ホストに嫉妬してしまうときの4つの対処法・絶対にやってはいけないこと【もう悩まない】

お気に入りのホストが他のお客様と仲良くしている姿を見て、嫉妬してしまう方も多いのではないでしょうか。

ホストは連日たくさんの女性を接客する仕事です。そうとはわかっていても、ホストに嫉妬してしまうときはどうすればいいのか?

今回はそんな嫉妬の心を対処する方法と、たとえ嫉妬してもやってはいけない行動についてご紹介していきます。

ホストに嫉妬してしまうときの対処法

嫉妬という感情はなかなかコントロールがしにくいものです。しかし自分と向き合わない限り、その嫉妬の心に振り回されてしまいがち。

ホストへ強い嫉妬をしてしまうときは、以下の4つの対処法を試してみてください。

1.嫉妬しないよう都合よく物事をとらえる

ホストに嫉妬してしまう原因として考えられるのは、おそらく好きなホストが自分以外のお客さんと親しくしているからです。

その姿を見ることで「私よりその女性が好きなの? 」「私がいるのをわかっていてそんなに仲良くするの? 」などと考えてしまいがち。

ですがホストとは女性を優しく接客するのもお仕事の一貫ですから、それは仕方のないことです。

ホストへ嫉妬してしまいそうになったら、「彼はお仕事を頑張っているだけ」「本当に大事に思ってくれているのは私だけ」という風に考えるようにしてみましょう。

2.彼の一番になれるように自分を磨く

彼に嫉妬してしまうのは、つまり自分の自信のなさを表している意味でもあります。その嫉妬から抜け出すには、彼の一番になれるように自分を磨いてみるのも効果的です。

これは普通の恋愛でもよくあることですが、女性の中には大好きな彼がどんなにほかの女性と仲良くしようと嫉妬しない人がいます。

そのような女性には、「彼は最終的に私のところへ戻ってくる」「私は彼の一番だってことを知っている」といったように、自分に自信を持っている方が多いです。

自分に自信が付くと嫉妬心は薄れていく


自分に自信が付くと、不思議なことにそれまで恐れていたことや不安だったことがいつの間にか気にならなくなっています。

どんなことで自分に自信が持てるかは人ぞれぞれですが、ルックスを磨いてみたり、内面を美しくする努力をすることで、自然と自信に満ちあふれていくものです。

他人に固執したり嫉妬したりする時間は無駄。そんな感情を抱くくらいなら、自分を磨いて魅力的な女性になることを考えるようにしましょう。

女性は自分に自信が持てるようになると他人からはとても魅力的に見えるので、きっと今までとは違った世界が広がっていくはずです。

3.嫉妬をかわいく伝えてみるのも手


中には嫉妬していることに気づいてほしいという女性もいるはず、そういうときは嫉妬をかわいく伝えてみるのはいかがでしょうか。

例えば、「もう! どうしてあっち(別の卓)ばかり行くのよ! 寂しかった! 」という風に伝えることで、ホストへあなたが嫉妬していることを伝えつつ、かつ女の子らしいかわいらしい一面を見せることができます。

嫉妬していることを隠してしまう女性がいますけど、黙っていると余計にツラくなることもあります。ストレートに嫉妬していることを伝えられないときはかわいく伝えてみるのもアリだと思いますよ。

4.ほかの女性からの電話やLINEは「業務連絡」と割り切る


ホストはあなた以外の女性との交流を持っています。ですからあなたと一緒に居るときでも別の女性から電話やLINEが度々くるはずです。

しかしその電話やLINEにいちいち嫉妬していては、この先も彼と上手くやっていくことはできません。ほかの女性からの連絡は「業務連絡」だと割り切ってみてください。

彼は仕事としてあなた以外の女性客と交流を持つことで、お店に通ってくれるように仕向けたり、自分へたくさんのお金を使ってくれる太客へと育てているだけです。

つまり別の女性からの電話やLINEは所詮仕事としての連絡。そこには恋愛感情などの特別な感情は一切ありません。

嫉妬しても絶対にやってはいけないこと

ホストに嫉妬したとき、感情に任せて酷い態度や彼が傷つくような言葉を言っていませんか? 嫉妬の感情はときに相手を傷つけてしまいやすいので注意が必要です。

嫉妬をしたときは、以下のような態度や行動は避けておきましょう。

お店で迷惑をかけるのはNG

あなたとホストである彼との関係がどうあれ、彼が働くお店の中で迷惑をかけてしまうことは絶対にダメです。

その場は一時的にスッキリするかもしれませんが、一度やってしまったことはもう二度と元には戻せません。

彼との関係に亀裂が入り、もう以前のような関係ではいられなくなることもあります。

ホストに暴言を吐く・汚い言葉を使う


あなたは嫉妬してしまい、つい彼に暴言や汚い言葉を使ってはいないでしょうか。

同じホストを指名するかぶり客のことを「あの女むかつく。あんな女に優しくしないで!」などと言ってしまう人がいますが、それを聞くホストは正直ドン引きしているかもしれません。

男性は女性が暴言を吐いたり、汚い言葉を使うことをとても嫌がります。女性は女性らしく振る舞っておくほうが印象も良いので、あまり彼の前では嫌な姿は見せないでおきましょう。

ヘルプにあたったりお酒を強要する


女性客の中には、嫉妬やイライラを担当ホストではなくヘルプにあたってしまう人がいます。

「担当に感情をぶつけてしまうと嫌われてしまうかもしれない」「こんな恥ずかしい姿を見せたくない」という思いで、ついそばにいるヘルプに当たってしまいがち。

行き場のない怒りや悲しみは、つい近場の人にあたりたくなりますが、だからと言ってヘルプにあたるのはやめておきましょう。

もしかしたらヘルプは、あなたが居ないときに担当にこっそり一部始終を話しているかもしれません。そうなると、彼はあなたにガッカリしているはずです。

ほかのお客様にまで迷惑をかける


彼にだけあたるだけならまだしも、店内にいるほかのお客様に迷惑をかけてしまうのもNGです。

嫉妬から来る怒りやお酒の勢いでほかのお客様に絡みにいったり、聞こえるように暴言を吐いてしまう女性客がたまにいますけど、それは担当しているホストやほかのお客様の迷惑になります。

店内にいるお客様はお金を支払って楽しい時間を過ごしにきている人たちです。

あなたの行動ひとつで、せっかく楽しい気分でいられた人たちに迷惑をかけてしまうこともあるので一度冷静になってください。

ホスト本人を追い詰める行動もNG

嫉妬は時に相手を追い詰めてしまうことがあります。

例えば、「ほかの女との関係を切れないなら自殺する」「あなたの秘密をみんなにバラしてやる」女性は時にこうした行動を取ってしまうことがありますが、こんなことを言われてしまうとホスト本人も精神的に参ってきます。

好きだから嫉妬という感情が沸き起こりますが、その嫉妬が相手を苦しめてしまうこともあるので冷静になるべきです。

提示版などに嘘の情報を書き込む


ネットには、全国各地に点在するホストクラブの情報を交換できる掲示板があります。

掲示板を覗いてみるとわかりますが、そこには特定のホストを非難する悪口や真相の定かではない情報がたくさん飛び交っています。

中には本当のこともたくさんあると思いますが、たいていの悪口は女性の嫉妬であることが多いです。

掲示板は匿名で書き込むことができるので、誰が書き込みをしたのか特定することもできません。

掲示板に書き込んでもなんの解決にもなりませんし、それくらいなら彼と向き合い話し合ってみるべきではないでしょうか。

ストーカー行為をしない


嫉妬の感情が強くなり過ぎると、人は思わぬ行動を取りやすくなります。その典型的な例が「ストーカー」です。

彼が本当のことを言ってくれないから、休みの日にほかの女性と過ごしていないか。それを確かめようとストーカー行為をしてしまう女性がいます。

感情が昂ぶっていると冷静な判断ができなくなるので、ストーカーが犯罪だと知っていても、「自分がしていることはストーカーじゃない」と正当化してしまうことがあります。

理由はどうあれストーカーは犯罪行為ですし、ストーカーされる方はとても迷惑です。

一歩間違えば警察沙汰にもなりますので、絶対にやめておきましょう。

ホストに嫉妬をしても良いことなし!

ホストに好意を抱いてしまうと、どうしても嫉妬の感情が芽生えてきますし、その感情に振り回されてしまうこともしばしば。

しかしホストである彼を好きになってしまったあなたも罪です。ホストは女性に夢を与えるエンターテイナーですから、割り切って付き合うしかありません。

以下を見てもらうとわかりますが、ホストに嫉妬をしても良いことなんてないんですよ。

嫉妬されてばかりだとホストも疲れる


ホストは女性から好意をもらうことには慣れていますし、そういうお仕事ですから、“女性にモテてナンボ”という側面もあります。

しかし女性からの嫉妬には音を上げてしまいそうになるのも本音なようです。女性は一度嫉妬しまうと不機嫌になったり、怒りっぽくなったりと、フォローが大変ですからね。

嫉妬されるほど愛されて嬉しい反面、時々嫉妬してくる女性を切り離したくなることもあるようです。嫉妬し過ぎてしまうホストに嫌われてしまうかもしれないので、そう思われないためにもあまり嫉妬の感情は見せないほうがいいのかもしれません。

仕事を理解してくれていないと思われる


ホストという仕事を理解している女性であれば、大好きな彼がほかの女性と仲良くしようとそれをとやかく言ったりしないものです。

しかしほかの女性と連絡を取ることや優しく接することに不満や嫉妬をぶつけてくる女性はホストという仕事を理解していません。

人間誰しも自分を理解してくれる人には優しくすることができますが、理解してくれない人へは冷たい態度を取ってしまいがち。

彼のことが本気で好きなのであれば、ホストという仕事を理解してあげるのも大事なことではないでしょうか。

ホストとは適度な距離感が大事


ホストの彼を好きになり、嫉妬の感情を抱いてしまうのは正直仕方のないことかもしれません。

しかし嫉妬のせいで行き過ぎた態度や行動を見せてしまうとホストに嫌われてしまう原因になります。

これからも上手く付き合っていくためには彼の仕事を理解してあげ、深入りし過ぎないように適度な距離感を保つべきです。

そうすることで嫉妬の感情にあなたが振り回されることも少なくなるはずですし、もっと割り切って今の関係を楽しむことができるようになります。

まとめ

好きな人がほかの女性と楽しくしている姿を見ると嫉妬してしまいますが、何と言っても相手はホストです。一般男性とは立場が違う存在なので、それは嫉妬するだけ無駄というもの。

嫉妬をしてはいけないというわけではありませんが、お互いが穏やかでいるためにも、できることなら割り切って付き合うことが理想です。

彼のことが好きなのであれば、彼のホストという立場を、今一度考えてみてくださいね。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark