ホスト用語「ヘルプ」とは?ヘルプの意味や仕事を解説【ヘルプの扱い方って?】

ホストクラブには「ヘルプ」と呼ばれるホストが存在します。担当ホストのサポートやお客様のお世話など、多岐に渡って活躍するヘルプはホストクラブに欠かせない存在。

しかし中には、ヘルプで着いてくれたけど「どういう風に接するのかわからない!」という女性の声をよく耳にします。

そこで今回は、ホストクラブでお馴染みのヘルプについて詳しく解説! さらにヘルプの扱い方や、万が一言い寄られてきたときの対応についてもご紹介していきます。

ホスト用語「ヘルプ」とは?


ホスト用語の「ヘルプ」とは、指名ではない状態のホストの仕事です。ホストに成り立ての頃は指名がないので、他の指名されたホストと一緒に女性客の隣に着くことになります。

また、ヘルプを担当するホストはお店の雑用・雑務などもこなしており、裏方でお酒の準備や空いたグラスなどの洗い物も担当しています。

ホストクラブでは、一人の女性客に対し1対1で接客をするのではなく、担当ホストとヘルプの数人で接客するのが基本形です。

ヘルプのホストがすることは?

ヘルプのホストの役割にはいろいろあります。ここでは、ヘルプのホストの役割について見ていきましょう。

担当ホストが他の客のところに行っているときに接客する


ヘルプのもっとも基本となる役割が、「担当ホストが他の客のところに行っているときに接客する」ことです。

お客様は基本的に担当ホスト、つまりお気に入りのホストに会いに来ているわけですが、ほかの女性客から指名があれば一時的に席を離れなければいけません。

そうなってしまうと、せっかく楽しみに来てくれた女性客を退屈にさせてしまいます。そこで席を離れた担当ホストに変わり、女性客に接客をしてくれるのがヘルプです。

担当ホストが接客に集中できるようテーブル周りのサポート

ホストの仕事でもっとも大切なのは、お客様にお酒をたくさん注文してもらうことです。

でも、担当ホストが全てのお酒を飲んだり作ったりするのは大変なこと。それに加えて楽しい会話やテーブルの整理までするとなったらとても一人ではできません。

そこで活躍するのがヘルプのホスト達というわけです。

担当ホストが飲みきれないお酒を一緒に飲む


お客様にお酒を注文してもらうためにはまずテーブルの上のお酒が空になっていなければいけません。

担当ホストが一人で一気に飲むこともできますが、それだと負担が大きいため、ヘルプとして呼ばれたホストが女性客が注文したお酒やドリンクを飲むのを手伝うわけです。

そうすることで担当ホストはお客様との会話にも集中することができ、楽しいひとときを過ごしやすくなります。

お酒を作るのもヘルプの役割


お酒を作ったり用意するのもヘルプの基本的な役割です。担当ホストがいちいちお酒を準備していては、お客様との時間に無駄が発生します。

担当ホストとお客様はヘルプが作ったお酒を飲みながら会話に集中することができるので、余計なことを意識せずホストとの時間を楽しむことができます。

そのため、ヘルプのホストは場の状況を見ながらお酒を用意したり作ったりと気を抜く暇がありません。

お酒は常に切らさないように準備する


ホストクラブにおける「出来るヘルプ」は、お客様のグラスやテーブルのお酒を切らさないように常に気を配らせています。

担当ホストと一緒に女性客と盛り上がっているだけでは、お酒の状況に気がつけません。グラスのお酒がなくなる前に「次のお酒をお作りしますね」や、トークをさえぎらないように黙ってお酒を作ってくれるのが「出来るヘルプ」です。

飲んでも飲んでも一向にグラスのお酒がなくならないのは、ヘルプの活躍があるからです。

灰皿交換やタバコに火をつける


タバコを吸う女性客の灰皿を交換したり、タバコに火をつけてあげるのもヘルプの役割。

タバコの火に関しては担当ホストがつけてくることも多いようなので、ふとした時に空気を読んで対応できるかもヘルプの腕の見せ所です。

テーブルの整理整頓


席に着いてしばらく経つと、空いた食器や灰皿などでテーブルが散らかってきます。そういうとき、いち早く気づき整理整頓するのがヘルプの役割。

次から次へとお酒が運ばれてきても、それを片付けなくては散らかり放題です。

ヘルプが常にテーブルの整理整頓に気を配ってくれているお陰で、担当ホストと女性客は快適に過ごすことができます。

担当ホストと客の会話のサポート

ホストは一般人男性と比べるとトーク力に目をみはるものがありますが、それでも状況によって上手く言葉がでてこないときがあります。

そんな時に助け舟を出すのがヘルプのホストです。

沈黙を避けスムーズな会話を


女性客を楽しませる立場のホストにとって、一番やってはいけないのが沈黙です。沈黙になるとどこか気まずい空気にもなりますし、女性客の気分が盛り下がるかもしれません。

その点ヘルプがいれば、複数人になるため沈黙になりにくいですし、起点を利かせ新たな会話を切り出したりして場をつなぐためのサポートをしてくれます。

担当ホストを持ち上げて場を盛り上げる


ヘルプのホストは、お客様を褒めるだけでなく、担当ホストを持ち上げて場を盛り上げることも。

担当ホストをヨイショすることで、担当ホストも会話の幅が広がりますし、女性客も担当ホストがどれだけスゴいのかを再認識することもできます。

ホスト同士のこうした助け合いの結果、楽しい空間になっているんですね。

ヘルプはホストが必ず通る道

ホストの世界は、きらびやかなイメージと裏腹にシビアです。上下関係もそうですし、基本は売上主義ですので、稼げないホストは自然と排除されていく運命です。

今や大人気ホストとなった人も、必ずヘルプの道を通ってきています。ヘルプとして仕事を積み重ねることで徐々にステップアップしていくので、どうか暖かい目でヘルプに着くホストを見守ってあげてください。

「出来る」ヘルプはいずれ人気がでる


ヘルプにも「出来るヘルプ」と、ちょっと気の利かない「出来ないヘルプ」の2種類がいます。

ヘルプの基本的な役割は、担当ホストが席を離れたときの場をつなぐこと、テーブルの状況をいち早く察知し、その場に合わせて柔軟な行動をすること。

ヘルプの仕事は決して簡単な内容ではありません。そんな繊細かつ大変なヘルプの仕事をうまくこなせるホストは、遅かれ早かれ必ず人気がでます。

ヘルプが嫌で辞めてしまうホストも……


ヘルプばかりをしているホストにありがちなのが、「俺はずっとヘルプのままなんだろうか…」とネガティブ思考になることです。そしてヘルプに嫌気がさし、そのまま辞めてしまうホストも多いのだとか。

担当ホストのヘルプとして女性客の席に着くことで、先輩ホストの営業スタイルを勉強できますが、肝心の指名が取れなければずっとヘルプのポジションです。

ホストの世界に入る時には「たくさん稼いでNo.1になりたい!」と考えていても、現実は過酷でつらい仕事内容に加えてヘルプとして席に着く毎日。そのままヘルプとしてホスト人生を終えてしまう人も多いようです。

ヘルプを応援するのもホストクラブの楽しさ


ヘルプは仕事の中で日々勉強をしています。しばらくぶりに会ってみると、以前とは比べ物にならないほど成長したと感じるのは、その勉強のおかげです。

新人ホストや駆け出しホストたちは、ハングリー精神に満ちあふれているので、成長の速度も尋常じゃありません。

そういう新人や駆け出しホストのヘルプとしての成長を見守るのも、ホストクラブの楽しさのひとつかもしれません。

ヘルプはどう扱えばいいの?

担当ホストにしか興味がないと、ヘルプが着いてくれても一体どう扱えばいいのかわからないときがあります。

そういうときの対処法についていくつかご紹介していきますので、参考にしてみてください。

担当ホストと2人きりになりたいときはヘルプを断ることも可能


基本的に、担当ホストとヘルプを含めた数人体制で女性客に接客しますが、どうしても担当ホストを2人きりになりたい! というのであればヘルプを断ることも可能です。

女性の中にはお目当てのホストと2人きりの時間を楽しみたい、という人も多いですから、そこを無理にヘルプを付けるなど野暮なことはしません。

2人きりで楽しみたいときは、担当ホストにそのことを伝えてみましょう。

ヘルプのお酒もお客様が負担するのでお財布と相談


担当ホストのみならず、席に着いたヘルプのお酒もお客様が負担しなければいけません。

ホストクラブ側が担当ホストとは別にヘルプをつける狙いは売上を考慮してのことですが、なにも無理してまでヘルプの分を出す必要はありません。

ましてやホストクラブで遊ぶための料金は決して安い金額ではありませんから、お財布事情によってヘルプを断ってみるのもアリです。

自分のお財布の状況に合わせて、ヘルプをつけるかどうするかも自分で決めてみてください。

ヘルプのホストに言い寄られたときは?

ヘルプのホストの中には、自分の人気を上げるため、売上を伸ばすため、指名を勝ち取るために、あらゆる手段を使うホストがいます。

そんな中、ヘルプのホストから言い寄られてしまうケースがあるようです。そういうときは一体どうすればいいのか? その対処法についてご紹介していきます。

担当がいるお客様にヘルプがアプローチする行為は「爆弾」と呼ばれ禁止されている


担当ホストがいるお客様に、ヘルプがアプローチを仕掛ける行為は「爆弾」と呼ばれ、ホストの世界ではNGとされています。

お店の外で会うのもダメですし、メールやLINEをするのも基本的に禁止です。万が一それが発覚した場合は、店から罰金などの処罰が課せられます。

また、しつこく言い寄られてきたときは担当ホストに伝えてみてください。自分の担当するお客様に手を出されたわけですから放っておくなんてことはまずないはず。

トラブルになるのでしっかりと断る


ホストクラブにはさまざまなホストが在籍していますから、つい目移りしてしまうこともあるかと思います。

ヘルプで着いてくれたホストが気に入ってしまい、ダメだとわかりつつも連絡先の交換を提案してしまう女性もいます。礼儀をわきまえたホストであれば、その誘いを断ると思いますが、場合によっては誘いに乗ってくることもあります。

さきほどもお伝えしたように、担当のいる女性客に手を出すのは禁止行為です。ヘルプの店内での立場は悪くなってしまいますし、担当もお客様に不信感を持ってしまいます。

ヘルプに近付こうとすると余計なトラブルに発展してしまうこともありますので、くれぐれも注意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 「ヘルプ」という用語は度々耳にしたことはあっても、深く知らなかった方は多いはず。

担当ホストと2人きりになりたいときはヘルプを外すこともできますので、一度担当ホストに相談してみてください。

また、ヘルプのホストから言い寄られてしまった時は、トラブルにならないようしっかりと断っておきましょう。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark