『ホストクラブに初めて行く』『ホストに行った事が無い』そんな方にお店の楽しみ方や料金、実際は怖く無いホストクラブを徹底解説!【初心者必見】

「ホストクラブに行ってみたいけど、ちょっと怖い」「どうやって行ったらいいかわからない」。興味はあるけど一歩踏み出せないという女性は意外に多いですよね。

なんとなくダークなイメージのあるホストクラブ。しかし、初めての方が実際に行ってみると「思っていたのと違う」という感想が多いようです。

ホストクラブデビュー前の不安なあれこれを解消するべく、徹底解説いたします!

ホストクラブはどんな事を楽しめるお店なの?

ホストクラブに行ったことがない女性は、テレビドラマで見るイメージが先行して、なんとなく怖い・近寄りがたいと思いがちです。

実際のホストクラブは、ただおしゃべりして高いお酒を飲むだけではありません。

ホストもホストクラブも千差万別。夢のようなひと時だったり、友達感覚でわいわい過ごしたり、実はいろんな楽しみ方ができるんですよ。

彼女以上の『お姫様』の様な扱いをしてくれる

イケメンたちにお姫様のように扱われたい。一夜の夢を見たい。現実の生活ではかっこいい男性から、ちやほやとお姫様扱いされる機会はまずありませんよね。

しかし、ホストクラブはそんな女性の夢を叶えてくれる場所。実際の恋人はここまでしてくれないだろう特別扱いで、徹底的に夢を見させてくれますよ。

フランクな楽しい会話を売りにするホストもいれば、執事のようにお嬢様扱いしてくれるホストもいます。

飲み友達の様に楽しくお酒を楽しむ

一方、お姫様扱いではなく、もっと気軽に楽しい時間を過ごしたいと思う女性も多いようです。

実際の友達との飲みだと、相手の愚痴を聴いたり、対して面白い話に耳を傾けなくてはいけないときもありますよね。しかし、ホストクラブならそんな遠慮は一切ありません!

一流のホストたちは実は努力家で、トークも巧み。豊富な知識と話術で、たくさん笑わせてくれます。派手に騒ぎたい、笑って飲んで楽しく過ごしたい。そんなあなたにホストは徹底的に付き合ってくれます。

悩みや愚痴を聞いて貰う話相手としても

楽しく飲みに行くのではなく、心の癒しを求めてホストクラブに通う女性も少なくありません。

心の奥に抱えた悩みや仕事の愚痴は、家族や友達には言いにくいこともありますよね。ホストはトークもプロですが、同時に聴き上手。

一夜の夢だからこそ、普段の生活とは全く無関係なホスト相手だからこそ、心の奥のものを吐き出して心のデトックスをする女性も多いようです。

ホストのイメージと言えば『怖い』しかし実際のホストクラブは…?

ホストといえば、無理にお酒を飲まされたり、チャラチャラしてて怖いというイメージがありがちですよね。

しかし実際行ってみると「思ったのと違ってた!」という女性が多いんです。

お酒は無理矢理飲ませてくる事はない!

1杯が異様にお高いお酒を勧められたり、無理に飲まされる…それは結構昔のホストクラブや、一流ではないホストにありがちなパターン。

ホストも、お客様が楽しく過ごすことで、長く通ってもらいたいと考えているので無理にアルコールの強いお酒を勧めたりしません。

焼酎やカクテルなど、お酒を作るときに「薄くする?」と聞いてくれるので、自分のペースでアルコールも調整できます。飲み放題のコースもあるので、自分の決めた金額で楽しむことができますよ。

お酒を飲まなくてもソフトドリンクで楽しめる

もともとお酒が飲めない女性や、今日は胃の調子が悪くてあまり飲みたくない、という方もご安心ください。

ソフトドリンクのメニューもあり、相場は1杯1000円程度。飲み放題メニューには、焼酎やチューハイなどのアルコールの他に、ソフトドリンクも含まれます。

お酒が飲めなくても、ホストのトークは楽しめますし、自分は飲まずにホストにお酒を飲ませるという楽しみ方もあるようです。

長髪で色黒『チャラそう』や『ヤンキー』の様な見た目がいそう…

ホストといえば、長髪・色黒の金髪ヤンキーを絵に描いたような姿を想像しがちですよね。

そんなギラギラ感をあえて売りにしているホストもいれば、2.5次元ミュージカル俳優のような王子様のような佇まいのホストもいます。

定番のブラックスーツ+お酒ではなく、おしゃれな服装で、スイーツやお茶でおもてなしするネオホストと呼ばれるホストも人気なんですよ。

短髪やショートなど爽やかな男性が沢山いる

出典:group-bj

意外にも人気ホストと呼ばれるプレイヤーたちは、短髪や黒髪のすっきりとした印象の男性が多いです。

モデルの経験もあるというカリスマホスト・一条ヒカルは、AbemaTV出演時に「チャラいホストは売れない」と豪語していました。

女性にとってホストクラブは一夜の夢。ちやほやされるなら、清潔感ある爽やかな男性に癒されたいですよね。

一流ホストもそのニーズを理解しているからこそ、常日頃から、チャラく見えないように、清潔感と自分磨きを大切にしているのです。

売掛(ツケ)を無理矢理使わせることは無い

ホストクラブでは、その日に支払うのではなく、後日支払うという「売掛(ツケ)」という制度があります。

ついつい楽しみすぎて、手持ちのお金がなくなってしまったときに利用できるシステムですが、応援しているホストに頼まれることもあるかもしれません。

でも、そこで負担に感じる必要はなく、断って大丈夫。その日を気持ちよく過ごし、また次回を楽しむことが大切なのです。「今日の予算はこれくらいなんだけど」と事前に説明しておくのもいいですね。

一人でホストクラブに行っても大丈夫なの?

1人で行くのが不安だから友達と行くべき?と迷う方もいることでしょう。でも友達を誘うのも抵抗がありますよね。

結論から言えば、1人だからこそ楽しめる非日常があるのです。

一人でホストクラブに行くお客さんがほとんど

友達も誘って、合コン感覚でわいわい楽しむ人もいますが、実際は一人で通う女性が多いようです。

友達を誘って行った場合、お姫様のようにちやほやされたい・甘えたいと思っていても、友達の目が気になってしまいますよね。

日常の人間関係を切り離し、どっぷり非日常に浸りたい。お気に入りホストを独り占めして癒されたい。そんな女性が1人で通うようです。

イケメンホストがお出迎えから帰りまで優しくお見送りしてくれる

出典:smappa.net

ホストクラブでは駅まで迎えに来てくれるサービスもあります。

駅で待ち合わせをして、帰りもお見送りしてくれるので、1人で行けばその時間はそのホストを独り占め。まるでデートのような気分に浸れますよ。

ホストクラブに行ったことがなく、1人では不安という方は、お友達を誘って合コン感覚でデビューして、2回目以降を1人で楽しむのもおすすめです。

どんな人がホストクラブに通っている?

テレビを見ていると、女優や医者が豪遊するイメージも先行しがちですよね。

それはほんの一部の話で、実際はもっと普通の生活をしている女性が楽しむ場となっています。

『水商売系』を始めとする富裕層の女性

芸能人の豪遊まではいかないまでも、クラブ経営者や、水商売で働く比較的富裕層の女性顧客は多くいます。

歌舞伎町で働く女性が、仕事帰りや出勤前にホストクラブに寄るというパターンもあるようです。

水商売はサービス業だけにストレスもつきもの。同じ水商売ながら、ホストに癒しを求める女性も多いのでしょうね。

お金に余裕がある人以外にも様々な女性が通っている

水商売系の富裕層だけがホストクラブに通うのかといえば、そうではありません。

もっと普通の一般人女性でも、エステやエンターテイメントを楽しむ感覚で通う人もたくさんいます。

ちょっと高級なエステや、イケメンとのデートを月に1~2回楽しむと思えばハードルはぐっと下がるのではないでしょうか。

大学・専門に通う『学生』

ホストクラブは大人の女性が通うもの、というイメージは今や昔。

今は大学生や専門学校生でもホストクラブデビューを飾っており、一部では「初回荒らし」と呼ばれる学生さんも。

というのも、ホストクラブは初回は500円~5000円と、かなりリーズナブル。ちょっとした飲み会に行くより安くあがるので、お金のない女子学生が女子会感覚で遊びに行くこともあるようです。

いろんなお店の初回を渡り歩きリピートしない「初回荒らし」は、ホストクラブにとっても痛手です。

しかし、この初回で担当ホストを気に入って、少ない予算ながら長く付き合っていく女性もいるとのことです。

『事務職』を始めとする昼職に務める女性

学生以外の顧客に、昼間に働いている事務職の女性も実は多くいます。仕事で疲れた週末に、ちょっといつもと違う服装で特別なメイクをしてからホストクラブに行き、イケメンに癒されたい。

そんな、自分へのご褒美として、月に数回のエステ感覚でホストクラブで楽しむ事務職の女性も多いそうです。

ホストクラブに初めて行く人には『初回料金』がある

ホストクラブに行ったことがない方は、高級なイメージで敷居が高かったり、お酒1杯が高く、精算時にとんでもない金額を請求されたりするのでは、といった不安で尻込みしてしまいますよね。

ご安心ください!初めての方に来てもらいやすいよう設定されているのが、「初回料金」と呼ばれるシステムです。

通常より格安飲み放題でホストクラブを楽しめる

ホストクラブをまずは体験してほしい、楽しんでみてほしい、ということで設定されている「初回料金」。

飲み放題のコースやおつまみ付きで、通常よりもかなりリーズナブルに楽しむことができます。

ここでホストクラブを楽しんでみて、お気に入りのホストが見つかれば次に繋がるので、ホスト側も全力でおもてなししてくれますよ。

500円~5000円と店舗によって値段は様々

初回料金は、どの店舗も5000円以下。

お店によって内容は異なりますが、1時間までチャージ無料だったり、サービス料や飲み物まで全て含まれた5000円ぽっきり、それ以上は一切いただきません!安心して来てください!というお店も様々です。

初めてホストクラブに行く前は、特に料金のことで不安がつきもの。気持ちよく楽しめるよう、事前にHPでチェックしてみてくださいね。

まとめ

初めてのホストクラブは、先行するイメージや料金面でとにかく不安が多いですよね。

しかし、事前に予備知識をつけておけば大丈夫。お姫様みたいにちやほやされたい、友達感覚で騒ぎたい、あなたの望む夢のひとときを安心して楽しめますよ。

ホストクラブ情報や人気ホストの情報サイトもたくさんあります。気に入ったホストや雰囲気のお店で初回デビューするのもおすすめですよ。

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

おすすめホストクラブ

Kabukicho

HYDROGEN -player's club- gd

東京都新宿区歌舞伎町2丁目22-8 第八金嶋ビル2F

FANCY mizuki

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル8F

fino mizuki

東京都新宿区歌舞伎町2-21-5 三経20ビルB1F

4.1

DREAM -本店- gd

東京都新宿区歌舞伎町2-17-4 コリンズ37ビル7F

BLUE gd

東京都新宿区歌舞伎町2-11-4 Lee3ビル2F

SOLO gd

東京都新宿区歌舞伎町2-20-5 ソフィア5ビル B2F

ROZE gd

東京都新宿区歌舞伎町2-21-2 ソフィア2ビル3F

BLACK SWORD lsc

東京都新宿区歌舞伎町2-11-4 Lee3ビル6F

GOLD -名古屋- lsc

愛知県名古屋市中区栄4-13-15 ハットリビル7F

SEARCH CLUBS

エリア ※必須

フリーワード