ホストクラブのボトルとは? 料金や種類一覧【オリシャン・飾りボトル】

ホストクラブではお酒のことを「ボトル」と呼んでいます。あまりお酒を飲まない人は、どういうお酒があるのか詳しくないのでは。

ホストクラブへ行くのであれば、ボトルの種類や料金相場について多少は知っておくべきです。

そこで今回は、一番気になる定番ボトルの種類・値段について、そしてお酒が飲めない方にもおすすめ出来るボトルを幾つか紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

ホストクラブのボトルの種類

ホストクラブに用意されているボトルには以下の種類があります。

・シャンパン
・オリシャン
・飾りボトル
・ブランデー
・クリスタルボトル
・ワイン

2万円程度〜数千万円まで値段の幅が広い

ホストクラブのボトルの値段は非常に幅広く、2万円程度〜数千万円もするボトルがあります。ボトルを注文する際には、しっかり値段をチェックしておきましょう。

酔った勢いで1本数百万円のボトルを注文してしまい、料金を支払うことができない…なんてことになるとシャレになりませんからね。

お酒に詳しくない人はどういう風にボトルを選べばいいのか

ホストクラブでボトル選びに迷いそうな人は、以下を参考に注文するボトルを選んでみましょう。

お財布と相談して値段で選ぶ

ホストクラブのボトルは決して安い金額ではありません。

「せっかくホストクラブに来たんだから…」と、ついつい高いボトルを注文してしまう人がいますが、そのようなことは気にしなくて大丈夫ですよ。

自分のお財布と相談して値段で選ぶのが一番です。

一緒に飲んで楽しみたいなら味で選ぶ

ボトルはホストのために入れるから種類はなんでもいい、という人もいますが、せっかくの高いボトルですから一緒に飲んだほうが楽しめます。

ボトルの種類によってアルコール度数・飲みやすさ・味が違いますから、どうせなら注文したあなた自身が美味しく頂けるお酒を入れてみてはいかがでしょう。

卓を彩るために見た目で選ぶ

ボトルの中には見た目が可愛いボトルや高級感溢れるデザインのボトルがあります。

デザイン性の高いボトルを注文すれば、卓に置かれたときに“華やかさ”を演出することができるので、値段や味も大事ですが見た目で選ぶのもいいと思いますよ。

ホストクラブのボトル「オリシャン」とは?

ホストクラブには「オリシャン」と呼ばれる特別なシャンパンがあるのをご存知でしょうか? ここではオリシャンについて詳しく解説していきます。

オリジナルシャンパンの略

「オリシャン」とはオリジナルシャンパンの略で、そのお店でしか飲むことのできない特別なシャンパンです。

通常のシャンパンよりも値段が高く設定されているので、簡単に注文できないかもしれませんが、オリシャンを入れてあげるとホストはかなり喜んでくれます。

イベントのときなどオリシャンを注文するお客さんが多いですね。

ホストの顔写真や名前などが入っている

オリシャンにはホストの顔写真やお店の名前が刻印されています。

写真に使われるホストはお店の人気ホストが定番ですね。売れっ子ホストの写真が刻印されたオリシャンは結構人気なようです。

オリシャンの値段

お店によってオリシャンの値段は違います。いちおう目安としては5万円〜15万円ほどが相場です。

最低でも5万円はするのでなかなか手が出しにくいボトルですが、注文してあげるとホストが喜んでくれるのは確実なので予算に余裕がある人は検討してみてはいかがでしょう。

ホストクラブの「飾りボトル」とは?

ホストクラブには「飾りボトル」という、あまり聞き慣れないボトルがあります。飾りボトルとは一体どういうものなのでしょうか?

見た目が華やかなボトル

飾りボトルは普通のボトルとデザインが異なり、キュートな形をしたものから華やかな装飾が施されているのが特徴です。

「このボトルの形、変わってるなあ」と思うボトルはおそらく飾りボトルです。お酒が飲めない人やお金に余裕がある人がよくおろしている印象がありますね。

卓に飾っておくだけで迫力が出る

飾りボトルの目的は、“飲むことより飾るため”にあります。飾りボトルは殺風景な卓を彩る演出として使われており、卓に迫力を出したり他のお客さんへのアピールとして使うのが基本です。

飾りボトルは最低でも1本3万円くらいするので、卓に添えておくだけで他のお客さんからは「あのお客はお金を持ってる」という無言のアピールになるわけですね。

シンデレラ・ドルフィン・ブックなどが人気

飾りボトルにも色々種類がありますが、定番かつ人気が高いのは「シンデレラ」「ドルフィン」「ブック」というボトルです。

この3種類はおそらくどのホストクラブにも用意されているので、予算に余裕がある人は注文してみてはいかがでしょうか。

また、飾りボトルは希望しない限り飲むことはないので、次回来店したときも卓に置くことができます。

ホストクラブのボトル一覧

さて、ここからはホストクラブに置いてあるボトル一覧について少し紹介しておきましょう。以下を参考に注文するボトルを選んでみてください。

一番お手頃なのが「カフェ・ド・パリ」

ボトルの中で一番お手頃価格なのが「カフェ・ド・パリ」というスパークリングシャンパンです。価格にしてだいたい2万円くらい。

味の種類も豊富で、レモンやマスカットなど女性でも飲みやすいフレーバーが多いのも特徴ですね。お酒が苦手な人はカフェ・ド・パリを注文すれば間違いないと思います。

ただし、飲みやすいかわりに“悪酔い”してしまいやすいお酒なので飲みすぎないように注意しておきましょうね。

高級シャンパンといえば「ヴーヴ・クリコ」

ちょっとグレードを上げたいという人は、「ヴーヴ・クリコ」がおすすめです。「イエロー」「ロゼ」「黒」の3種類があり、価格は5万円〜9万円になります。

このあたりから高級ボトルの位置付けになるので、「安酒は嫌だ! 」という人はこちらを検討してみましょう。

ホストクラブの代名詞「ドン・ペリニヨン」

「ドン・ペリニヨン」、名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。ホストクラブと言えば「ドンペリ」というくらい知名度が高いと思います。

一番安いドンペリでだいたい8万円くらい、最高級になると15万円以上はしますね。値段的にちょっと手が出しにくいお酒ではありますが……。

高級ブランデー「ルイ13世」

飾りボトルとしても使われる高級ブランデー「ルイ13世」。これもホストクラブでは定番のボトルですね。お店にもよりますが、だいたい20万円くらいします。

なんでも新人ホストにとって憧れのボトルなんだとか。育てたいホストがいる人は、このあたりの高級ボトルをじゃんじゃん入れてあげているみたいです。

価格高騰中の高級ボトル「リシャール」

年々仕入れ値が異常な高騰を見せている「リシャール」。どのホストクラブにも必ず置いてある1本ですが、なかなか出る機会は少ないですね。

なんせ1本250万円以上しますから。でもリシャールを平気でおろしていくお客さんもいるので、それを目の当たりにすると「夜の世界ってすごい!」って思います。

幻のボトル「ロマネ・コンティ」

ここまで紹介したボトルの中で郡を抜いているのは、幻とさえ言われている「ロマネ・コンティ」です。その値段はなんと300万円以上!

滅多におろされているところを見れないことから幻と言われているようですが、一部の高級ホストクラブではちょくちょくおろされているのだとか。

これ1本で新車が買えてしまいますよ……(恐ろしい)。こんな高級ボトルを注文できる人ってどういう人なんでしょうね。

まとめ

いかがでしたか? ホストクラブには数多くのボトルが用意されています。その中から自分にピッタリなボトルを選べば、さらに素敵な夜を過ごすことができるでしょう。

お酒が弱い、飲めない方、でも担当のホストには喜んで貰いたい…そんな方も色んな楽しみかたが出来るんですよね。自分の予算と相談しつつ、ホストとの甘い夜を過ごし、楽しんでくださいね。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark