勘違いしてしまうくらいホストからの連絡がマメな3つの理由【私に気があるの?】

ホストクラブへ行くと高確率でホストと連絡先を交換することになります。水商売では新規の客と連絡先を交換し、「営業電話」や「営業メール」をすることが基本です。ホストクラブへ行った先に連絡先を交換しても「どうせ営業電話とかLINEのためでしょ」なんて思うかもしれません。

しかし、ホストからの連絡は「もしかして私のことが好きなの?」と勘違いしてしまうくらいマメです。勘違いしてしまったが最後、どっぷりホストクラブにはまってしまうこともあるので、どうしてホストは連絡をマメにしてくるのかについてを解説していきます。

初回で行っただけなのに、ホストから積極的な連絡が毎日


初回ではじめてホストクラブに行っただけなのに、その日以降、ホストから積極的に毎日連絡がかかってくる……。「これはもしかして私のことが好きなのかな?」なんて、勘違いしてしまうことがあります。

しかし、この積極的な連絡はホストの営業のひとつであり、あなたのことが好きだからではありません。連絡にいちいち対応するのが面倒であれば、無視しても大丈夫です。

どうしてホストがマメに連絡してくるのか。その理由が知りたいという女性は、さらに本記事を読み進めてください。

ホストの女性への連絡がマメな理由

ホストが女性客に対し、マメな連絡をする理由は以下の3つ。

1.なんとか自分の指名やリピートにしたい

2.ホストのプライベートを独占している気分にさせる

3.女性が本能的に「マメな男性」に惹かれる心理を引き出している

ここからは、より具体的に解説していきます。

1.なんとか自分の指名やリピートにしたい


ホストが頻繁に連絡をしてくる理由には、自分への指名やお店へのリピートを増やしたいという狙いがあります。とくに新人やまだ駆け出しのホストにとって、自分を指名してくれる女性客はとても貴重な存在です。

したがって、新人や駆け出しホストは新規の女性客や自分を指名してくれた人とは積極的に連絡先を交換したがり、交換後は女性客からの電話やLINEには迅速に対応し、繋がり続けようとします。

自分からの連絡に対しすぐに対応してくれるのは客側も嬉しく感じますし、「また遊びに行ってもいいかな」という気にさせてくれます。

2.ホストのプライベートを独占している気分にさせる


ホストがマメな連絡をしてくる理由のひとつに、ホストのプライベートを独占している気分にさせるため、という狙いもあります。

たとえば休憩中やオフの日など、仕事以外の時に電話やLINEをしてくれると、連絡をされる側としては自分がとても大事にされている気になります。また、お店に行かなくとも2人の時間を共有している感じによって、そのホストを独占しているような気分に陥ってしまうのです。

3.女性が本能的に「マメな男性」に惹かれる心理を引き出している


「マメな男性はモテる」とよく言われるように、女性はマメな男性に弱い傾向があります。たとえば、毎日電話やLINEで「元気?」「今なにしてる?」など、他愛もないことでも頻繁に連絡をくれると、自分のことを気にかけてくれている気がして嬉しく感じるものです。

お店に行った時にいつもより元気がなかった場合、帰ったあとに「どうしたの?今日は元気なさそうだったけど。俺でよかったらなんでも相談してね」なんてLINEが来たら、思わずキュンときますよね。

ホストはこういうさり気ない気配りをすることも上手なので、そういう優しさについつい惹かれてしまう女性は多いようです。

4.ホスト自身のお給料を上げるため


ホストがマメな連絡をしてくるのは、ホスト自身のお給料を上げるためでもあります。

ホストのお給料は大半が「歩合制(バック)」、つまり「成果報酬型」です。客を呼びこんだり、ボトルを入れてもらうことで、売上の一部が自分にバックされる仕組みになっています。

万が一、客を呼び込むことや指名を取ることができなければ、成果としてのお給料はゼロ。指名もリピートも取れないホストはこの業界ではやっていくことが難しいと言われています。別段、指名やリピートを取れなくてもクビになったりすることはありませんが、お店にとってお荷物的な存在になりますので、次第に居づらくなり自分から辞めて行くホストが多いです。

連絡の頻度をコントロールして「駆け引き」をするホストも

ホストは女性客によって営業スタイルを変えていくのが基本です。そのため、連絡の頻度を女性客によって調整し、心理戦のような駆け引きをするホストもいます。

女性からしたら、急に連絡が少なくなったら気になるはず

親しかったホストから急に連絡が少なくなると、「どうしたんだろう?」「私のこと嫌いになったのかな?」などど、気になってしまうことがあります。すると女性客のほうから「なにしてる?」「元気?」などと送りたくなってしまうものです。

先輩ホストから後輩ホストへと受け継がれるテクニック


これは恋愛でもよく使われるテクニックのひとつで、積極的にアプローチしてきていた相手が急にアプローチしてこなくなると、たとえ興味のない相手だったとしても意識してしまうのです。

恋愛は押して引いての駆け引きが大事とされていますが、ホストの世界でも客を獲得するために、こうした恋愛心理テクニックが使われています。

この心理テクニックはホストの世界ではわりと定番であり、新人ホストは先輩ホストからこうした心理テクニックを教わったりもしているようです。

信頼関係が強い「太客」を優先している場合も


ホストからの連絡が少なくなった裏には、もしかしたら信頼関係が強い「太客」を優先している可能性があります。

「太客」というのは、週に何度もお店に通ってくれ、毎回たくさんのお金を使ってくれる客です。当然、こういう客はホストの売上に大きく貢献するため、とても大事に扱われます。逆に、あまりお店に通ってくれない、来たとしてもそこまで売上につながらない客は「細客」と呼ばれています。

ホストの連絡は、メールやLINEより「電話」が多い

ホストの連絡手段は、メールやLINEより「電話」のほうが多くなっています。その理由は以下の3つ。

1.直接電話が来ることで、「特別感」を感じる

2.急にホストから誘いが来ると、反射的に断れない

3.電話で声を聞いてしまうと、会いたくなる衝動に駆られる

それぞれを順番に見ていきましょう。

直接電話が来ることで、「特別感」を感じる


文章で「会いたい」と送るのは簡単ですが、それだけだと営業メールな感じがバリバリしますし、どこか嘘くさく感じてしまいます。しかし、電話を通じて「今度いつ会える?」「最近お店に来ないね?忙しいの?」「いつでも待ってるから、今度暇なときにウチに遊びにおいでよ」と言われるほうが、たとえ営業電話だとしても嬉しく感じるものです。

ホストはそういうサービス業だということを承知していても、やはり直接電話を通じて生の会話をするほうが女性は相手に「特別感」を抱きやすく、「また行こうかな」という気持ちにさせられます。

急にホストから誘いが来ると、反射的に断れない

少し強引なテクニックでもありますが、人は文章(メール・LINE)での誘いと、電話での誘いだと、電話の誘いのほうが断りにくい傾向があります。電話もLINEも1対1のコミュニケーションには変わりないですが、メールやLINEの場合と比べて、ゆっくり考える時間がないからです。

しかし、電話となると受話器の向こうには相手がいますので、「すぐに決断してあげないと」という心理になりやすいです。さらに、その場で断ってしまうことで、相手(ホスト)に対して「申し訳ない」という罪悪感を感じやすく、反射的に断りにくい状況になっています。

行く気がない場合ははっきり断る


曖昧な返事をしてしまうと、ホストはグイグイ攻めてきますので、気がついらたら今度お店に行く約束をしてしまったなんてこともあるので、行く気がない時ははっきりと断っておきましょう。

電話で声を聞いてしまうと、会いたくなる衝動に駆られる


本人はしばらくホストクラブに行くつもりがなくても、お気に入りのホストがいる場合、そのホストから電話が掛かってくると「会いたい」という気持ちが沸き起こります。

メールやLINEでも同じことが言えますが、やはり生の声のほうが破壊力バツグンですので、ホストの甘い声を聞いてしまうと、無理してでもホストクラブに行ってしまう女性は多いようです。

まあその場合については、本人に「会いたい」という気持ちがあるのでとくに問題ないかもしれませんね。

もう行く気がなかったり、あまり合わないホストだった場合には

もうホストクラブに行くつもりがない、そもそも連絡してくるホストが自分に合わないホストだと感じた時にはどうすればいいのか。そういう場合には、以下のことを参考にしてみてください。

自然に連絡の頻度を少なくしたり、フェードアウトしてみる


ホストとの連絡を辞めたい、もうホストクラブに行きたくないといった時は、あなたからの連絡をまずは控えてみましょう。ホストから着信やLINEが来ていても、すぐに連絡するのではなく、数日あけて返事を返したり、あるいはスルーしてみてください。

そっけない態度を取ることで、次第にホストからフェードアウトすることができます。言葉できっぱりと「もうホストクラブ行きたくない」と言えない人は、この方法でホストのほうから身を引いてもらいましょう。

ホストも人間、余程のことがない限り察してくれます


ホストもあなたと同じ人間です。急に連絡が取れなくなったり、お店に顔を出さなくなったらたいていは察してくれるものです。それに、客はあなた以外にもたくさんいますので、一人の客に執着していてもなんのメリットもありません。ある程度連絡に空白の期間ができた時に、ふと連絡が来ることもありますが、それも無視しておけばもう連絡が来ることはないでしょう。

しばらく経って、「やっぱりもう一度あのホストクラブに行きたい」「あのホストに会いたい!」と思った時は、気軽に連絡してみてください。きっとホストも喜んでくれるはずです。

まとめ

ホストからの連絡がマメな理由は、お店の常連になってもらうためや、ホスト自身の売上を伸ばすためです。客との連絡は水商売では定番の営業テクニックとして有名で「私は騙されない!」と思っていても、いざ自分がホストと連絡を取るようになると、つい「私に気があるのでは」と勘違いしてしまうことがあります。

ホストから連絡がマメに来る理由を知っておけば、割り切って楽しく遊べることは間違いないので、どんなに甘い言葉をささやかれてもその気になってはいけませんよ!

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-29-8トヨタケビル5F

TRIGGER

TRIGGER

千葉県千葉市中央区栄町22-13 MIYABIビル3F

5
ZERO

ZERO

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル2F

DeZon

DeZon

東京都新宿区歌舞伎町1-9-5三経61ビル3F

TOP DANDY I-OS

TOP DANDY I-OS

東京都新宿区歌舞伎町2-35-5 リゾンビル6F

TOP DANDY vivid

TOP DANDY vivid

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル4F

TOP DANDY -1st-

TOP DANDY -1st-

東京都新宿区歌舞伎町2-28-2 東松ビル5F

FANCY

FANCY

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル8F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索

horeruline