【急成長】ホストクラブ『ニュージェネレーショングループ』のオーナー桑田龍征や評判について徹底調査!

出典:ngg.com

ホストクラブ激選区である歌舞伎町に、7つもの店を展開する大手ホストクラブグループ「ニュージェネレーショングループ」。

今までのホストクラブの概念を覆す独自の発想で日々進化を遂げる様は、まさにホスト新時代の幕開け!

今回は、創業11年目にして大躍進を遂げている「ニュージェネレーショングループ」について徹底調査しました!気になる方は要チェックですよ。

ニュージェネレーショングループの概要

「ニュージェネレーショングループ」は、2008年創業。ホストクラブグループの中では比較的新しい組織です。

ホスト業界史上類を見ないスピードでホストクラブを多数展開する、まさに「ホストグループ界の若き王者」でもあります。

その秘密は、型破りな経営手法と独自の発想にあり!「ニュージェネレーショングループ」とは一体どんな組織なのか、詳しく見ていきましょう。

店舗数・従業員数は?


出典:Instagram

「ニュージェネレーショングループ」は、歌舞伎町にホストクラブを7店舗展開する最大手ホストグループのひとつでもあります。

KING(キング)をはじめKNIGHT(ナイト)、Majesty(マジェスティ)など、ホストクラブ通なら一度は聞いたことのある名店揃い。7店舗に在籍しているホストの総数は126名です。

「冬月グループ」などのモンスター級のホストクラブグループに比べるとまだまだ少ないですが、新しいお店もどんどん展開している、最も歌舞伎町で勢いのあるグループです。

主に展開している地域は?

「ニュージェネレーショングループ」の拠点は歌舞伎町。7店舗すべてが、ホストクラブ激選区である歌舞伎町の一等地に集結しています。

このグループがすごいのは、各店舗の社長の平均年齢が他のグループに比べズバ抜けて若いということ。そのほとんどが驚愕の20代!

この柔軟な発想力と行動力がニュージェネレーション=ホスト新時代といわれる所以だったりします。

引退した『勝利』『絵留』など有名ホストも在籍していた


出典:ngg-r.com

「ニュージェネレーショングループ」にも伝説級のスタープレイヤーが多数在籍しています。

Majesty(マジェスティ)の歴代指名本数保持者である『勝利』や、かつてCruise(クルーズ)でスタープレイヤーだった『絵留』などが有名。

現在は幹部補佐になったり引退したりと次の道を歩んでいる二人ですが、「ニュージェネレーショングループ」の公式ブログでは、当時の2人のインタビュー記事が閲覧できますよ。

ニュージェネレーショングループ/オーナー『桑田龍征』とは?

創業からわずか11年という速さで、歌舞伎町のホスト業界を揺るがすほどの存在となった「ニュージェネレーショングループ」。

最速スピードで成長できたのは、創業者である『桑田龍征』がいたからこそ。若き王者『桑田龍征』とは一体どんな人物なのか。その素顔に迫ってみました。

桑田龍征(くわたりゅうせい)オーナーのプロフィールは?


出典:ngg-r.com

「ニュージェネレーショングループ」の創業者は、桑田龍征(くわたりゅうせい)氏。1986年1月10日生まれの若干33歳です。

見た目はとってもカジュアルな好青年といった感じですが、ホストクラブのほか、バー・学習塾・不動産経営と異業種ともいえる事業を幅広く展開しています。

出身地などは不明ですが「歌舞伎町ホスト界のウォルト・ディズニー」の異名を持ち、歌舞伎町で働くすべてのホストたちに、夢と希望を与え続けています。

オーナー桑田龍征も元ホスト


出典:twitter

実は桑田龍征も元ホストです。彼がホストになったのは2006年です。ホストになった理由は、多額の借金の返済のためだったそう。ちなみにホスト時代の源氏名は流れる星と書いて「流星」でした。

歌舞伎町に足を踏み入れた瞬間から、才能はもう開花し始めたよう。入店して2ヶ月後にはナンバ−8入り。その後は1,000万円をコンスタントに売り上げるカリスマホストに。

それからわずか2年後の2008年に独立し「ニュージェネレーショングループ」を立ち上げたツワモノです。NGGオーナーブログでは、彼がホストになった経緯から頂点に昇りつめるまでが綴られていますよ。

オーナー桑田龍征数々の偉業

異例の速さで現役ホストから経営者へと華麗なる変身を遂げた桑田氏ですが、彼の偉業はそれだけにとどまりません!

彼が「若きホスト界の王者」と言われる理由をくわしく見てみましょう。

1. 日本初!現役大学生ホストクラブオーナー


出典:ngg-r.com

桑田龍征が「ニュージェネレーショングループ」を立ち上げたのは2008年のこと。わずかホストになって2年目という異例の速さです。

しかもこの当時、桑田氏は現役の大学生だったというから驚きです!「日本初の現役大学生オーナー」として、当時メディアに取り上げられていました。

2.日本初!ユーチューバーとコラボ


出典:Instagram

今でこそ、ユーチューブを営業ツールとして積極的に活用するホストクラブは沢山あります。

しかし、ユーチューバーとタッグを組んで営業ツールとして活用し始めたのは、恐らく「ニュージェネレーショングループ」が日本初。最初に人気ユーチューバーとコラボし作ったのは、オリジナルテーマソングPVです。

中でも昨年公開した「ニュージェネ体操」は、キャッチーなサビとダンスが大きな話題を呼んでいます。

3.ホスト業界初!ホテルミラコスタで表彰式


出典:Instagram

「歌舞伎町ホストクラブ界のウォルト・ディズニー」こと桑田龍征氏率いる「ニュージェネレーショングループ」がついに、ディズニーと夢のコラボ!

2019年には、ホスト業界初となるホテルミラコスタでの年間表彰式を決行。そもそも業界ジャンルは違うものの、ディズニーとニュージェネレーションの基本たる経営理念は同じく、夢を売る仕事!

ということで夢のひと時が実現したのでした。

4.ビジネス本まで出版!


出典:ngg-r.com

そしてついには桑田氏初のビジネス本まで出版!タイトルはズバリ「ホスト2.0」です。

桑田氏がどのようにして歌舞伎町一のホストから年商10億円を超える経営者となれたのか。ホストクラブのビジネスマネジメントの極意、さらにはローランドばりの「桑田名言集」が書き綴られています。

すでにAmazonのビジネス経済本ランキングでは堂々1位を獲得するなど出だしは好調。桑田氏のすべてを知りたければ「ホスト2.0」を読むべし。

ニュージェネレーショングループ本店『KING(キング)』とは?

「ニュージェネレーショングループ」の総本山といえば『KING(キング)』。「Sexyな男であれ!」を理念とする、ニュージェネを代表するホストクラブです。

『KING(キング)』とは一体どんなホストクラブなのか、詳しく見ていきましょう。

気になる場所は?内装は?


出典:ngg-r.com

『KING(キング)』がある場所は、歌舞伎町2丁目。向かいには「オスローバッティングセンター」。ホテル街のど真ん中に位置します。

内装は、黒・白・赤を基調としたモダンなスタイル。そこまで大型店ではありませんが、明るめの店内でカジュアルにサクッと遊びに行けそうです。

2年連続グループNO1!開門が在籍


出典:twitter

『KING(キング)』といえば、2年連続グループNO1のイケメンホスト『開門(かいもん)』が在籍する店としても有名。

「心のコンパスを信じて最高のタカラモノを…」がキャッチコピー。現在は幹部としてお店を支えるトッププレイヤー。名実ともに『KING(キング)』の顔、ニュージェネを代表するカリスマホストです。

初回料金は?

ニュージェネの総本山であり、イケメンぞろいの『KING(キング)』。さぞかし初回料金もハイクラスなのでは?と思いがちですがご安心を。

初回料金は、90分飲み放題付きで5,000円と、居酒屋やバーで飲むくらいの金額で、たっぷりホストクラブの雰囲気を楽しむことができます。

営業時間は20〜24時まで。初回の時は身分証明証が必要なので、忘れずに持っていきましょうね。なお、未成年の女性はソフトドリンクのみになります。

ニュージェネレーショングループ全体のランキングは?

型破りな経営手法で躍進し続ける「ニュージェネレーショングループ」。やはり気になるのが、どんなすごいホストがいるかということです。

さっそく全体ランキングで、トップ3を紹介していきます。

3位Majesty『Hikaru』


出典:ngg-r.com

お笑い度5つ星の『Hikaru』は、Majesty(マジェスティ)に在籍するカリスマホスト。1200万円プレイヤーでもあり、Majesty(マジェスティ)のお笑い担当。

甘いマスクとは裏腹に、フランクに話せるイケイケ系という感じなので、ホストとたくさんおしゃべりしたいという人は『Hikaru』に決まり!ですね。

2位GENERAL『五十鈴 武瑠(いすず・たける)』


出典:ngg-r.com

神奈川出身の『五十鈴 武瑠(いすずたける)』は、GENERAL(ジェネラル)きっての敏腕プレイヤー。1500万円プレイヤーでもあり、2016年のグループNO1、指名本数グループ歴代記録を保持する実力派ホストです。

過去に様々な職歴を持つ苦労人でもあります。とにかく男前で誠実なこところがポイント。本気で癒されたいならGENERAL(ジェネラル)へGO!

1位KING『開門(かいもん)』


出典:twitter

2017・2018年のグループ売り上げ2年連続NO1の『開門(かいもん)』は、KING(キング)のまさに王者。

13歳の頃から俳優をしていたというだけに、180cmの長身と男らしい顔立ちが彼の武器。俳優よりもホストの道を選んだ開門(かいもん)。ぜひKING(キング)で、リアル開門(かいもん)を指名しよう!

ニュージェネレーショングループの公式ツイッターで最新情報をゲットしよう!


出典:twitter

「ニュージェネレーショングループ」の最新情報を手に入れたいなら、公式ツイッターがおすすめ。

桑田龍征オーナーがMCを務める「歌舞伎町ホストチャンネル」やグループナンバー情報、各お店の最新情報などが盛りだくさんです。

「ニュージェネレーショングループ」のリアル情報を知りたい方は、フォローして毎日要チェックですよ。

まとめ

「ニュージェネレーショングループ」の三大理念は「真面目にふざける」「一生不満足主議」「何をするかではなく誰とするか」。

これってホストだけではなく、一般企業にもあったらいいポリシーですよね。

歌舞伎町に新しい風を巻き起こす「ニュージェネレーショングループ」から、今後も目が離せませんね。


SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark