【キャバクラ派遣】派遣のキャバ嬢・1日キャバ嬢の働き方やメリットとデメリットを紹介!

気軽に1日だけキャバクラで働いてみたいなら、キャバクラ派遣もおすすめです。

レギュラーで働くほどじゃないけど、ちょっとお金が足りないときに働きたい。たまに気分転換でキャバ嬢として楽しみたい…なんて時はありませんか?

そんなニーズを満たしているのがキャバクラ派遣です。

キャバ嬢の派遣とは?

キャバクラに在籍せず、気軽にキャバ嬢として単発で働けるのがキャバクラ派遣です。

キャバクラで人数が足りないときのピンチヒッターとして呼ばれることも多く、希望日を伝えておけば派遣会社がマッチしたお店を紹介してくれます。

1日だけキャバ嬢体験したいなら

がっつりキャバ嬢をしたいわけじゃなくて、ちょっとした興味でやってみたいという人もいるでしょう。

豪華なお店で高時給のキャバ嬢をやってみたい、綺麗にドレスを着て、お酒を作って、そんなキャバクラの世界を1日だけ体験してみたい。

お店との契約もなしで気軽に働いて、良さそうだったらそのままお仕事を続けてみたいという人もいますよね。

キャバクラ派遣がおすすめ

キャバクラのお仕事がどんなものかを体験するために、キャバクラ派遣を利用する女の子は結構いるんです。

キャバ嬢派遣なら売上ノルマもなく、出勤日も回数も自由です。しかもお仕事は単発なので、もしそのお店の人間関係や雰囲気が合わなくても気軽にいけますよね。

キャバ嬢初心者だからこそ、単発でおわる気軽なキャバクラ派遣がおすすめなんです。

体入(体験入店)はリスクが少ない

キャバクラ派遣以外にも1日キャバ嬢体験ができる方法があります。

どのお店でも本格的に働く前に、お店の雰囲気やお仕事の内容を知ってもらうための「体験入店」ができます。体験入店でもなんとお給料がもらえてしまう上、正式に採用された後よりも高時給が基本。

体験入店では、気難しいお客様ではなく優しいお客様を優先してまわしてくれるので気負わず体験できる上、次回の指名や同伴などの営業も不要です。

体験入店のお給料は全額日払いでもらえます。「派遣に登録して紹介するのが待てない、すぐに経験してみたい」「行ってみたい店が決まっている」という人は、体験入店がおすすめです。

キャバ嬢派遣の働き方は様々

キャバクラ派遣は、その人のライフスタイルに合わせて自由に働けます。

ここからは派遣キャバ嬢のメリット・デメリットをご紹介いたします。

キャバクラ派遣のデメリット

気軽にキャバ嬢体験できるとはいえ、キャバクラ派遣ではお互いのニーズが合致したときにしか働けません。

時には希望通りにならないこともあります。

①希望のシフトに入れない

派遣の場合、シフトは完全に自由で、働きたいときにシフトを入れられます。こちらの希望日とお店側の希望日が合致しないこともあります。

また派遣先に出勤しても、お店にお客様の来店が少ない場合は、早上がりになってしまうこともあるのです。

②毎回違うお店勤務になる

希望の地域を伝えることはできますが、その地域のお店からの依頼があるとは限りません。ちょっと乗り換えが必要だったりすることもあるかもしれませんね。

1日限りの派遣ということで、お店のスタッフからはちょっと距離を置かれてしまうのも仕方のないことです。

働いてみると人間関係の悪いところや、客の質が悪かったり、なんだかこの店とは合わないなーと思うこともあります。それでも派遣であれば1回限りで終わる点は、メリットとも言えますね。

③痛客をまわされる可能性も

1回限りの派遣だからこそ、面倒なお客様を回されてしまうこともあります。

キャバ嬢から嫌われていたり、お触りがひどい、酒のマナーが悪いなどの痛客と呼ばれるお客様の相手をさせるお店もあります。

嫌な客であっても対応するのが派遣キャバ嬢の仕事です。

キャバクラ派遣のメリット

1回きりの派遣故のデメリットもありますが、働きやすさでいえばメリットもたくさんあるんです!

①時給が高い上、ランクによってはさらに高額を狙える!

派遣キャバの場合、お店に所属して働くよりも時給が高めに設定されています。これはキャバ嬢に限らず普通の派遣でも同じですね。

最低時給は3000円~で、1日最低3時間勤務を保証する派遣会社が多いので、少なくとも3時間で9000円~は稼げます。

売上をしっかり上げれば、次も来てほしいと店側から指名を受けることもあり、さらに時給が上がるチャンス!単発から、準レギュラーのような形にシフトしていくこともできるんです。

②全額日払いでもらえる

派遣キャバは基本全額日払い。旅行に行きたい、イベント前だから資金が欲しい、誰かにプレゼントを買ってあげたいなど、一時だけお金が欲しい人には最適です。

③単発で稼げる

1日3時間からの単発のお仕事なので、融通が利くメリットも大きいです。

金額目標があって短期間で稼ぎたい人、家族にバレる・会社にバレるのが怖い、本業があるけど今月ちょっとだけ稼ぎたいという人も、単発だからこそ身バレせずしっかり稼げます。

バレンタインやクリスマスなど、イベント時期・繁忙時には時給がUPするお店もあるので狙い時。

派遣のキャバ嬢が事前に用意しておきたいものは?

実際に派遣が決まった時、何を用意しておけばよいでしょうか?

①派遣キャバドレス・ストッキング

ドレスやミュールはお店から借りることもできますが、有料だったり、サイズが合わない、好みじゃなかったなどのリスクもあります。

体験や本当にお金が足りないときに数回だけ、という人はドレスは1枚だけでも大丈夫ですが、余裕があれば、お店の内装に合わせて変えられるよう、自分用のドレスは2~3着あるといいですね。

②身分証

客も従業員も、年齢確認・本人確認は必須です。

運転免許証やパスポートなど、顔写真つきで身元が確認できるものを持参しましょう。

身分証確認は年々厳しくなっており、学生証や顔写真のない保険証では不可という店も増えています。

③ハンカチ・ボールペン

派遣先で、ルールを説明されたときにメモを取ることがあります。またお客様に名刺にメッセージを書き込んで渡したり、お客様から書くものを貸してほしいと言われることも。

100均のボールペンではなく、それなりに体裁の整った書きやすいボールペンを用意しておきましょう。

また、ハンカチはお客様のグラスの水滴を拭くときに活躍します。ハンカチで水滴を拭きながら、お客様のお酒を飲むペースを把握する必要があるため、必ず持参しましょう。

④名刺入れ・ライター

お客様に名刺を渡す際に名刺入れも必要です。

また、お客様が煙草を口にくわえたときに、自然な流れで火をつけてあげられるよう、ライターは営業前に着火を確認しておきましょう。

キャバクラ派遣・1日キャバ嬢は求人サイトで検索

キャバ嬢として派遣で働いてみたいなら、派遣サイトに登録を。「アナザーキャスト」「TRY18/トライ18」「ジュエルズ」などが人気です。

ガールズバーやスナックの派遣もある

キャバクラ派遣以外にも、ガールズバーやスナックの派遣サイトもあり。

キャバ嬢として働けるのは20代前半までですが、30代になるとスナックに。もっとフランクに働きたいという人はガールズバーの派遣会社もおすすめです。

まとめ

自分のライフスタイルに合わせて働けるのがキャバクラ派遣です。単発だからこそノルマもなく、煩わしい人間関係もなし。しかも高時給!

一度経験してみたいと思ったら、まずはキャバ嬢派遣サイトに登録してみましょう。

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-29-8トヨタケビル5F

TRIGGER

TRIGGER

千葉県千葉市中央区栄町22-13 MIYABIビル3F

5
ZERO

ZERO

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル2F

DeZon

DeZon

東京都新宿区歌舞伎町1-9-5三経61ビル3F

TOP DANDY I-OS

TOP DANDY I-OS

東京都新宿区歌舞伎町2-35-5 リゾンビル6F

TOP DANDY vivid

TOP DANDY vivid

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル4F

TOP DANDY -1st-

TOP DANDY -1st-

東京都新宿区歌舞伎町2-28-2 東松ビル5F

FANCY

FANCY

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル8F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索

horeruline