ホストとラインを交換した後はどうする?営業の上手なかわし方は?【ライン営業】

ホストを指名した後、必ずと言っていいほどラインで連絡先を交換します。

しかし、「ライン交換の後何をすればいいの?」と悩んでしまう女性も少なくありません。

この記事ではラインを交換した後の対処法やメッセージを送る時間帯について説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ホストとラインを交換した後はどうする?

初めてホストクラブに行くと、ほとんどの場合指名を入れたホストから連絡先を聞かれます。

最近はラインで連絡先交換をする場合が多いので、ラインアプリを入れている人であればラインを教えることになるでしょう。

しかし、ホストとライン交換した後どうすればいいのか…ここからは連絡先を教えた後の対処法について解説していきます。

基本的にはホストからメッセージがくる


ホストとラインを交換しても、あなたの方から何かアクションを起こす必要はありません。多くの場合ホストが仕事の合間にメッセージを送ってくれるので、あなたはそれに返信するだけで大丈夫です。

ホストからのメッセージの多くは「今日は来てくれてありがとう」「楽しかったよ」など、その日の来店に関する内容がほとんどです。

お店で楽しく過ごせたという場合は「こちらこそありがとう」などと返信しておきましょう。

その後は何気ない内容から営業ラインになることがほとんど

会話の内容は「さっきお仕事終わったよ」「今日はお店の仲間と飲みに行くよ」など何気ない話題がほとんどですが、ある程度会話を続けると営業ラインへと変化します。

営業ラインとは「次はいつお店に来る?」「また会いたいな」などあなたがお店に来てくれるよう促すラインのことです。

もともとお店に行くつもりであれば、行きたい日時にホストが出勤しているか確認し、当日は席までエスコートしてもらいましょう。

ホストには自分からラインしてもいい?

ラインで連絡先を交換した後、「自分からメッセージを送った方が良いの?」「もしかして私の方からメッセージを送らないといけないの?」と疑問に思う方も少なくありません。

ここからはホストにあなたから連絡すべきかどうか、解説していきますので対処にお困りの方はぜひ参考にしてくださいね。

連絡しなくても営業ラインが来る可能性大

あなたの方から特にメッセージを送らなくても、多くのホストが当日仕事を終えた後にラインをしてくれます。

そのラインに返答をしなくても何度か連絡をくれるホストも多いので、「忙しくてラインを見れない」「どうやって返信したらいいか分からない」という方も大丈夫です。

もしあなたが返信をすれば、そのまま次お店に来るよう誘われる「営業ライン」へと変化するケースがほとんどです。

気になるホストにはもちろん連絡してOK!

気になるホストであればもちろんあなたの方から連絡しても大丈夫です。お店で働いている時であればすぐに返信が来ないことも多いですから気長に待ってあげましょう。

積極的にメッセージを送ってくれるお客さんは次回来店の可能性が高いので、多くのホストにとってお客さんからのラインは嬉しいものです。

その日の仕事が終われば、すぐにでも返信をしてくれるでしょう。

ホストにラインする時間帯

何度かホストとラインでやり取りをしていると、どうしても気になるのがメッセージを送る時間帯です。

ホストの生活リズムはあまり知られていませんので、「どの時間に送れば迷惑にならないの?」と疑問に思う女性は少なくないでしょう。

ここからはホストにラインをする時間帯について解説しますので、ホストのことを考えてメッセージを送りたい方は参考にしてください。

基本的にラインならいつでも大丈夫

ラインのメッセージであれば基本的にいつでも大丈夫です。ホストによっては何をしている時であっても無理をして返信しようとする人もいますが、その点はそのホストの自己責任。

メッセージであれば時間のある時にホストがチェックしてくれるので、「迷惑になるんじゃないか…」と気にする必要はありません。

ホストの都合によっては返信が遅くなる時もありますが、基本的にいつ送ったラインにも返信をしてくれるでしょう。

朝9時〜夕方くらいまでは寝ているホストも

ホストの出勤時間にもよりますが、昼夜逆転した生活をしているホストも少なくありません。

そのため朝9時~夕方くらいまではホストが睡眠をとっているため、返信がなかなか返ってこないケースもあります。しかし、大体のホストが起き次第返信をしてくれます。

「寝ている時にラインをするとホストを起こしてしまうのでは…」という方は夜7時以降など、確実にホストが起きている時間帯に連絡をすると良いでしょう。

起きたときに連絡してくれるので気を使わなくてもOK

基本的にはいつラインを送っても、ホストの都合のいいタイミングで返答してくれるので大丈夫です。

ホストの多くは「お客さんに連絡をする時間帯」を作っている場合が多いので、何度かラインのやり取りをすればどの時間に返信が返ってきやすいか分かるでしょう。

もしメッセージを送るタイミングに不安があれば担当ホストに直接、いつ連絡すると都合がいいのか聞いてみるとよいでしょう。

ホストのライン営業はどんな感じ?

ホストの多くが行うライン営業。営業スタイルとしてはかなり一般的なものです。

しかし、ホストと初めてラインを交換した方は「ライン営業って何?」と疑問に思うかもしれません。

ここからはホストのライン営業の内容と実態について解説していきます。

通常は日常会話のことが多い

ホストとラインをするというと何となく身構えてしまいますが、通常は何でもない日常について会話をすることが多いです。

今日食べたご飯の内容や最近買った服など、特に目的がないことについて話すことを楽しみましょう。

ホストによっては最近の売上や、モデルやインタビューなどホスト以外のお仕事について話してくれることもあります。

「会いたい」「遊びに来て」と店に呼ばれるのが営業

日常の会話を続けていくと、次第にホストから「もう一回会いたいな」「またお店に遊びに来てくれないの?」などのメッセージが来ることもあります。

お店に呼ばれるのは「営業ライン」と言い、あなたがお店でお金を使ってくれるよう促すものです。

もちろんまたお店に行きたい場合はその営業ラインに乗り、近々行われるイベントや出勤日などの情報を教えてもらいましょう。

ホストのライン営業の上手なかわし方

ホストによっては、何度断ってもライン営業を続けるケースもあります。

しかし、お店に行きたくない場合、そうしたライン営業をどのように回避すれば良いのでしょう?

ここからは、ホストからくるライン営業の上手いかわし方について解説しますので、お困りの方はぜひ参考にしてくださいね。

「今仕事が忙しいから」とフェードアウト

お店に行けない場合、「仕事が忙しくて遊びに行けないから」などと言って次第に返信の回数を減らしていきましょう。

返信の回数が減っていけば、ホストの方も「お店に来るつもりはないんだな」と理解し、営業ラインを送るのを辞めてくれるでしょう。

そのため「もしかしたらお店に行くかもしれないけれど、今のところ来店する気はない」という場合、返信を減らしフェードアウトしていきましょう。

既読無視をしているとラインの回数も減ってくる

どうしても営業ラインがしつこいという場合、何度か既読無視をすればさすがにホストからのライン回数も減っていきます。

返信をしないお客さんに何度もラインしても、売り上げにつながりません。

ホストの時間も限られていますので、既読無視をして暗に「お店に行くつもりがない」と伝えれば次第にラインを送ってこなくなるでしょう。

しつこい場合はブロックしてもOK

何度断ってもライン営業が続くという場合、ラインをブロックするのも一つの方法です。ラインをブロックしたことは相手に直接伝わりません。

お店に行くつもりがないのであれば、ラインをブロックして面倒な連絡を見ないようにするのが良いでしょう。

まとめ

ホストとラインの連絡先を交換しても、返信やライン営業について気にする必要はありません。

もし嫌なことがあれば返信を辞めても大丈夫ですので、まずは気軽に好きなホストとの会話を楽しんでみましょう。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark