ホストと店外で会う方法は?どこで何をする?お会計は?【憧れの店外デート】

ホストクラブのホストは特別で、手の届かない存在に思えるかもしれません。しかしホストクラブには同伴、アフターなど店外でホストにあえる仕組みもあり、あなたとホストの関係次第ではお店以外でのデートを楽しむこともできます。

この記事では、「ホストとデートする方法を知りたい」「店外デートって何をするの?」などお店の外でホストと遊ぶことに関する疑問にお答えします。

ホストと店外で会う方法は?

憧れのホストに会えるのはお店の中だけではありません。同伴やアフターを利用すれば好きなホストと店外デートをすることも可能。限られた時間の中でしか会えない店内と違い、交渉次第では一日中デートを楽しむこともできます。

ここからは担当ホストと店外で会う方法について、初めての方向けにレクチャーしていきますので、大好きなホストともっと一緒の時間を過ごしたいという方は、ぜひチェックしてください。

同伴・アフターをする

ホストとの店外デートは大きく「同伴」と「アフター」に分かれます。

同伴とは、ホストクラブに行く前、一緒に食事やカラオケを楽しむこと。同伴はホストクラブのシステムとしてお店からも認められていますので、ここで使ったお金がそのまま彼のお店での売り上げにつながります。

一方アフターとは、お店が終わった後にお客さんとホストが二人で遊ぶこと。アフターにはお店が関わっていませんので、アフターへの参加はホストの自由意志となります。

まずは同伴・アフターがおすすめ

ホストクラブによっては、休日1日デートなどのプランを用意している場合もありますが、こちらは初心者にとっては敷居が高いです。まずは、同伴・アフターから始めることをおすすめします。

ホストの方からアフターや同伴に誘ってくれる場合もありますが、人気ホストだとそこまでの心の余裕がないかもしれません。どうしても好きなホストと店外で会いたいという場合、あなたの方から積極的に誘ってみましょう。

同伴は1回2000円程度


同伴はお店のシステムの一部となっているため、同伴デートには「同伴料」という料金が発生します。同伴料はお店によって違いますが大体2000円前後。初めての方でも安心ですね。

同伴で食事などを楽しんだ後は、担当ホストに連れられてホストクラブを楽しみます。同伴の後はお店に行くのが基本となっているので、同伴には「いつもお店で使っているお金+同伴料」が最低限必要です。

アフターは無料なのでホストにとってはサービス


同伴と違い、アフターはお店と関係ないので「アフター料」などという料金は発生しません。多くのホストは快く応じてくれますが、「アフターはしない」と決めているホストもいますので、こちらから誘っても断られるケースもあります。

また、アフターをすることが決まった後もその内容については基本的に自由。ホストとお客さんの話し合いだけで決まるので、行くお店や料金の支払いなどは人それぞれです。

ホストと店外で会うときのお会計は?

同伴とアフター、ホストと店外で会えることが決まっても、「お支払いはどうなるの…?」という不安を抱えている女性は多いはず。

一般的に、店外デートにかかったお金の支払いに関してはあなたとホストが話し合って決めていきます。店外で担当ホストに会う前に、お会計に関するポイントをチェックしておきましょう。

ホストが全て払うことが多い


店外でお客さんと会う場合、ホストが女性の分も全て支払うことが一般的となっているようです。細かい支払いの分担については二人で話し合う必要がありますが、ホストが払おうとしている場合には、素直におごってもらいましょう。

ホストにとっても店外デートは重要な営業の機会。お客さんの分の食事代や遊び代金は簡単に売り上げで賄うことが出来ますので、「基本的に相手女性の分も支払う」ことが習慣となっているホストもいるようです。

女性がお金を持っているときは女性が出すことも


一方、ホストクラブに通う女性がお金に余裕があれば、お客さんのほうから「今日は私が出すよ」と申し出るパターンも多いのだそう。

もしあなたが「せっかく会いに来てくれたからお金を払いたい」と考えているなら、その気持ちをホストに相談してみましょう。ホストの考え方にもよりますが、基本的にはあなたの意見を尊重してくれるでしょう。

ホストと店外で会うときは何をする?

憧れのホストと店の外でデート!と言っても、実際に会って何をすればいいかよく分からないという方も多いでしょう。

初めての方にとっては「自分が何をしたいか」より「ほかのお客さんが何をしているか」の方が気になるはず。ここからはホストと店外で会うときに何をするパターンが多いのか、同伴とアフターに分けて解説していきます。

同伴はご飯を食べることが多い


同伴の場合、ホストにとっては仕事前の時間になりますのであまりハードな遊びはできません。

基本的に同伴に使えるのは「お店が開店するまでの時間」。長くても数時間程度なので、二人でご飯を食べたり、カフェなどくつろげる場所に行っておしゃべりしたりする場合が多いようです。

アフターはカラオケや場合によってはホテルも


アフターは同伴と違い、時間に制限がありません。お店が終わった後であれば翌日まで一緒にいることもできますし、次の日がお休みであればさらに長くデートを楽しむこともできます。

アフターの場合、食事はもちろんカラオケなど「普通の恋人らしい」デートも出来ます。また、お客さんとホストの関係性によってはアフターの時間にホテルに行くこともあります。

ホストと店外で会う=彼女なの?

お客さんにとって、ホストと店外で会うのは特別なこと。しかし、お客さんと店外で会うホストの心理について、お客さん側からはあまり分からない場合が多いです。

ここからは、店外で会ってくれるホストの心理について紹介していきます。

来店しているなら本カノではない

普段ホストクラブで会い、時々店外デートをする状態であれば本命の彼女とは言えません。ホストにとって同伴やアフターは、いいお客さんを捕まえておくための営業行為だからです。

とはいっても、ホストも一人の男性ですので本命の彼女を作っている可能性は十分あります。お客さんとして出会い、そこから本命彼女になった方も多いので、「店外デートが本命への布石」となっている可能性はゼロではありません。

同棲する=家カノ・宿カノの場合もあるので注意


本命彼女と一緒にいたいという理由でホストの方から同棲をも持ちかけるケースもありますが、多くの場合、同棲は単なる営業か、宿の間借り。

家カノ、宿カノはホストとかなり親密な関係にありますが、あくまでホストに寝る場所を与える存在。お店に呼ばれることはほとんどありませんが、彼女として特別扱いを受けることもありません。

休日も会ってくれる場合は脈ありかも


同伴やアフター以外に、休日デートをしてくれるホストもいます。ホストとして働く日々は忙しいにも関わらず、貴重な休みの時間を使ってまで会うお客さんはホストにとって大切な人だと言えます。

休日に会ってくれるだけで本命の彼女とは言えませんが、少なくともホスト側から迷惑がられていないといえるでしょう。

お金をつかわせない・店に呼ばない場合は本カノ!?


本命の彼女に対して、ホストは店に来ることを求めません。あなたに対してお金を使うことを求めず、お店に来るように言われることが無ければ、あなたは本カノとして見られている可能性が高いでしょう。

しかし、お客さんに「私は本カノ」と思わせておいて、しばらく経った頃にお店に来るよう言われるというケースもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。「店外デート=本命彼女」というわけではありませんが、大好きなホストとの店外デートは楽しいもの。まだ店外で遊んだことが無いという方も、ぜひ担当ホストと相談してみてくださいね。

ホストクラブは疑似恋愛を楽しむ場所。「お客さんとホスト」という関係についてしっかり理解し、二人で最高の思い出を作ってみましょう。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark