやすいと思います。つまり、男性が女性を楽しませるためのお店というイメージです。

お店の人の細やかな気配りで女性も安心できる

サパークラブも接客業ですので、やはり売りとなるのはお客様に対する気配りです。もちろん、お店やスタッフによってクオリティーは様々ですが、そこが他のお店やスタッフと差をつけるポイントとなるのでしょう。

お店もスッタフさんもお客様に満足してもらうために日々努力をしているそうです。こうした努力があるので、女性客でも安心してお店を利用できます。

お店によっては、ホストクラブのスタッフさんと変わらないくらい細やかな気配りをできるサパークラブのスタッフさんもいたりします。

踊れたりカラオケも完備されている

サパークラブの大きな特徴としてあげられるのが、踊れる場所があったり、カラオケをする場所も用意されているところです。ただ単にお食事をする場所ではありません。

サパークラブは仲のいい友達と遊ぶだけでなく、見知らぬ人とでも楽しく遊べ、さらには出会える場所としても認識されているようです。

キャバクラ嬢同士で仕事終わりに遊びに行ったりする人もなかにはいるようです。どうやらアフターがない時に利用するキャバクラ嬢が多いようです。

ショーが充実しているお店も多い

サパークラブではお店ごとに様々なコンセプトがあり、様々なショーやアミューズメントがあったりします。スタッフさん同士だけでなく、お客様とスタッフさんがコラボして踊りをしたりすることもあります。

他にもバーラウンジを貸し切ることで、結婚式の二次会として利用できるサパークラブも存在したりします。

サパークラブはお客様と一体となってお店を盛り上げるためのシステムが多数用意されていることが分かります。

スタッフさんと仲良くなって、一緒にショーを盛り上げたりするのも面白いかもしれません。

サパークラブの内容・システム

サパークラブでどのような遊びができるのかについては分かったと思います。そこで、具体的にサパークラブはどれくらいの予算があれば遊べるのかというのを紹介していきます。

しかし、ここで話す料金はあくまで目安の料金なので、一度自分でもそのお店の料金のシステムを調べてみることが大事です。


3000〜5000円でリーズナブルに遊べるところも

カラオケだけや、踊り場だけなど、ショーをメインとしていない一般的なサパークラブでは、お値段は3000〜5000円とかなりリーズナブルに遊べるお店も存在します。

これなら、普通に遊びに行くのと対して変わらないので、カラオケやボウリングなどに行く代わりにサパークラブに行って遊ぶという選択肢もできます。

大金が必要なホストクラブと比べるとかなりリーズナブルなので、仕事終わりにふらっと遊びに行ってみるのもいいかもしれません。

ショーがメインのところは7000円〜9000円など高級店もあり

サパークラブと言ってもホストクラブと同じように上から下まで色々なお店があります。ショーがメインの高級店ともなれば、盛り上がれること間違いなしですが、お値段は少し釣り上がり7000〜9000円程度してしまうお店もあります。

高級店はさすがに頻繁には通いづらいかもしれませんので、しっかりと予算と相談してから行くようにしましょう。仕事や、勉強を頑張ったご褒美として、1月に1回程度行くのがよいかもしれません。

男性と女性でチャージ料が異なる

サパークラブでは、女性客を増やすために女性に対する料金というのは比較的安めに設定されています。一方、男性をメイン客としているので、男性のチャージ料は女性より高く設定されています。

これならお金があまりない女性としては、ホストクラブと違いお気に入りのスタッフさんがいるのにお金がなくて通えないという自体にはならないでしょう。

初回は安い金額で遊べるのでお得

サパークラブにもホストクラブのような初回5000円〜というようなシステムが存在します。興味はあるけどどんなお店なのか、どんなスタッフさんがいるのかを下見してみたいという人に最適なシステムです。

中には色々な店でこの初回のシステムを利用して賢く遊んでいる人もいるようです。これなら安い金額で色々なお店やスタッフさんと知り合えるというメリットもありますが、スタッフさんと仲良くなるというのは難しいでしょう。

お気に入りのスタッフさんが見つかるまでならいいかもしれません。

飲食代やTAXもかかるので注意

ほとんどのサパークラブには料理も用意されてはいますが、もちろん食べた分だけ料金がかかります。つまり、チャージ料金+飲食代ということです。ついつい食べすぎてお会計が払えなくなら無いように注意しましょう。

また、お店のホームページには税抜きでの料金を表示しているお店も存在するので、ゆとりを持ったお金を持って行くとよいでしょう。

もちろんクレジットカードを使えるお店、使えないお店もあるので、心配な人は入念に下調べをしてから行ってみることをおすすめします。

頻繁に通ったり、つながりがある場合は「しきり」になれることも

頻繁に同じお店に通い、お店のスタッフさんと仲良くなるといわゆる「しきり」になれたりします。

「しきり」とは簡単に言うと、お店のスタッフさんが融通をきかせて、お店での料金を安くしてもらうようなものです。これは、単なる個人同士でのやり取りではなく、お店で認められたシステムです。

お店側としては、頻繁に通ってくれてることに対するお礼もありますが、男友達、会社の男同僚などを連れてきてもらいお客さんの数を増やしたいという考えがあるようです。

ホストクラブとサパークラブの違い

サパークラブの内容やシステムについては分かって頂けたかと思いますが、ホストクラブと対して変わらないじゃんって思う人もいるかもしれませんね。

確かに、イメージ的にはホストクラブの安い版?と勘違いする人も多いです。そこで、サパークラブとホストクラブの大きな違いを解説していきます。

サパークラブには男性客もいる

先ほどの「しきり」でもお話しした通り、サパークラブには男性客もいます。もちろんホストクラブにも男性客というのは多少はいるかもしれませんが、お客さんのほとんどが女性というのはみなさんが知っての通りです。

しかしサパークラブでは、男性客と女性客が半々くらいの割合でいるようです。ホストクラブと比べて、決して女性客だけが遊ぶ場所でないという違いがあります。つまり、サパークラブは男女ミックスの遊び場ということです。

ショーやエンターテイメントとしての要素が強い

ホストクラブというと、基本的にはお気に入りのホストとお酒を飲みながら会話をするという、ある種シンプルなシステムです。

しかし、サパークラブでは先ほどのシステム・内容でもお話しした通り、カラオケや踊り場、ショーなどが用意されています。お店によってはDJがミュージックを奏でるお店も存在したり、スポーツ観戦をし、みんなで盛り上がりながらお食事をしたりできる場所もあります。

つまり、サパークラブではお客様を盛り上げるためのアミューズメントが多数用意されているという点でホストクラブとの違いがあります。

まとめ

いかがでしたか?ホストクラブとは一味違うサパークラブの魅力を分かっていただけましたか?ホストクラブと比べると比較的安い料金で楽しめることが分かったと思います。

エンターテイメントの要素が多くて、盛り上がれること間違いなしですよ。みんなでわいわい盛り上がりたいときなどに、仲のいい友達を誘って一度足を運んでみてはいかがでしょうか?決して、ハマりすぎてお金を使いすぎないように注意しながら、節度を守って楽しみましょう。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark