ホストが思う「痛い客」とは?本当にあった怖い話と注意点【嫌われないために】

ホストクラブへ遊びに来るお客様の中には、扱い方や対応に困ってしまう通称「痛い客」という方々がいるようです。

今回は、どういう人がホストに痛い客だと思われてしまうのか特徴について解説。後半では本当にあった痛い客との怖い話をご紹介していきます。

ホストから痛い客と認定されてしまう前に、この記事をチェックして行動を確認しておいてくださいね。

ホストが思う「痛い客」とは?

そもそも、ホストが「痛い客」と思ってしまうお客様とはどのような人なのか?

痛い客と言われる人たちについて調査してみました。

ホストにキスやボディタッチを迫る

ホストが「痛い客」と認定してしまう中には、無理なキスやボディタッチを度々迫ってくるお客様が該当するようです。

お店であまりお金を使わないにも関わらず、必要以上のキスやボディタッチを求められると、正直「勘弁してほしい」とっているのだとか。

相手がどんなに大好きな担当ホストであっても、困らせるのはNGですよ。

ホストなら誰とでもキスしようとする


痛い客の中には、ホストであれば誰とでもキスをしようとする人もいるようです。自分の卓のホストがキスしてくれないからと、隣の卓に座っているホストにキスのおねだり。

そもそも自分の卓以外のホストに手を出すことはタブーです。それをしてしまうとほかのお客様の迷惑にもなりますし、中にはそのせいで気分を悪くして帰ってしまうお客様もいるようです。

単にお酒の勢いでテンションが高いのかもしれませんが、ホストクラブには守らなければいけないマナーというものがあります。どんなに楽しい気分にあっても、お楽しみは自分の卓だけにしておきましょう。

酒癖が悪い・酔いつぶれる


ホストクラブはお酒を楽しむ場所ですから、飲みすぎて酔っ払ってしまうことはよくあること。

しかし人によってはお酒を飲むことで酒癖が悪くなったり、介抱が必要なほど酔いつぶれてしまうこともあります。

お酒の席ですから酔ってしまうことは仕方ないにせよ、来店する度にそんな酷い姿を見せていると、「痛い客」に認定されてしまいます。

ホストクラブの雰囲気につられるといつも以上にお酒が入りがちですが、そこは大人として自分のためにも限界以上に飲まないほうがいいですね。

ホストに一気飲み・ストレートで飲むことを煽る


ホストはお客様のリクエストであれば、お酒を一気飲みするなんてことは珍しくありません。ホストの世界はお酒をたくさん飲むことで売上にもつながりますからね。

「痛い客」の中には、それを知った上でおもしろ半分で一気飲みや、ストレートで飲むことを煽ってくることが多いようです。

しかしお酒を一気するにも限度というのがあります。アルコール度数が高い物を一気で、しかも割らずにストレートで飲むとなるとさすがのホストも潰れてしまいます。

ホストが苦しむ姿を見て楽しむような意地悪な行動はやめて、あくまで楽しくお酒を飲むことが鉄則です。

ヘルプや内勤に冷たい・無視する

ヘルプや内勤に冷たくしたり、時には無視したりするお客様もいるそうです。

ホストクラブでは、担当ホストが一時的に席を離れている間、その場をヘルプあるいは内勤がつなぐことになりますが、お客様にとってお目当てはあくまでも担当ホストなので、ヘルプや内勤が席につくことがおもしろくありません。

ヘルプはお客様の気分を盛り上げようと頑張ってくれますが、当のお客様は黙ったままのこともしばしば。担当ホストは「みんなと仲良くしてほしいな…」と思っているはずですよ。

幹部や役職者だと態度を変える人も「痛い客」


ヘルプや内勤の人へは冷たくしたり無視したりするけど、それが幹部や役職者だと急に猫をかぶったように態度を変えてしまうお客様も「痛い客」と思われるようです。

それを見ているヘルプや内勤のホストからするとかなり印象が悪くなります。しかし本人はそんな空気に一切気が付かないので痛いと思われてしまうようですね。

そういったことにならないように、常に自分を客観視する意識を忘れないようにしましょう。

見栄っ張りでバレバレの嘘をつく


「私は家が金持ちで〜」「この辺のホストクラブにはもう飽きた」「イケメンの彼が〜」挙げたらキリがないですが、お客様の中には見栄っ張りでバレバレな嘘をついてしまう方がいます。

自分を良く見せたかったり、ホストの気を惹きたいがためについつい嘘をつきたくなる気持ちもわかりますが、ホストからは嘘だということが見破られているものです。

後々自分の首を締めないためにも、嘘はつかないのが正解です。

指名がかぶっているお客様に暴言を吐いたり迷惑をかける


実際によくあるとのことで驚きですが、指名かぶりしたほかのお客様に暴言を吐いたり絡んでしまう人がいます。

指名がかぶると担当を独占することができませんし、「彼を取られた」と思ってしまうのでしょう。

店内からは担当とそのお客様の様子が見えたりもするので、仲良くしている姿に余計腹が立ってしまうのかもしれませんが、担当ホストは自分だけのものではありません。

それを理解せず自分の担当を指名してくるお客様へ喧嘩を仕掛けてしまうのは、マナー違反です。

迷惑行為を楽しんでいる


痛い客の中には、そもそも迷惑行為だとわかっていて店内で騒いだり、ほかのお客様へ迷惑をかけようとする人がいます。

こういうことで楽しんでもらうのはホストクラブ側としては迷惑ですし、その人を担当するホストもかなり大変ですが、お店としてはそんな痛い客でもお客様には変わりないので受け入れるしかありません。

そのようにホストに必要以上の気を遣わせる前に、大人としてのマナーを心がけておくのがべきです。

ホストもびっくり!実際にあった痛い客の恐怖エピソード

ここからは、ホストクラブで実際にあった痛い客との恐怖エピソードについてご紹介していきます。

ひどすぎる…名刺を渡した瞬間ビリビリに破り捨てる


「初回で来店したお客の話です。僕が席につき名刺を渡すと、お客はニコニコと笑顔で受け取る。僕は『あ、このお客優しそうでやりやすそうだな』と思った瞬間、僕の目を見つめながらビリビリと名刺を破いていました。

一瞬なにが怒ったのかわかりませんでした(笑)するとお客は『名刺はいいから早くおもしろい話してよ』と一言。初対面で名刺ビリビリって……。そのお客への印象は最悪でしたね。」

名刺をもらった瞬間に破くなんて、普通では考えられませんよね。でも痛い客の中にはこうしてホストをイジメたりからかったりする人が多いのだそうです。

危険すぎ!火のついたタバコを投げ捨てる


「俺が担当してた姫はめちゃくちゃ嫉妬するタイプで、いつも『ほかの女に優しくしないで! 』とか『じゃないと私なにするかわかんないよ』とか言ってくる子でした。

ある日、たまたま俺の担当する子が連続してて、嫉妬する姫はものすごく不満そうな顔してました。『ゴメンね、すぐに帰ってくるから』となだめたんですけど、どうも感情を抑えきれなかったみたい。

手に持っていた“火のついたタバコ”を俺めがけてぶん投げてきたんです!」

女性の嫉妬って時には大胆で行き過ぎた結果を招いてしまうことがありますが、これはいけませんよね。

嫉妬させたい女心!他のお客様の前でキスをする


「色恋関係にある彼女が、やたらとほかのお客様の前でキスを求めてくるんですよね。しかも決まって俺の担当する姫の前で。

こういうの平気でしちゃうホストもいると思うけど、俺はちょっと無理ですね。俺を指名してくれるお客様の前でキスしちゃうと怒らせてしまったり、もう二度と店に来てくれないかもしれないし。

彼女は多分、ほかのお客様へ『彼は私の物』ってアピールしたかったり、嫉妬させたいんだと思いますけど…。ホストとしてそれをやられちゃかなり迷惑ですね。」

これがきっかけでお客様同士のトラブルになることもあるので、挑発的なアピールは避けておくのが無難ですね。

カッターナイフを振り回すメンヘラ女性


「突然デカイ奇声を上げながら、片手にカッターナイフを持った女性が入店してきたことが過去にありました。

その女性はカッターナイフを振り回しながら担当ホストの元に駆け寄り、猛烈にブチ切れ。担当がなだめながら外へ連れ出し大事にはならなかったのでよかったですが、正直かなり怖かったですね。

あとで事情を聞いてみると、なんでも担当ホストのタイムラインにほかの女性客と遊んでいる投稿があったようで、それを見て発狂したみたいなんです。」

これはかなり恐ろしい事件ですね。一歩間違えれば警察沙汰になっていてもおかしくありません。そうならないように、ホストとの関係は割り切っておくべきではないでしょうか。

ホストに痛い客と認定されないようにするための注意点

自分は痛くないと思っていても、それを判断するのはホストです。ホストから痛い客だと思われたくない人は、以下を参考に言葉や態度を注意しておきましょう。

ホストへの思いやりを!最低限のマナーは守る


痛い客のほとんどは、ホストへの嫌がらせや自分本位な行動をしています。

誰でも自分に対して嫌なことをしてくる人間に良い印象を持ちませんよね。自分がされたら嫌なことは他人だって嫌だと感じるに決まっています。

基本的なことですが、ホストへは思いやりを持った接し方を心がけ、大人としての最低限のマナーさえ守っていれば、痛い客だと思われることはありません。

お酒はほどほどに!飲んでも飲まれるな


お酒を飲んでしまうといつもよりも気が強くなってしまいがち。お酒のチカラによって普段は絶対に言わないような言葉や態度を取ってしまい相手を傷つけてしまうと、他人からは酒癖の悪い人に思われてしまいます。

これがホストクラブであれば、痛い客だと思われても仕方のないこと。楽しい雰囲気でついついお酒が入ってしまいますが、飲んでも気をしっかり保ち、お酒に飲まれないように注意すべきです。

まとめ

ホストたちから「痛い客」だと認定されないためには、大人としてのマナーを守ることが大切です。これはホストに限らず普段の生活でも言えることですよね。

ホストと接するときは「自分がされて嫌なことはしない」これに尽きます。もし不満が爆発しそうになっても、そのときは後先のことを考えて気持ちを落ち着かせましょう。

ホストクラブで楽しく過ごすためにも、日頃から態度や行動に気を配っておきましょう。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark