【キャバ嬢初心者は要注意!】キャバクラでのNG行為『爆弾』とは?『地雷』との違いも徹底解説!

キャバクラ界には厳しい掟がいくつもあります。中でも最大のタブーと言われるのが『爆弾』と呼ばれる行為。

新人だけでなく経験を積んだキャバ嬢でも、うっかりミスで『爆弾』になってしまうこともあるというのだから気が抜けません!『爆弾』によってお店の中での信頼も失い、結果、働きにくくなってしまいます。

今回は新人キャバ嬢必読、『爆弾』について解説します。

キャバクラでの『爆弾』とは?

『爆弾』とはキャバクラで働く上で禁止されている行為全般を示します。

中でも最大の禁忌は、他のキャバ嬢のお客様に手を出してしまうこと。誰だって自分のお客様を取られたら嫌ですよね。

『爆弾』とは禁止されているルールのひとつ

どの職業にもそれぞれルールがあるように、キャバクラにもキャバクラのルールがあります。そのひとつが『爆弾』をしないということ。禁止されている行為だからこそ『爆弾』と呼ばれているのです。

ホストクラブでは『爆弾』で罰金を科せられますが、キャバクラでは罰金はありません。

しかし、キャバクラで『爆弾』をしてしまうと、同じ店のスタッフやキャバ嬢たちから信頼がなくなり、働きにくくなることも事実。この業界で生き残っていきたいなら、注意しておきたいルールです。

キャバクラでの具体的な『爆弾行為』とは?

様々に禁止事項=『爆弾』がありますが、中でも最大の禁忌は「他のキャバ嬢のお客様を奪う行為」です。

うっかり『爆弾行為』にならないよう、予習して気を引き締めておきたいものですよね!

爆弾行為①他のキャバ嬢指名のお客さんの連絡先交換

他のキャバ嬢のお客様と連絡先を交換するのは、「自分の指名に変えさせようとする行為」とみなされ、『爆弾』と扱われます。

中にはあまりルールを知らないお客様の方から、悪意なく連絡先を聞かれることもあるかもしれません。しかし、名刺を渡すだけでもNGなので、キャバ嬢側がこのルールをしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

爆弾行為②他のキャバ嬢指名のお客さんと出かける

他のキャバ嬢のお客様と同伴の約束をするのもNGです。同伴やアフターをしてしまえば、結果的に心変わりする可能性も大。

誰だって自分のお客様は、自分だけでいてほしいですよね。

爆弾行為③他のキャバ嬢指名のお客さんと枕する

売上や指名が取れず悩んでいるキャバ嬢にとって、魔が差すこともあるかもしれません。しかし枕営業は業界ではタブーと言われる爆弾行為。絶対にやらないようにしましょう。

枕営業をするキャバ嬢というレッテルを張られる上に、「あそこの店は枕営業をしている」と店の評判自体が悪くなり、店やスタッフ全体に迷惑をかけることになります。

業界は横のつながりもあるもの。居づらくなってお店を辞めても、次の場所へと伝わってしまうものなのです。

爆弾行為④ヘルプ席でドリンクをねだる

爆弾行為が最も起こるリスクが高いのは実は「ヘルプ席」。話の流れでうっかり爆弾行為になってしまう可能性が高くなるので要注意!

他のキャバ嬢の指名客の席に、ヘルプで呼ばれ、会話が盛り上がった時が危険です。気が緩んでその場のノリでドリンクをおねだりしてしまうと『爆弾行為』とみなされます。あくまで自分はサポート役ということを忘れてはいけません。お客様から「きみも何か飲んだら?」と勧められた場合はOKです。

また、「きみ、とっても楽しいね~!また話したいし、今度同伴しない?」と軽いノリで誘われて、うっかり了承してしまった場合、これも『爆弾行為』になってしまうのでご注意を。

爆弾行為⑤ヘルプ席で指名のキャバ嬢の悪口を言う

キャバ嬢というより、人として当然ですが、指名のキャバ嬢を貶すのもNG行為。どのキャバ嬢も、自分を良く見せ、長くいい関係を維持するために日々努力しています。

また、指名のキャバ嬢の個人情報を漏らすのもトラブルの原因。本当の誕生日や年齢、家族構成や趣味など、ブランディング上、お客様には隠していることもあります。

キャバ嬢として引き出しをたくさん持ち、自分の魅力と話術で勝負しましょう。

爆弾行為⑥無断で他店に移籍する

会社を無断で辞めるのと同じで、無断で移籍は『爆弾行為』です。

キャバ嬢はお店にとっては1人1人が商品。勝手に商品が欠品しては営業が困難になります。

移籍したい場合はお店とよく話し合って、円満に解決に導きましょう。

『爆弾』するとどうなる?

爆弾をしたら即クビ、罰金というルールがあるわけではありません。

しかし、爆弾をした側の立場はデメリットばかりとなってしまいます。

ボーイさんやキャバ嬢からの信用がなくなる

爆弾行為は、夜の世界の禁忌を犯すということ。キャバクラだけでなく、ホストクラブやスナック、クラブでも禁止とされており、水商売の業界全体のNG行為なのです。

他のキャバ嬢のお客様に手を出す問題のある人は、店のスタッフたちから信頼を失います。

働きにくくなる…

ボーイやキャバ嬢からの信頼を失うと、当然ですがだんだん働きにくくなります。

キャバ嬢同士のあたりがきつくなったり、ボーイからも距離を置かれたり、相手が店の看板キャバ嬢だった場合、スターのお客に手を出したとして近隣のお店にも噂が広まってしまうかもしれません。

まだまだある!『爆弾』以外にもダメな行為!

禁止行為は『爆弾』だけではありません。

夜の世界だからこそ、大事なルールをしっかり覚えておきましょう。

地雷行為

キャバ嬢の仕事はお客さんを楽しませること。

それにもかかわらず、自分の話ばかりして、お客様の話を聞かなかったり、自分だけが酔っ払って楽しんだりしてしまう『地雷行為』はダメな行為の代表例です。

接客はお客様が主役。「二度と指名したくない地雷嬢」なんて言われないよう、空気を読んで、自分は会話を引き出す役として接しましょう。

裏引き行為

お客様から店の外でお金をもらってしまう行為を『裏引き行為』と呼びます。

「わーい、おこづかいありがとう~!」と何も知らずにもらってしまうのは完全にNG行為!キャバクラはお店でお金を使ってもらってなんぼです。

また、相手に下心があった場合、お金をもらってしまうことで何かを要求されたり、思わぬトラブルに繋がることも。店外ではお店は守ってくれないので、リスクは避けましょう。

他店のキャバクラとの掛け持ち

系列店で店の指示が掛け持ちをすることはあっても、そのほかのお店はライバル店。当然ながら掛け持ちはNGです。

掛け持ちが双方のお店にバレてしまった場合、お店を解雇されてしまったり、その地域では働けないように情報が出回ってしまうこともあります。

どのお店も問題ある人物を雇いたくはないですよね。

風紀

キャバ嬢がお店のボーイなどスタッフと恋愛関係になることは『風紀』として厳しく禁じられています。

いわゆる職場恋愛ですが、問題あるお客様から守ったり、水商売の苦労を分かち合う相手として、恋に落ちやすい関係にあるようです。

しかし、お店の大切な商品に手を出したという、お客様を裏切る行為に相当します。なにより、『風紀』は結果的にキャバ嬢がお店を辞めることに繋がりやすいので禁止されています。

まとめ

キャバクラで禁止されている行為『爆弾』は、特に他のキャバ嬢のお客様を奪おうとする行為が最大のタブー。ヘルプで入っているときは、慣れたキャバ嬢でもうっかりやってしまうこともあるので要注意です。

また、新人キャバ嬢が体験入店や入店間もない頃に陥ってしまうことも。

キャバ嬢として成功するには、他のスタッフとの良好な関係も必須です。何が爆弾行為に当たるのか、事前にしっかりと理解しておきましょう。

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-29-8トヨタケビル5F

TRIGGER

TRIGGER

千葉県千葉市中央区栄町22-13 MIYABIビル3F

5
ZERO

ZERO

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル2F

DeZon

DeZon

東京都新宿区歌舞伎町1-9-5三経61ビル3F

TOP DANDY I-OS

TOP DANDY I-OS

東京都新宿区歌舞伎町2-35-5 リゾンビル6F

TOP DANDY vivid

TOP DANDY vivid

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル4F

TOP DANDY -1st-

TOP DANDY -1st-

東京都新宿区歌舞伎町2-28-2 東松ビル5F

FANCY

FANCY

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル8F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索

horeruline