女子の夜遊びといえばホスト!初めてでも安心のお店の選び方と楽しみ方を解説!【初心者必見】

ホストクラブに行ってみたいけど、ホストについて詳しく知らないが故に怖いイメージを持っている方も多いと思います。

でも、実際にホストクラブを満喫している女性がたくさんいるのは事実。事前にこの記事を読んでしっかりリサーチをしていけば、不安な気持ちも和らぎます。

今回は、ホストクラブに入りたいけど不安を抱えている方に、初めてでも安心のお店の選び方やホストの探し方、楽しみ方をご紹介いたします。

そもそもホストクラブってどんなところ?

ホストクラブとは、女性がお気に入りの男性を指名して、一緒の席でお酒を飲みながら楽しくお喋りする場所です。男子の夜遊びの定番がキャバクラであるように、女子の夜遊びの定番がホストクラブになります。

ホストは入店した女性を楽しませるために、磨き上げられたトークスキルで会話を盛り上げます。また、基本的に同席するホストと、お客さんである女性の距離は近いため、親密度も高くなることでしょう。

気に入ったイケメンと楽しむ

ホストクラブは、お気に入りの男性を「指名」して優先的に接客してもらう制度です。お客さんは、初回の入店や入店前にリサーチして、お気に入りのホストを見つけます。

お気に入りのホストの探し方は人それぞれで、
・顔がかっこいいから
・可愛くて癒されるから
・男らしくてドキドキするから
など様々な理由があります。

様々なタイプのホストがいる


また、ホストクラブで働く男性は顔が良いだけでなく、
・トークがうまく話を盛り上げるお笑い系
・頭が良くて聞き上手の大人系
・男らしくグイグイ引っ張るオラオラ系
など、様々なタイプの男性が揃っています。

最初は不安を感じているお客さんも、実際入店するととても丁寧で気遣いのある接客をしてくれるお店が多く、安心できることでしょう。

お酒を頼んで喜んでもらう


ホストクラブのシステムには、「同席したホストにお酒を飲んでもらう」・「頼んだお酒の利益はホストに還元される」というものがあります。

ホストで働く男性たちの給料は歩合制で、その内訳は、お客さんからの指名料やホスト用に注文されたお酒等になっています。

そのためたくさんお酒を頼んでくれるお客さんは、その分ホストに感謝され、楽しませてもらえることでしょう。

場合によっては店外で会う関係にもなる


ホストクラブによく通ったり、LINEなどで連絡をしていると、当然親密度は高まるでしょう。それが続くと、お店以外の場所で会ってくれるホストもいます。

お気に入りのホストとお店以外で会えることはお客さんにとっても嬉しいことです。夜の街の、煌びやかなお店にいるホストも魅力的ですが、真昼間の平日におしゃれなカフェでデートすると、お店とはまた違った雰囲気のホストの一面を見ることができるでしょう。

もしかすると、男女の恋仲に発展することもあります。しかし、ホストとの恋愛は茨の道です。他のお客さんとの接客もありますし、彼女が自分だけではない可能性もあります。数々の障害にも立ち向かう自信があれば挑戦してみるのもアリかもしれません。

ホストクラブで遊ぶとかかるお金ってなに?

ホストクラブに行くと、一晩遊ぶだけでも様々な料金がかかります。

具体的には、
・席料金などの通常料金(またはセット料金)
・ホスト用のお酒・お食事代
・延長料金
・TAX
・指名料
などです。

「高額な料金を請求されそうで怖い」と思っている方もいるかもしれませんが、ホストクラブは初回の料金がかなり格安なところも多く、きちんと料金を聞けば答えてくれます。

何も考えずにお酒を頼んでいると、高額になることもあるので、ここで事前にホストクラブの料金形態について学んでおきましょう。

お店に入るために必要な通常料金

ホストクラブでは、お店にいるだけでかかる料金があります。それは席料金やドリンク代などの通常料金、またはそれらを合わせたセット料金です。

基本的にはセット料金のお店が多いでしょう。セット料金の価格は1,000円〜7,000円程度で、初回の入店では格安、または無料のところもあります。

セット料金(席料金)は、1時間や2時間などの時間制や、フリータイム制(席が混んでいる場合は時間制になることも)などお店によって様々です。入店して席に着くと、最初に説明されるのでよく聞いておきましょう。

セット料金には飲み放題がつくこともある


また、セット料金にはお客さんの飲み放題が付いていることもあります。ただし、飲み放題は飲めるお酒の種類が制限されており、安い焼酎や割る用の飲み物の場合が多いです。それ以外のものを注文する際は、別料金で支払うことになるので注意しましょう。

ホストを喜ばせるためのお酒・お食事代

お客さん自身のための注文以外に、ホスト用のお酒やお食事を注文することができます。ホストにとっても、自分の売上に繋がることなので、とても喜んでくれます。好感度を上げたいホストがいるなら、お酒やお食事を注文してあげるのも良いですね。

こちらはセット料金とは別にかかることも多いので、きちんと料金を確認してから注文しましょう。

グラスとボトルで値段が違う


お酒は、少量のショットグラスと量が多いボトルでの注文が可能です。ショットグラスは量に対して金額が高めで一杯1,000円程度します。

あまりお金を出せない場合は、お店で一番安いボトルのお酒が1万円前後であるので、そのお酒と割る用の水を注文しましょう。

高いお酒になると、有名なものではドンペリが8万〜80万円ほどです。その他にも、100万円ほどするものもあるので気をつけてください。

時間制のホストクラブは延長料金がかかることも


時間制のセット料金の場合、時間を超えると延長料金がかかります。延長料金は、1時間ごとに3,000円〜7,000円程度です。

お店によって、料金に差があるので事前に確認しておきましょう。もちろん、フリータイム制のところであれば延長料金はかかりません。

合計金額に加算されるTAX


ホストクラブには、TAXという、お店でかかった料金の合計に○%で加算されるものがあります。お店によっては、消費税と合わせて請求されたり、「8%(消費税)+30%(TAX)=38%」と、別々で計算されることも。

TAXは、お店というよりも関東や関西などの地域によって差が出るみたいです。単純に、合計金額に+20%〜50%の割合でかかるものなので、TAXを加算する前の合計金額が大きいほど、TAXの金額も増加します。

例 「10,000円(セット料金や飲み代などの合計)×1.3%(消費税とTAXの合計が30%の場合)=13,000円」

お会計時になってから、思っていた金額より大きくなる場合もあるので、気になる人は事前にチェックするかお店の人に確認するようにしましょう。

お気に入りのホストを呼ぶための指名料


ホストクラブでは、お気に入りのホストを席に呼ぶために指名できる制度があります。料金は1,000円〜5,000円程度で、基本的に毎回かかるものと思ってください。

最近のホストクラブは、指名料がかからないお店も存在します。もちろん指名という制度は存在しますが、一度指名すると入店のたびに指名料がかかるので、お客さんにも負担が増えたように思えるでしょう。

それなら、指名料自体は無料にして、その他のところでお金を落としてもらう方が、気持ち的にも楽なのかもしれません。

遊びに行くホストクラブを選ぶときのポイント

ホストクラブは全国各地に店舗が存在しており、料金形態やお店のシステムも様々です。

有名なホスト街だと、
・関東は東京都新宿区歌舞伎町
・関西は大阪府大阪市にある大阪ミナミ
などです。

店舗自体も、グループ店が多く存在する大型店舗から少人数の小型店舗まであり、どのホストクラブを選べばいいか迷うことでしょう。ホストクラブで失敗しないために、お店選びはとても重要です。

ここでは、失敗しないためのホストクラブの選び方を順に説明していきます。

初めて遊ぶなら「大型店」が安心


初めてホストクラブに行く人は、「怖いところではないか」「きちんと帰してもらえるのか」と不安に思っている方も多いようです。
そんな時はグループ店舗が多く存在する「大型店」のホストクラブに足を運んでみましょう。

大型店では、厳格なルールも定められていて安心です。また、在籍するホストの教育体制もしっかりしているので、トラブルなどもほとんどありません。

まずは大型店で慣れてから、様々なホストクラブに通ってみるのをお勧めします。

ホストクラブのホームページを確認


ルールや教育体制がきちんとしてるホストクラブは、ホームページもしっかり作り込んでいる場合が多いです。その場合、料金やお店に思想、店内の様子の写真などで、お店の雰囲気も伝わり安心できます。

逆にいえばホームページがないホストクラブは、どんなところかもわかりませんし不安な気持ちのままです。ただし、ホームページがないお店の中にも優良店はあるので、気になるようなら電話などで問い合わせをしてみてください。

掲示板や口コミサイトで評判もチェック


ホームページより信頼できる情報が欲しいなら、インターネットの掲示板や口コミサイトで評判をチェックする方法があります。実際に入店したお客さんの生の声が聞けるので、お店の情報収集したい方にはかなり便利です。

ただし、口コミは書いた人自身が抱いた感想でもあります。実際にご自身が行って体感したこととは全く同じ気分にはならない可能性もあるので注意しましょう。

ホストクラブの楽しみ方は人それぞれ

特に普段とは違う世界に入り込むホストクラブは、人によって楽しみ方があります。

例えば、
・お気に入りのホストを見つける
・ホストクラブの独特の世界観を楽しむ
・イケメン達に囲まれてチヤホヤされる
など様々です。

お客さんもホストもお互い楽しみながらお酒が飲めたら最高ですよね。皆さんもご自身に合ったホストクラブの楽しみ方を見つけてみましょう。

お気に入りを見つけて遊ぶのを楽しむ


たくさんの男性と遊ぶより1人の男性を選んで親密になる、という疑似恋愛のような楽しみ方ができるのも魅力です。2人だけの空間を楽しみたいなら、ヘルプのホストにも席を外してもらうことも可能です。

あまり深入りしすぎて恋に落ちてしまうと大変ですが、お気に入りのホストと恋人気分を味わうことができるのは楽しそうですね。

ホスト独特の雰囲気を楽しむ


煌びやかな内装が施され、たくさんの若い男性がいるホストクラブ独特の雰囲気は、日常では体験できない世界です。日々の仕事や人間関係で疲れている方は、ホストクラブで辛いことや苦しいことも忘れて楽しみましょう。

しっかり金銭管理ができるのであれば、ストレス解消にもなりとても楽しい空間になること間違いなしです。

イケメンにチヤホヤされるのを楽しむ


今まで、「男性と触れ合う機会が少なかった」「かっこいい男性に出会えなかった」という方は、ホストクラブに通うことでその欲求を満たすことができます。

また、指名していない内は、様々な男性と関わることができます。普段、男性と関わる機会が少ない方は、多くの男性とお喋りして楽しいひと時を過ごしましょう。

本カノを目指すのは避けよう

ホストクラブは、たくさんの男女が集まる場所です。しかも、グイグイ引っ張ってくれるような男らしい男性や、愚痴を聞いてくれる優しい男性がたくさんいます。そうなると当然、恋愛に発展するケースもあるでしょう。

しかし、ホストクラブで働いている男性と恋仲になると不安も多いです。

ホストの彼女は心配事がたくさん

ずっとホストクラブに通っていると、指名している1人の男性と恋に落ちることもあるでしょう。

ホストクラブでは、恋愛を禁止しているところはあまりなく、色恋沙汰も商売道具の1つ。ですので、お互いが好き同士になればお付き合いする関係になることがあります。

しかし、ホストの男性とお付き合いすると、様々なトラブルが起こりがちです。「ホストの男性とは付き合わないほうがよかった」と、後悔してしまう前に、ホストの彼女になるリスクを考えましょう。

女関係での嫉妬が増える


やはり一番多いのが、ホストと自分以外の女性との関係に対する嫉妬です。男性がホストの仕事をしている限り、彼女以外の女性とも接する機会がたくさんあります。

嫉妬しやすい女性は、ホストの彼女にならないほうが賢明です。もし好きになってしまったら、それはもう男性にホストという仕事を辞めてもらうしかありません。

しかし、ホストで稼ぐことを夢見て働いている人や、現在ホストでバリバリ稼いでいる人にホストを辞めてもらうのは難しいでしょう。

金銭感覚がずれているため浪費しがち


ホストで働く男性は、金銭感覚が一般的ではないことが多いです。

その理由は、
・お店で多額の金額のやりとりがある
・収入がピンキリ
・自分を磨くためにお金を惜しまない
などが挙げられます。

そんな男性とお付き合いしていると、普段の食事やブランド物を購入したりなどで金銭感覚の違いを思い知るでしょう。また、そういう感覚の違いから恋愛トラブルに発展することもあります。

さらに、ホストの彼女になると自分まで浪費してしまいがちなので気をつけましょう。

まとめ

きらびやかなホストの世界。せっかく行くならトラブルなく安心してお酒や会話を楽しみたいですよね。

お店やお気に入りのホストをしっかりリサーチして、素敵な時間を過ごすための準備をしておくのも大切なことでしょう。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark