ホストクラブの店内の雰囲気は?営業時間別・気になるVIPルームとは【ネオホストも】

ホストクラブって行ってみたいけど、初めてだとなかなか勇気が出ない方も多いのではないでしょうか?

実際、お店の中はどんな雰囲気なのでしょう?テレビで見るような薄暗くてギラギラしたゴージャスなお店ばかりなのでしょうか。

そんな気になるホストクラブの店内についてまとめてみました。

ホストクラブの店内はどんな雰囲気?

テレビなどで見たことがあるホストクラブの店内は、薄暗くてギラギラしているイメージです。

ホストクラブといってもいろいろなタイプがあると思うのですが、どんな雰囲気のお店が多いのでしょうか。

豪華絢爛!異空間のワンダーランド


内装はひたすらゴージャス!シャンデリアやあちらこちらで吊るされたクリスタルがキラキラ輝いている、そんなお店は実際多いです。

ほとんどの店ではブルーライトなどの間接照明が効果的に配置されています。影と光で演出した豪華な店内はまるで別世界のようです。

テイストもお店によってひたすらゴージャス、メルヘンチック、近未来的など色々ありますが、共通しているのは非日常です。一時の夢を楽しむため、日常生活とかけ離れた大人の夢空間、それがホストクラブです。

どの時間に行っても店内は薄暗くてきらびやか


ホストクラブと言えば夜のイメージが強いのですが、2部営業と呼ばれる早朝からお昼まで営業しているお店もあります。

夜だろうが、夜明けだろうが、正午近くだろうが薄暗くて、隠微な夜の雰囲気であることは変わりません。

そんなホストクラブはトイレ1つとっても手を抜いていません。入ったら思わず驚いてしまうほどゴージャスできらびやかなトイレがある店舗も珍しくはありませんよ。

王子のようなホストに姫扱いされてドキドキできる


ホストクラブではお客さんは「姫」と呼ばれます。たとえば高いシャンパンボトルを頼んだら、「こちらの素敵な姫様から、シャンパンいただきました」みたいに紹介されます。これは年齢・容姿は一切関係ありません。

姫から見たらホストはもちろん王子。王子と呼ぶのは自分の担当ホストだけです。「王子なにか入れて欲しいボトルある?」のように使ってみてくださいね。

ホストクラブの店内では日常生活とはかけ離れた、姫と王子の世界が繰り広げられます。

ホストクラブのVIPルームはどんな雰囲気?

ホストクラブにはVIPルームが用意されています。普通の客席でもゴージャスですが、VIPルームはさらに豪華です。

例えば通常の席のフリータイムのテーブルチャージが8000円くらいだとすると、VIPルームは2倍から3倍の価格になります。

高級店は、より高級感をアップされるためにもっと高額な料金設定のこともありますし、小規模なホストクラブはVIPルームがない店もあります。

仕切りがあって防音されている


VIPルームはしっかり仕切られていて、個室になっているので防音対策も取られていることが多いです。だから、他の客やホストの目を気にすることなく自分の担当ホストとの会話を楽しむことができる空間となっています。

中には一段高いところに設けて他の席を見下ろしたり、わざと目立つ場所にセッティングされているお店もあります。

置かれているソファやテーブルなどのインテリアも高級感にあふれています。座っただけで万札が飛んでいくVIP席、特別な日に使ってみるのもいいですね。

隔離されているのでイチャイチャできる

VIPルームのメリットは何と言っても他人の目がなく隔離されていること。担当ホストと思う存分イチャイチャすることができます。

人の目が気になって普通の席ではいちゃつけない人もVIPルームなら大丈夫です。

担当ホストを独占できるメリットも


もう一つのメリットとして…

VIPルームを使用していれば、例え被り客が来ても店内でシャンパンコールがあっても担当ホストは席を離れないという方針をとっている店舗もあります。

普段は担当を独占できなくて落ち着かないという場合も、VIPルームを使用すれば堂々と彼を独占することができます。

営業時間別のホストクラブの雰囲気

ホストクラブは夕方から基本的には24時までの1部営業と、日の出からお昼まで営業する2部営業の2種類の営業時間の店舗があります。また、ごく少数ですがお昼から夕方までの3部営業のお店もあります。

実は同じ店舗でも時間帯によって、出勤しているホストや客層に若干の違いがあるんです。

1部営業はザ・ホストクラブ!21時からが盛り上がる

1部営業は19時くらいに開店するお店が多いのですが、開店直後は同伴出勤のホストはまだ来ていなかったり、ランキング上位のホストも出勤前だったりします。

そのため本格的に店内が盛り上がるのは21時くらいからです。

1部営業は新宿歌舞伎町では一番盛り上がる


1部営業は、学生や社会人の副業ホストも多くいて、全体的にホストは若めなことが多いです。

新宿歌舞伎町では1部営業の店に人気ホストが在籍していることも多く、ホストクラブらしさを楽しみたいのなら21時くらいからお店に行くのがおすすめです。

2部営業以降はプロホストが多い

2部営業は早朝から開店します。こんな時間にお客さんは来るの?と不思議に思われる方もいるかもしれませんが、この時間はホストと同様に夜のお仕事をする女性が来ることが多いのだとか。

お仕事終わりの水商売のお客が多いので来店時にはすでに酔っていることも多く、朝からバンバンお酒を飲み、夜と変わらない世界が繰り広げられています。

最近は、主婦や女子大生などの客層も増えてきているそうです。

2部営業は大阪ミナミでは一番盛り上がる


朝から昼というのは学生や普通の会社員が出勤するのは難しい時間帯です。ホストも副業ではないプロが多く在籍していて、年齢層も1部に比べれば少し高めです。

同じホストクラブが多数ある繁華街でも、大阪のミナミは歌舞伎町と違って2部営業メインのホストクラブが多く、2部の方が盛り上がっています。地域や店舗によって違いがいるようなので、色々な店舗に行くのも良いですね。

初心者におすすめ!ホストクラブの雰囲気を気軽に味わう

ちょっと敷居が高く感じられるホストクラブを、初心者でも楽しめる方法があるのはご存知ですか?

初回コースで安く体験してみる

ほとんどのホストクラブでは、初来店のお客さんに、お店の雰囲気とどんなホストがいるのかを知ってもらうための初回コースというものが用意されています。

店によって差がありますが大体2000円から5000円くらいで、1から2時間のテーブルチャージと焼酎のミニボトルとソフトドリンク飲み放題などがついています。

初回コースはTAXが加算されない


ホストクラブでは、実際にかかった飲食代やテーブルチャージ料金に一定割合のTAXが加算されるのですが、初回に限っては本当にこの料金で楽しめてしまいます。

指名するホストを決めたら適用されない、追加のドリンクやホストが飲んだドリンクは別料金など制限はあるのですが、安く雰囲気を味わえいろいろなホストが次々テーブルに来て挨拶してくれます。

とりあえずホストクラブを経験してみたいという方は、ぜひうまく活用してみてください。

ホストクラブを複数回るツアーに参加する

歌舞伎町などでは、ホストクラブ体験ツアーというものがあります。ガイドがついてホストクラブまで案内してくれ、実際に1時間ぐらいずつホストの接客を受けながら複数店舗を回ると言うものです。

大手グループの体験ツアーがおすすめ


グループ展開している大手ホストクラブの主催で、5000円程度の定額でそのグループの店舗を体験できます。迷いやすい繁華街でもガイドが案内してくれるなら安心です。

ホストクラブに行く前にエステやヘアメーク付きのコースが用意されているツアーもあるというので驚きです。

観光パッケージツアーでもホストクラブ体験ができる


そのほか、はとバスツアーなどの観光パッケージツアーにホストクラブが組み込まれているものもあります。

レストランでの食事付きだったり、シャンパンタワー体験ができるツアーもあります。

初体験に一人で行くのが不安だったら、お友達とツアーに申し込んで体験するのも楽しいですね。

YoutubeなどのSNSでチェックしてみる

実際に訪ねて行く勇気がないという方は、YouTubeがおすすめです。お店やホストの紹介動画もありますので、店内の様子やどんなホストがいるのかなどを視聴できます。

シャンパンコールって聞いたことあるけれど、実際どんなノリなの?と気になっている方も動画でチェックしてみてください。

自分でシャンパンを入れるならともかく、実際にお店に行っても経験できるとは限らないのですが、動画ならいつでも見ることができます。

ホストのブログも参考になる


店舗のHPなどから、在籍するホストのブログが見れることも多いです。日々の営業やイベント時の店内の様子を写真付きで紹介していたりして、とても参考になります。

Instagramもホストの間では人気ですので、気になるホストがいたらフォローしてみてくださいね。

今までのホストとは雰囲気が違うネオホストって?

ネオホストという言葉を聞いたことはありますか?テレビ番組で取り上げられたこともあり、少しずつ浸透してきています。

従来のホストのイメージを覆す、ネオホストについてもご紹介しておきます。

ホストの服装もカジュアル

今までのホストとは違う新しいホストであるネオホスト、まず見た目が特徴的です。

従来のホストは非日常的なイメージ


従来のホストはヘアサロンでしっかりと盛ってセットした髪型や、尖った靴とスーツなどの服装が独特で、街を普通に歩いていたらとても目立つイメージがあります。

どこか日常とはかけ離れた独特なオーラを放っていますよね。

ネオホストは普通にいる男の子


ネオホストの服装はカジュアルで、その辺にいるオシャレな男の子と変わりません。

髪型もホスト独特の盛り髪ではなく、ごく普通のさりげないヘアスタイルで、ヘアセットも自分ですることが多いようです。

雰囲気は今流行りのジャニーズ系や、K-POPアイドル風が多く、時代の流れに乗っている感じがしますね。

合コン気分でフレンドリーな雰囲気

ネオホストはお酒を飲まずに接客することも珍しくなく、コーヒーや紅茶にスイーツを食べながら楽しむことができます。

お酒が飲めない女性でも、安心してお店に通えますよ。

ネオホストは友達営業が中心


見た目のさりげなさと同様、その接客スタイルも男友達と話しているようなフレンドリーな友達営業タイプが多くいます。

ガツガツしたイメージがないので、構えずに通うことができます。そのため、お客も学生など若い女性が多く、複数で訪れて合コンのようにワイワイと楽しむ方が多いですよ。

一人のお客さんに高額を求めず、来店数で稼ぐ


お酒をガンガン飲むこともなく、お客にすすめることもしないネオホストは、一人のお客に高額な支払いは期待できません。

そん分フレンドリーな接客で多くの指名客を確保し、来店数で稼ぐタイプが多くなります。

高額なお酒をすすめられないので、従来のホストクラブの雰囲気が苦手な方はネオホストから試してみてはいかがでしょう。

まとめ

ゴージャスで非日常的なホストクラブ、体験してみたくなりましたでしょうか?

あまりにゴージャスなホストクラブでは気後れしてしまうという方にはカジュアルなネオホストもおすすめです。

思いっきりゴージャスな店内で王子様のようなホストとめくるめく夜を過ごすのも良し、ファッショナブルな店内でオシャレな男の子とワイワイ盛り上がるのも良し、あなたの好みに合わせて選んでくださいね。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark