ホストクラブの「キャスト」とは?意味と担当の選び方も解説【知ればもっと楽しめる】

ホストクラブには、大人の女性をおもてなしてくれる様々な「キャスト」が揃っています。「最近良い出会いがなくて寂しい…」「もっと気軽に男性と楽しく過ごしたい」こうしたニーズに応えてくれるのもホストクラブです。

ホストクラブと聞くと少し身構えてしまう女性が多いようですが、一度行ってみるとその楽しさに虜になるはず。

今回は、ホストクラブの「キャスト」についての解説と、キャストの選び方、キャストたちの意外な一面についてもご紹介していきます。

ホストクラブの「キャスト」とは?

ホストクラブにはさまざまな専門用語あり、「キャスト」もその中のひとつ。

「キャスト」とは、ホストクラブに在籍するホストを指す言葉で、ほかにも「プレイヤー」という呼び方もありますが、こちらは主にお店側から見たときの呼び名です。

ざっくり言ってしまうと「キャスト=ホスト」で、意味はまったく同じなのでお客様は「ホスト」と呼んでも「キャスト」と呼んでもとくに問題はありません。

一部の地域では通じないことも


ただ、こうした専門用語は地域によっては使われていない場合もあるので注意が必要です。

ほかにも、ホストクラブによく似た「メンキャバ」の従業員を「キャスト」あるいは「ホスト」と呼ぶので、なにがホストでどれがキャストなのか混乱しそうになる人もいると思います。

要は“お店によって呼称が違う”というだけなので、お客様はとくに気にする必要はありません。

その他のスタッフも紹介

ホストクラブには「キャスト」以外にも、呼び方の違う従業員がいます。キャストと役割も違うので、ついでに覚えておきましょう。

中間職的ポジションの幹部


ホストクラブの「幹部」とは、会社でいうところの部長に当てはまるポジションの人です。お店によって呼び方も異なり、「主任」や「支配人」と呼ばれることもあります。

主な役割としては、キャスト同様にお客様への接客、新人キャストの教育、開店前の店内のチェックなど、お店の管理する中間職的なポジションです。

もっとも身近な内勤


ホストクラブの「内勤」とは、来店したお客様の案内やキャストの管理、調理など、いわゆる「ボーイ」のです。内勤をする人にはそのお店の元キャストの人が多かったりもします。

お客様にとって一番相談しやすいポジションなので、なにかあったときには内勤の人へ相談してみましょう。

お店のトップである代表


ホストクラブの「代表」とは、そのお店の最高責任者のことです。ホストクラブを経営する立場の人を代表と呼ぶこともありますし、経営者の代理としてお店の代表を勤めることもあります。

担当キャストの選び方

ここからは、担当キャストの選び方についてご紹介します。このキャストの選び方によってそのお店で楽しめるかどうかも変わってきますので、以下を参考に十分考えて選ぶようにしましょう。

永久指名制度のお店が多いので指名は慎重に


ホストクラブの中には「永久指名制度」といって、一度指名したキャストは原則として指名を替えることができないというシステムになっています。

つまり、一度指名したキャストは次回の来店時に自動的にあなたの席に着くということ。ホストクラブではこれを「担当」という風に呼んでいます。

永久指名制度になっているホストクラブでは、簡単に指名替えをすることができないので、担当を決めるときは慎重に選んでください。

ホストクラブには様々なキャストが在籍しているので十分吟味してから選んでおきましょう。

「楽しませてくれそう」と思える相手を選ぶ


担当キャストを選ぶ基準は人それぞれですが、ひとつの目安としてあなたを「楽しませてくれそう」と感じたキャストを選んでみるといいかもしれません。

人は第一印象からと言いますし、あれこれ悩んでしまうより最初に感じた印象を頼りに選んでみるのもわるくないと思いますよ。

また、選んだキャストがいまいちだった、と感じた場合は、あなたが“男を見る目がなかった”という風に捉えることもできるので、ある意味これも素敵な出会いを見つけるための勉強になるかもしれません。

キャストの顔で選ぶのもおすすめ


ホストクラブの醍醐味っていっぱいありますけど、女性としてはやはり“自分の好みの男性に接客してもらいたい”と思う人が多いものです。

ホストクラブには自分のルックスに自信を持っている男性が多いですから、当然誰の目からみても「イケメン」と呼ぶにふさわしい色男がたくさん在籍しています。

実際のところ、そのキャストの性格や内面といった本質的な部分は長く接してみないことにはわかりません。ですから、あなたの好みで指名するキャストを選んでもいいと思いますよ。

実際に初めてのお店で担当を決める女性には、性格よりも「顔」で選ぶ人が多いと聞きます。

上級者は新人ホストを担当に迎える

ホストクラブ初心者の人には難易度が高いですが、ホスト遊びに慣れている人はベテランや人気があるキャストより「新人ホスト」を選ぶことがあるようです。

新人ホストという未知のポテンシャル秘めているホストを育ててみたい、という楽しみ方ですね。

自分が指名して高価なボトルを次々とそのホスト入れることで、そのホストは人気ホストへと成長していきます。

新人ホストは自分の言いなりにできる


少し邪道とも言える話ですが、新人ホストを担当に迎える理由には、「新人ホストは自分の言いなりにできるから」という狙いで指名するお客様もいます。

ホストクラブの楽しみ方は人それぞれですが、中にはキャストと恋愛を楽しみたい、キャストと“カラダの関係になりたい”という人もいます。

ホストクラブで稼ぐには自分の担当するお客様を増やすしか手立てはなく、その手立てを飲んでお客様とカラダの関係を結んでしまうホストも多いようです。

中にはこういう楽しみ方もありますので、担当キャストを指名する際の参考にしてみてください。

ホストクラブのキャストの意外な一面を紹介

ホストクラブで働くキャストのイメージってどんなのですか? よくあるのが「チャラい」「お金が大好き」「女の敵」など、色々あると思います。

しかし実際のところは、そういったイメージとはかけ離れた一面を持つキャストが多いようです。

ここからはその以外な一面についてご紹介していきます。

上下関係が厳しく意外と真面目?


キャストの世界は上下関係が厳しいことでも有名です。お客様のいない裏では真面目な雰囲気になっているホストクラブもあります。

新人や駆け出しキャストは先輩キャストがお店に入る前に出勤し、お店の掃除、開店の準備をすることは当たり前。

営業後も新人の至らないことがあれば閉店後や開店前のミーティングでダメ出しを指摘されることもありますし、お店で売上を伸ばすためにさまざまな教育をされます。

「厳しい」と感じるか方もいると思いますが、ホストクラブでは上下関係がきっちりしているからこそ、お客様に楽しんでもらえる環境を提供できています。

努力してるからこそのナルシスト?

キャストの多くは、自分に絶対的な自信を持っている人が多いです。その絶対的な自信からまわりからすると少しナルシストに見えてしまうこともありますよね。

しかしそのナルシストの裏には並々ならぬ努力があったりするんです。

超売れっ子キャスト、ROLAND様


<出典:http://roland-official.com/blog/2018_0812/>
例えば、最近Youtubeでも有名な新宿歌舞伎町のキャスト、ROLAND様をご存知でしょうか?

彼は一部の間でナルシストとしても有名で、
「冴えない男と飲むリシャールより俺と飲む雨水」
「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」
などという独特な世界観を持つキャストです。

言う人によっては叩かれそうな言葉ですが、ROLAND様は月間に4,200万円もの売上を上げる超売れっ子。彼がそこまで稼げるようになったのは、実は並々ならぬ努力があったそうなんです。

美容整形を繰り返して人気を掴むキャストも


ROLAND様が一躍有名になったのは、仕事への独特な美学や努力によるところも大きいですが、“1,000万円を掛けて美容整形したことを世間にカミングアウトしたこと”も理由の一つです。

ホストクラブで人気を得るために、稼いだお金で美容整形をするのもひとつの努力ではないでしょうか。

キャストにナルシストが多いのは、自分に自信を持つための努力をしているからこその結果です。

服装は派手なスーツだけじゃない?


キャストの服装って「いつもビシッとキメた派手なスーツ」というイメージがないですか? 実際その通りなんですが、最近のキャストはスーツ以外でも接客を行っているようです。

例えばイマドキの大学生が着ているような定番スキニージーンズや、少しオラついた感じのライダースジャケットなど、街中に居そうなラフな恰好で仕事をしているお店もあるようです。

世間が抱いているようなイメージでホストクラブに行くと、少し驚いてしまうかもしれませんね。

ホストクラブのキャストになる人のきっかけ

ホストクラブで働いているキャストたちは、どうしてホストクラブで働こうと思ったのか少し気になったことはありませんか?

最後は、ホストクラブのキャストになる人のきっかけについてご紹介していきます。

学費や借金などお金が必要


ホストクラブではさまざまなキャストたちが働いています。

その中には、専門学校や大学の学費のために働く人も多いようで、ホストクラブをアルバイトとして働く若者は多いと聞きます。

実際に夜のホストクラブを覗いてみると、昼は学生で夜はキャスト。また、昼はサラリーマンという場合もあるので驚きです。

華やかなホスト界への憧れ


「ホストクラブは人気次第で月に数百万円稼げる」、実際のところ一部のキャストは月に数百万を稼いでいることもザラにあり、ホストクラブの仕事は男性にとって“ロマンを感じさせる”一面もあります。

華やかな舞台で女性をおもてなし、高級シャンパンを片手に女性との甘いひととき……。そんなイメージやロマンに憧れてホストになる人は多いようです。

お酒や飲みの場が大好き


ホストクラブは、お客様たちと一緒にお酒をガンガン飲んで派手に騒ぐ楽しみ方もあります。

もともとそういうお酒や場所が好きな人にとっては、ホストクラブはまさにうってつけの場所で、「楽しみながらお金を稼げる」というメリットがあります。

実際働いてみると、楽しいだけではなかった」という感想を抱く人もいるようですが、働くきっかけとしてはそのようなイメージを持っている人が多いようです。

キャッチに誘われてバイト感覚で始めた


ホストクラブでは、新規のお客様を獲得するためにほとんどのお店では「キャッチ」という呼び込みを起用しています。

キャッチの主な仕事は新規のお客様を獲得することですが、時々キャストとして人気が出そうな男性をスカウトすることもあるようです。

ホストクラブで働くキャストの中には「キャストに声を掛けられて始めた」という人も中にはいるみたいですね。

まとめ

ホストクラブで働くホストのことを「キャスト」と呼ぶ場合があることを、おわかりいただけましたか?

一見ホストとキャストは別物に思えてしまいますが、実際は呼び方の違いだけで中身はまったく同じなので、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

本記事を参考に、ホストの知識について少しでも参考になった部分があれば幸いです。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark