ホストクラブの「日の出営業」とは?時間や特徴・雰囲気を徹底解説【夜だけじゃない】

「夜のお店」というイメージが強いホストクラブですが、朝5時頃からお昼の12時くらいまでお店を開ける「日の出営業」があるのはご存知ですか?

夜でも昼でもその営業スタイルは基本的に同じですが、日の出営業ならではの特徴もいくつかあります。

今回の記事では「まだ日の出営業に行ったことがない!」「夜は仕事があるから行けない!」という方向けに日の出営業の時間帯や特徴をご紹介します。

ホストクラブの「日の出営業」とは

ホストクラブというと夜に始まり、深夜に終わるというイメージですが、日の出の時間からお昼までの時間に営業をする「日の出営業」を行うお店はどんどん増えてきています。日の出営業は二部営業とも呼ばれていて、夜の時間帯に来られないお客さんが主に利用しています。

ここからは「日の出営業」のより詳しい時間帯や内容、ホストクラブの営業時間全般について解説していきます。

日の出の時間からお昼まで


日の出営業とは、日の出の時間からお昼までの営業時間のこと。早朝やランチ前の時間も「日の出営業」となり、熟練のホストたちがバリバリ活動しています。

日の出営業を知らなかったという方にとってみれば、「ホスト=夜」のイメージが崩れる大事件。驚いたという方も多いかと思います。

少数ですがホストクラブによってはこの「日の出営業」の時間しか空いていないというところもありますので、この時間帯にホスト街を歩くと新たなお店に出会えるかもしれません。

時間は細かく決まっていないことが多いので要確認


日の出からお昼までと言われる「日の出営業」ですが、お店によってやり方は様々ですし、そもそも開始時間と終了時間を細かく決めていないお店がほとんどです。

気になるお店の日の出営業に行きたい時は、公式HPやブログ、口コミサイトなどで大まかな営業時間をチェックしておくとよいでしょう。

どうしてもスケジュールの都合で細かい営業時間が知りたい!という場合、お店に直接問い合わせるのがベストです。

始発の時間が目安


日の出営業の時間ははっきり決まっていませんが、スタートの時間はおおよそ電車の始発が出る時間と言われています。

電車が無いとお店に行けないという人や、ホストクラブに行った後用事があるという人に合わせ、大体どの店も始発の時間(午後5時ごろ)を目安に開店しているようです。

風営法で0時〜日の出はまでは営業できない


日の出営業の時間については解説しましたが、そもそもなぜ「日の出から」などと言う中途半端な営業時間になっているのでしょうか。

それは、「風営法で0時(場所により1時)以降、日の出までの時間は営業できないから」です。意外に思われるかもしれませんが、ホストクラブをはじめとする社交飲食店は、夜から朝にかけての連続営業は不可。

しかし一部、風営法を守らず営業しているお店もあります。よくあることなので警察も基本的に見逃しているそうですが、トラブルを避けるために違法営業をしているお店には行かない方がよいでしょう。

一部営業・二部営業・三部営業の違い

ホストクラブには一部営業、二部営業、三部営業というものが存在し、上記で紹介した日の出営業は、この中の二部営業にあたります。

お店によってはこの3つの内どれか1つの時間しか営業していないというところもあるのですが、最近のお店は一部営業、二部営業の2つを行っているところがほとんど。

今まであまり意識してこなかったという方も、これを機にホストクラブの営業時間について確認してみましょう。

夕方から深夜の一部営業


多くの人に知られているのがこの一部営業。テレビ番組では必ずと言っていいほど夜のシーンが出されるので、一部営業しか知らないという人も多いのでは。

一部営業の時間もお店によって少し違いますが、多くのお店は大体19時~20時頃に営業をスタートし、0時くらいでクローズするという営業時間を設定しています。

日の出からお昼までの二部営業


日の出営業として解説した二部営。実は一部営業に劣らず多くのお客さんが訪れる時間とも言われています。

とは言えお客さんの中で、一部営業にも二部営業にも頻繁に訪れるという人は稀。たいていどちらかの営業時間にだけ訪れるお客さんがほとんどです。

一部営業と二部営業だとホストの顔ぶれも違いますので、担当ホストがいる場合はどちらかの営業時間にしか行けないということも多々あります。

昼から夕方・夜までの三部営業


非常に珍しいですが、昼12時頃から夕方、夜までの「三部営業」を行っているホストクラブもあります。この時間帯、昼間働いている人はもちろん行けませんし、夜型の生活をしている女性にとって昼は貴重な睡眠時間です。

仕事の時間が不規則という方や、夜の時間帯にホストクラブに行くのは怖いという方が利用している場合もあるそうです。

「日の出営業」の特徴とは?

一般的にはあまり知られていない「日の出営業」。普段一部営業にのみ行っている人だと、あまり想像のつかない光景かもしれません。太陽がさんさんと照っているこの時間ならではの特徴などはあるのでしょうか。

ここからは日の出営業に訪れるお客さん、ホストになどについて、二部営業の時間に行ったことがないという方向けに解説をします。

キャバ嬢や主婦など、一部営業に来れないお客さんが来る


ホストクラブの日の出営業には、キャバ嬢や主婦など、他の時間に来られないお客さんが来ることが多いです。

夜に働くキャバ嬢であれば、一部営業の時間に行くのは厳しいですし、主婦の方も夜に出かけられない場合が多いですよね。

一部営業の時間に来られないお客さんにとって、二部営業は非常にありがたい制度です。夜勤がある人であれば夜勤明けに友達と来ることも出来ますし、終電を気にすることなくホストと遊ぶことも出来ます。

昼職とかけもちできない時間なのでプロのホストが多い


一般的な会社員はたいてい会社に出勤しているこの時間。昼職とかけ持ちできないので、専業でホストをしている人が多いのも特徴です。

ホストの中には、昼は会社や大学に行き夜にだけ働くという、いわゆる「副業ホスト」と呼ばれる生活を送っている人もいます。

そのため、日の出営業の時間にいるのはプロのホストばかり。接客の雰囲気など、一部営業で働くホストとはどこか違うと感じる方もいるでしょう。

夜のプレイヤーと違うホストがいることが多い


一部営業と二部営業、合わせれば10時間超もの時間、毎日働くのはどんなホストにとっても大変です。そのため、大体のお店では一部営業にいるホストと、二部営業にいるホストの顔ぶれは違います。

一部営業の時間にそのお店に行き、「好みの人が見つけられなかった…」という方も、二部営業なら新しい出会いがあるかもしれません。

日の出営業の雰囲気は?

日の出営業といっても、一部営業の時とさほど違いはありません。しかし、「朝からお酒を飲むなんて…」「みんな働きに出ている時間にホストに行って大丈夫?」という不安もあるかと思います。

ここからは、実際日の出営業がどんな雰囲気なのか、詳しく解説していきましょう。

朝でも昼でもムードのある雰囲気は変わらない


一部営業と二部営業、時間帯が違うだけで基本的なシステムは変わりません。朝でも昼でも、ホストクラブの高級でセクシーな雰囲気は同じですので、安心してくださいね。

しかし日の出営業をしているホストクラブは限られており、そこにたくさんのお客様が集中するため、一部営業の時間よりも混雑していることも珍しくありません。

いつもよりゆっくりお喋りできない可能性もありますが、二部営業だとしても開店直後の時間はお客様が少なめ。他のお客さんが気になるようであれば朝五時ごろ、始発の時間を狙ってお店に行く方がよいでしょう。

罪悪感不要!いつもと同じように楽しめる


まだ明るい時間からホストとイチャイチャするなんて…という抵抗感をお持ちの方もいるかもしれません。

しかし、色々な事情により日の出営業の時間にホスト遊びを楽しむ女性は多いので、あなたが罪悪感を感じる必要はありません。

日の出営業だからと言って特別なことはありませんので、いつも通りの振舞いで大丈夫。担当ホストが二部営業の時間にいないというときは別の店に行くというのもアリですので、あまり身構えず、朝のホストクラブを楽しんでくださいね。

日の出営業に関する疑問3つ

いくら夜の営業と変わらないからと言って、同伴や料金などに関する疑問はありますよね。

ここからは「日の出営業に関してよくある疑問」についてお答えします。お店に行く前にチェックしておきましょう。

日の出営業は同伴やアフターもあるの?


日の出営業で働くホストにも、同伴やアフターは存在します。しかし日の出営業の場合、同伴をする時間は夜中。使えるお店はかなり限られてしまいます。

日の出営業後のアフターの場合、たいていのお店はオープンしていますが人目を避けたい事情のある方にとってはお店選びが厳しい時間帯となってしまいます。

同伴やアフターなら多くの場合、ホストクラブ周辺のお店に行くことが多いかと思いますが、事前に二人ともが納得できるお店について相談しておくと良いかもしれません。

お酒はしっかり飲める?


日の出営業でも、お酒は一部営業と同じように飲めます。

もちろん、「昼からお酒を飲むのはちょっと…」という方であればソフトドリンクという選択もアリですし、「お店に来たからには飲む!」という方であればいつものようにお酒を注文できます。

当然、日の出営業で働くホストにもお酒を飲んでもらうことが出来ますので、好きなホストといつも通り楽しい時間を過ごしてくださいね。

日の出営業も初回は安いの?


日の出営業であっても、「初回料金」は健在です。一部と二部で料金設定が異なる店も少しありますが、基本的に初回料金が大きく変わることはありません。

日の出営業であれば夜勤明けに同僚と行くことも出来ます。初回料金は非常に安く設定されているので、まだホストに行ったことが無い友人を誘って二部営業をとことん楽しむのも良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一般には知られていないホストクラブの「日の出営業」。最近は夜に働く女性のため、この日の出営業を行っている店が増えてきました。

「夜遅くまで働いているからホストクラブに行けない…」と諦めていた方も、ぜひ日の出営業をしているお店を探して見てください。

また、「一部営業にしか行ったことがないけど日の出営業が気になる!」という方は少し早起きして、日の出営業にも行ってみてくださいね。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark