【CLUB ANARCHY新章突入!】 「入店ラッシュが止まらない」記念インタビュー──4大移籍者はなぜ移籍を決めたのか?

2021年の夏から秋にかけて、歌舞伎町でますます存在感を大きくしているホストクラブといえば? そう、『CLUB ANARCHY / アナーキー』ですよね。

直近では、入店間もない『たいよぴ』NPが、入店祭1日目でオリシャン完売という偉業を成し遂げたり、『group anarchy』全従業員でマンガ『東京卍リベンジャーズ』のコスプレを披露して、その完成度が話題になったり。

そんなやることなすことどんどん規模が大きくなっていく『ANARCHY』の移籍4大キャストに、今回 horeru はインタビューを敢行しました!

『ANARCHY』入店ラッシュが起きている今、改めて移籍の理由や実際に入って感じたお店の良いところなどは、誰しも聞いておきたいポイントですよね。これからの目標なども聞いて参りましたので、全ホストさんは参考にしてみてください! それでは早速どうぞ。


インタビュー① 『修志 / しゅうじ』

まずは2021年5月入店・『修志』をピックアップします。

優しい笑顔とやわらかい物腰が特徴的で、まるで女性の理想を詰め込んだかのような存在。以前は系列店にて取締役を務めていた『修志』ですが、『ANARCHY』への参戦を決めたのにはやはり理由がありました。

個性だらけの海を漂い愛される「いじられキャラ」

修志
『ANARCHY』は、1億店舗にという目標がしっかりしていて、進むべき道が明確にあるので、「走りやすい」なと思ったんです。なのでやりがいをすぐに見つけられて、ここで働いてみたいと思いました。ネームバリューのある店舗なので、働く前から「どんなお店なんだろう」と期待していました。

──実際に『ANARCHY』に入店されていかがでしたか?

修志
キャスト数が多くて、めちゃめちゃいろんな人がいるんですけど、いい意味でまとまってない。でもまとまってるなと。あえてギュっとまとめようとしていない感じがいいなと思います。

たとえば学校のクラスメイトみたいに、仲良い者同士でカラオケに行ったりボーリングに行ったりはそれぞれでしていても、体育祭のときは一致団結する、みたいな感じ。伝わりますかね?(笑)

──分かりやすいです! ホストさんだとバースデーイベントのときなどが団結のしどきでしょうか。

修志
そうです、まとまるべきときにまとまってて。一つのお店にいろんな個性があるから、面白いなと思います。僕はそのなかでふらーっと、みんなと仲良くできたらいいなと(笑)

──勝手なイメージですが、修志さんはいじられキャラなのかな、と……

修志
そうですねぇ、いじられますよね、結構。うんうん。やっぱりいじられてますよねぇ、完全に。いじりやすいということなんでしょうね。

──親しみやすさがないといじられることも絶対にないと思います。入店4ヶ月にしてそこまで打ち解けられるなんて、修志さんもお店もすごいですね。

修志
そうですね、見出してもらえて助かってますね。優しくしてもらってます。みんな僕の次くらいに優しいんじゃないですかね。

──いちばん優しいのは修志さんなんですね。

修志
うーん、うん、まあ……普通です!(笑)

ストイックに努力を重ねる

──ホストとしての直近の目標はありますか?

修志
まずは自己コントロールをしないとなと思っています。変な時間まで飲んだり、食べたいものを食べちゃったりついついしてしまうので、まずは自分の生活を正したいです。

──おお、ストイック。理想の一日のスケジュールは?

修志
瞑想してジムに行って、ということを日々したいですね。サウナには週6~7で行っています。仕事前は2セットまで入って、頭をゼロにして回転しやすくなるようにしているんです。

3セット入ったり、あと炭水化物を食べると眠くなっちゃうので、それは避けるようにしていたり……ちっちゃいことから、色々やっています。

──美容や思考活動に気を遣ってらっしゃるんですね。

修志
凡人は努力しなければと思うので。

──見習います! 最後に11月の『ANARCHY』周年に向けてひとことお願いします。

修志
今の『ANARCHY』があるのは、『鳳 帝』オーナーや幹部陣の成果、実績だと思っています。そんな皆さんにリスペクトを払いながら、周年を迎えたいなと思います。僕、今のお店をつくった昔からのメンバーを本当に尊敬しているんです。そんな皆さんと、これからの『ANARCHY』を力強く一緒につくっていきたいって思います。

インタビュー② 『美藤美咲 / びとうみさき』super visor

次に登場するのは2021年8月にsuper visorとして入店した『美藤美咲』です。

『美藤美咲』は過去に大手グループにて何店舗ものプロデュースを手掛けてきた経験を持ち、今回敏腕揃いと名高い『ANARCHY』の運営メンバーに加入することとなりました。

シンプルに「イケメンが多いお店」だと思っていた

美咲
『ANARCHY』は、実際に働いている従業員からはもちろん、周りのお店のキャストやお客様からも「勢いがある」という噂をチラホラ聞いていて。そこに興味があって、入店したいなと思いました。

あとオーナーの『鳳 帝』は過去に、僕が代表を務めていたお店でプレーヤーをやっていて。そんな彼が経営側にまわっているということで、そこにもちょっと興味があり、力になれればなという思いもありました。帝のアツい言葉も、入店のきっかけのひとつです。

──帝さんとはかなり昔からご関係があったのですね。

美咲
あはは、そうですね。普段は「みかっちゃん」とかあだ名で呼んでます。

──入店前の『ANARCHY』はどんなイメージでしたか?

美咲
素直にイケメンが多いなと思っていました。前に働いていたお店もイケメン揃いだったんですけど、『ANARCHY』は歴史も短くこれから伸びるお店です。そこにイケメンが多いというところに興味がありました。

「1億店舗をつくりたい」というオーナーの意向に対して、このメンツならいけるでしょうという未来がイメージできました。

──実際に『ANARCHY』に入ってすごい! と思ったこと、やりやすいなと思ったことは?

美咲
客数ですね、すごいところは。やっぱり毎日混んでいます。早い時間から混むお店ってなかなかないんですよ。初回の数も多いですし、チャンスはたくさんあるなというところですね。

それから、以前は代表として色々な仕事を並行しなければいけなかったのですが、『ANARCHY』ではひとつの役割に専念できるので、すごく仕事がしやすい環境です。得意なことをできる環境ですね。働いて2ヶ月ほど経ちますが、今のところなんにもストレスを感じていないです。

それに『朝比奈 凛』代表がすごく良い方で、厳しさも持ち合わせながら本当に優しいんです。そこがこのお店の強みの一つでもあると思います。

一人ひとりと丁寧な対話を

──そんな『ANARCHY』での美咲さんのミッションは?

美咲
僕は運営陣とキャスト達のパイプ的な役割なんです。元々そういう役をずっとやってきたので、そこをしっかり繋げられればなと思っています。トップの話を僕がしっかりと落としていって、考え方が全員一緒になることで、組織がひとつになっていきますから。そういう役割が出来ればと思います。

──美咲さんは従業員さんとのコミュニケーションをすごく大事にしているなあということが、Twitter からも伝わってきました。しかし『ANARCHY』はすごく人数が多いので大変そうですね。

美咲
本当に多いです(笑)。入店して2ヶ月なので、正直まだ全員としっかり会話はできていない。なかなかやっぱり難しいですね。このあたりが僕の今の課題かなと思っています。

──でも美咲さんならすぐに全員のハートをつかんでしまうんでしょうね……! 最後に、11月の『ANARCHY』周年に向けてひとことお願いします。

美咲
周年、楽しみですよね。1年の集大成に僕も混ぜていただけるのは非常にありがたいことだと思っています。これまでいろんなことがあった中で、今のこの勢いがあるという状態は本当に素晴らしいと思っていて、周年は楽しみでしかないですね。沢山のお客様に足を運んでいただけたらと思っています!

インタビュー③ 『タダノナツキ』NP

続いては圧巻の身長183㎝! 2021年8月入店・ワイルドイケメン『タダノナツキ』NPのお話です。

一見寡黙な雰囲気ながら、心の内にはアツい思いを秘め、ホストなのに「夜は病むから苦手」「昼が好き」とハッキリ言い切る『タダノナツキ』。これはタダ者ではないぞ……?

初月勝ったメンバーに2ヶ月目に見返される

──ナツキさんは、美咲さんの移籍が『ANARCHY』入店の大きなきっかけだったとか。入店してみて2ヶ月ほどですが、いかがですか?

ナツキ
従業員もお客様もみんないい人なので、働きやすいなと思っています。一方で、レベルが上がりすぎてちょっとコワイですね。初月は「まあこんなもんか」と思ったんですけど、2ヶ月目は売り上げは上がったのにナンバーには入れなかったという意味の分からないことが起きたので……「なるほど」と。

──入店していきなり切磋琢磨できる環境なんですね。

ナツキ
ああ、そうですね、それが楽しいというのももちろんあります。悔しい方が楽しいです。「まあいいやこんなもんで」という気持ちでやっていても意味がないので。プレーヤーやっている以上は、数字にこだわっていかないといけないですしね。

本当に思ったよりレベルが高いし毎日満卓なので、元々本数を意識しているのですが、同伴を頑張ったりしています。僕、アフターにはあんまり行かないので。アフターに行っちゃうと、僕めちゃくちゃお酒を飲んでしまうので、付き合わせるのが申し訳なくて……

──そんな理由あります?(笑)

ナツキ
アフターだと、本当にみんなつぶしちゃうんです(笑)。だから、同伴をたくさんするようにしています。

──アフターをしないのは思いやりなんですね。

ナツキ
それに僕は動くなら昼間の方が好きなんです。夜は病んじゃう。真昼間から太陽を浴びている中ならいいんですが、夜は暗いのであんまり喋らないようにしています。

だから夜になにか、考えることが必要なことを聞かれても「ちょっと待って、朝考えるから!」って断ってます(笑)。ハッピーなメンタルのときに考えた方がいいですから。というのは過去に売れてるキャストから聞いたのを、自分なりに取り入れて自分なりにやっているだけなんですけどね。

──ナツキさんの美学なんですね。

ナツキ
いえいえ。

プライドは捨てる方が楽しい

ナツキ
でも、それでいうとプライドは持たないようにしていますね。

──プライドを持たない?

ナツキ
ホストを始めてちょっと売上が上がってきたころのお話なのですが、当時のお客様に「プライドを捨てることにプライドを持ちなさい」と言われて。まず恥を捨てて、今までの固定概念をすべて捨てて、やりなさいと言われたんです。

そこからまた一気に伸びることができて以来、その言葉をずっと僕の核においています。その方が楽しいですよ。変なプライドがジャマすると、誰とも仲良くなれないので。

──ホストに限らずいろんなお仕事に通ずる話だと思いました。そして、いい出会いが積み重なって今のナツキさんがいらっしゃるんですね。

ナツキ
いろんな女性の色んな話が聞けて、本当に楽しい仕事だなと思います。ホストさんとも、話していると色んな考えがあるんだなあと思います。

──そんなナツキさんには、『ANARCHY』のこういうところを自分が変えたい、と思うポイントはありますか?

ナツキ
細かい部分だといっぱいあるんですよ、実は。でも僕はまだ色々言える立場じゃないと思っているので、ちゃんと幹部になって力をつけてから、と思っています。

──プレーヤーの立場ながら、そこまで考えてらっしゃるのがもうすごいのですが……

ナツキ
前のお店でも運営を兼任していたので。楽しいからいいんですが、仕事が多いなとは思っていました(笑)。でもそれが今に生きています、失敗もいっぱいやりましたけどね。何回もトライアルを繰り返してきました。

現状維持していても衰退していくだけなので、ひとりひとりレベルアップしていってほしいなと思います。本当に少しでもいいので。それが分かっていれば、必ず従業員満足度も顧客満足度も上がるはずなので。

──是非その漢気でひっぱっていってください。最後に、11月の『ANARCHY』周年に向けてひとことお願いします。

ナツキ
周年、コワすぎる(笑)。めっちゃ混むと思うので、僕も負けないように友人たちを一気に呼ぼうかなと思っています。「すごいお店だから絶対来いよ」って。

インタビュー④ 『たいよぴ』NP

最後に登場いただくのは2021年9月入店ほやほや! 『たいよぴ』NPです。

かっこよさとかわいさの「いいとこどり」のような強い顔面、そしてあふれ出るカリスマ的オーラ。これは女性が放っておかない! 自身の入店祭を控え非常に忙しい合間を縫って、『たいよぴ』はこのインタビューに応じてくれました。

圧倒的魅力だった『ANARCHY』のブランディング力

たいよぴ
前のお店ではストイックに頑張ることや自分自身の価値づくりの大切さを教わりました。とても素晴らしいお店だったんですが……

SNS拡散力ブランディング力だったり、『ANARCHY』が力を入れている部分が僕の弱いポイントで、今回そこを学びたくて移籍したということが大きいです。

それに運営陣の仕事意識が他のグループの2倍くらい違うなと思っていて、それで信頼できると思い移籍しました。

──入店してひと月経って、『ANARCHY』の印象はいかがですか。

たいよぴ
修志も言っていたんですが、いい意味で無秩序です(笑)。ただ色んな意見があると思うんですが、僕が見るに「ちょっとまとまりがないかな」と思う部分がやっぱりあって。

いろんな個性があるなかで、それがしっかりまとまれればもっと良い集団になると思うので、ゆくゆくはまとめていける存在になれたらいいなと思っています。まだ移籍したてですが。

ノンアル営業も「楽しんでいただく」ことが鉄則

──今後が楽しみですね。たいよぴさんの直近の目標はなんでしょうか?

たいよぴ
月間売上1,000万・指名100本は継続したいというのが本心です。ですがお店を変わるとやっぱり大変で、前のお店の方が売上も良かったです。でもこの環境に来て、これが今の自分の限界なんだなと感じました。それをこのお店で皆と一緒に改善できれば、かなわない夢ではないのかなと思います。

──きちんと自己反省をして次につなげるという、強い意思を感じました。ちなみにたいよぴさんは物静かなタイプなのかなと感じたのですが、合っていますでしょうか?

たいよぴ
いえいえそんなことはないです。お客様のお好みに合わせて、どちらでも! でも営業中はアルコールをほとんど飲まなくなりました。

──ノンアル営業でしたか! 不躾な質問ですが、そんななかで1,000万・100本って達成できるものなのでしょうか?

たいよぴ
僕が尊敬している『FUYUTSUKI -PARTY- / フユツキ パーティー』の『ななせ。』さんというホストさんがノンアルで2,000万を売っていた方なので、それを目指しています。ご本人からは「頑なに飲まない意志が大事」と教えてもらいました(笑)

──師匠がいらっしゃるのですね(笑)。ノンアル営業の極意などありますか?

たいよぴ
極意というわけではないですが、仕事のスイッチを入れれば、飲む・飲まないにかかわらずお客様を楽しませることは可能だと思います。

──さらっと言ってのけるあたり、やはりイケメンですね。

たいよぴ
いえ、これも『ななせ。』さんが言っていました(笑)。

──なるほど!(笑) 最後に11月の『ANARCHY』周年に向けてひとことお願いします。

たいよぴ
帝さんが『ANARCHY』に携わって5周年ということですが。人間、頑張ることを何年も継続するのってすごく大変なことだと思うんです。それをやってきた鳳帝さんを、本気でこの店で一番お祝いできたらなと思っています。新参者ですけど。


さらなる新メンバーも続々入店中!

ここまで、注目の移籍キャスト達の生の声をお届けして参りました。しかし!! 2021年10月現在、『ANARCHY』にはさらにフレッシュな面々が次から次へと入店しています。

なかでも『ANARCHY』イチ押しの移籍キャストはこちらの5名です!

『hide / ひで』

『やまだ まや』

『姫乃 琥珀 / ひめの こはく』NP

『暁月 零音 / あかつき あまね』

『ニコラス☆ケイジ 』

また、本当に今が指名しどき! な未経験スタートのキャストの中でも、最も注目なのはこちらの二人です。

『宙翔 / ひろと』

『都 葉月 / みやこ はづき』

いずれも将来『ANARCHY』ナンバー上位常連 が期待されるホストの原石たち……いいえ、すでに宝石たち、ですね。これを機に直接お店へ行って、彼らとお話してみてください!

まとめ

今歌舞伎町で勢いがスゴいホストクラブ『ANARCHY』の、新入店者特集をお送りしました。イケメン揃いで息が止まるかと思いましたね。

インタビューでは移籍の理由は様々に語られましたが、1億店舗にかける思いはひとつでした。いろいろな個性がこれからもぶつかり合って溶け合って、『ANARCHY』の新たなカラーを生み出してゆくのでしょう。今後がますます楽しみですね。

また2021年11月には、『ANARCHY』の5周年を祝うイベントが行われる予定です。実はこれまでお店に行ったことがないという方には、イベントでの来店はハードルが低くておススメ。イケメンに会うためならなんだって良い口実なのです。是非お祝いに駆け付けちゃいましょう!

画像提供:ANARCHY

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-45-8 アビテビル5F

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-45-8 アビテビル5F

ALIVE

ALIVE

東京都新宿区歌舞伎町2-45-8 アビテビル4F

TRIGGER

TRIGGER

千葉県千葉市中央区栄町22-13 MIYABIビル3F

5
DeZon

DeZon

東京都新宿区歌舞伎町1-9-5三経61ビル3F

TOP DANDY I-OS

TOP DANDY I-OS

東京都新宿区歌舞伎町2-35-5 リゾンビル6F

TOP DANDY vivid

TOP DANDY vivid

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル4F

TOP DANDY -1st-

TOP DANDY -1st-

東京都新宿区歌舞伎町2-28-2 東松ビル5F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索