【ホストを続ける理由】ホスト「渋谷奈槻」のプロフィールを徹底紹介!歌舞伎町で一番面白い!

出典:冬月グループ

冬月グループの絶対王者として君臨し続けている渋谷奈槻。「PLAZMA」「FUYUTSUKI-PARTY」の2店舗のプロデューサーとしても活動し、さらに成長をし続ける渋谷奈槻とは、どのような人物なのでしょうか?

渋谷奈槻のプロフィールやホストの経歴なども含めて詳しく解説していきます。

ホスト「渋谷奈槻」のプロフィール

詳しい年齢を公式では発表をしていませんが、インタビュー記事には30歳と書かれています。特技はダーツや、歌で、休日の過ごし方は水タバコ屋に行くことだそうです。

憧れの人からの誘いで、始めはバイトでホストを始めたのがきっかけで、そこから今まで13年間ホストやプロデューサーも任せられています。

冬月グループのトッププレイヤー


出典:冬月グループ

冬月グループとは、元カリスマホストによって結成された業界初の巨大ホスト組織です。多くのホストクラブを歌舞伎町中心に展開しており、600名以上が在籍。カリスマホストやモデルを多く輩出する、知名度の高いグループ会社です。

冬月グループでお店を2店舗プロデュースしながら、現在も現役でホストとしてトップに君臨しています。店舗運営だけでなく、プレイヤーにこだわるのは、自分はやれば出来ると言う絶対的な自信からだそう。

そのため、二足のわらじでも自分はグループ1のプレイヤーになれると信じてやっています。

誕生日・身長・出身地は?


出典:冬月グループ

年齢に加え、誕生日も公式のページには発表されていません。出身地は石川県で、ホストのバイトも地元の時から始めたそうです。身長は182㎝でスタイル抜群ですよね。

とても綺麗な顔立ちに、高身長とはさすがトップに君臨するだけのスペックを有していますね。もちろん中身もとても素敵な方なんですよね。

元々は地元でボーイズバー・ホストをしていて歌舞伎町に来た

渋谷奈槻が夜の業界で働き始めたのは13年前、地元石川県のボーイズバーで働き始めました。その頃はまだホストという業種がメジャーでは無く、バイト先の人から「ボーイズバーで働くからお前もこいよ。」と誘われたのがきっかけです。

2年ほどボーイズバーで働き、憧れの人から「ホストクラブ出すから手伝ってよ。」と誘われたのがきっかけで、始めはバイトでホストを始めました。

その後一度歌舞伎町へ行ったものの、一ヶ月で辞めて地元へ戻り出店を考えたそうです。しかし、過去の在籍店のしがらみがあり、再挑戦できず、勢いでもう一度歌舞伎町へ行き冬月グループに入りました。

「くそみテーな街」が歌舞伎町で流行語に

渋谷奈槻がツイッターでつぶやいた、「くそみテーな街」は2016年歌舞伎町の流行語大賞と言っても良いほどの名言となりました。

多くのホストやホスト通いの女性が「くそみテーな○○」と言うフレーズを真似して使いました。

「PLAZMA」「FUYUTSUKI -PARTY- 」のプロデューサーも務める

冬月グループの「PLAZMA」「FUYUTSUKI -PARTY- 」二店舗のプロデューサーを務める渋谷奈槻。「PLAZMA」は渋谷奈槻と葵未来代表代理の二人が「業界一イケてるお店」をテーマにオープンしました。

しぶなつこと「渋谷奈槻」の人柄・哲学とは?

歌舞伎町の顔と言っても過言ではない伝説のホスト渋谷奈槻。新しいものを生み出して、人に影響を与えるためにホストをしていると語っている渋谷奈槻の意外な人柄、哲学などをご紹介していきたいと思います。

元々はファミレスで飲み物を頼めないくらいの人見知り


出典:miamibook

地元のボーイズバーで働いていた時代は、今では信じられないほど人見知りで、一言も喋れなかったという渋谷奈槻。喫茶店やファミレスで自分の頼みたい飲み物も注文できず、泣きそうなくらい緊張して嫌だったそうです。

ただ、性格は暗くはなく、周りに友達もいる方で、人を嫌いにならない性格だったことが唯一の救いでした。

ホストが連絡を取れるキャパは20人〜30人

ホストが興味を持って接せられる人数を20人、出来るホストで30人と言っている渋谷奈槻。ホスト自身に興味を持ってもらえる接客を保持するには、人数の限界があるそうで、相思相愛を結ぶために常に20人くらいを大切にしています。

新しく5人増えたら、前からのお客さん20人の内5人を選び、次の日に呼べなかったら消去し、調節をしていきます。そうでなければ頭が回らず、戦略的に売っていくのが出来なくなるのです。

1000万円使うお客さんでも太客じゃない!?

渋谷奈槻は1000万円使うお客さんでも中の下だと思っています。なぜなら、歌舞伎町は日本一の繁華街なので、明日は1億、2億、3億、4億円持ってくるお客さんがいるかもしれないと考えているそうです。

そう思い込むことでモチベーションを保ち、常に進化していくのです。

ホストが大好きで「ひまつぶし」のようなものだが謙虚さは忘れない

今はNO.1慣れしすぎてなんの嬉しさもないから、ひまつぶしでホストをやっていると言っています。でも単純にホストが好きだからいつまでもやっていきたいそうです。

人に優劣つけたくなく、自分だけがすごいわけでは無いと思い、上にいっても常に謙虚さを大切にしています。

ホストのサイトを1日3回以上はチェック


出典:冬月グループ

基本的にホストのサイトを1日3回以上はチェックをするそうです。ホストに少しでも関連しているサイトは全部チェックしているので、他店の幹部や、下の子、かっこいい新人など、注目されるホストは全員把握しています。

自分が一番ホストに興味があってホストが好きだと断言しているのです。

役職にこだわらない・プレイヤーにこだわる


出典:冬月グループ

ホストが好きで、ホストしかやりたくないので今でもプレイヤーにこだわっていいる渋谷奈槻。店舗プロデューサーをやって、プレイヤーもすると普通なら疲れてしまいます。

しかし、渋谷奈槻の中では役職はおまけなのです。自分のスタイルを確立し、役職に囚われない信念があるのは流石カリスマホストです。

歌舞伎町で一番喋れる・面白いホストだと自負


出典:冬月グループ

渋谷奈槻は喋りや、接客、エンターテイメントに関して自分が一番、歌舞伎町で喋れて、面白いと思っていると発言しています。

根本にある接客術や人柄や気持ちを大切にしているので、それさえあれば、見た目を頑張らなくても売れると考えています。

2016年にTwitterで暴走したことが話題に

2016年渋谷奈槻は日頃の仕事の不満やストレスが爆発し、ツイッターで突然、暴走発言をツイートし、歌舞伎町を騒がせたことが話題となりました。

一時期はその暴走でツイッターを利用していなかった時期もあったんだとか。

渋谷奈槻の公式SNSはあるの?

記事のインタビューなどで、度々特集されている、しぶなつこと渋谷奈槻ですが、公式SNSは現在あるのか調べてみました。

『しぶなつ』名義でツイッター運営中!

インスタグラムは調査したところ確認できませんでしたが、ツイッターは『しぶなつ』『@shibu_natsu』で現在も運営中でした。

更新頻度はやや高めで面白い内容がたくさん詰まっています。フォロワーはなんと脅威区の3万人超え!ぜひチェックしてみてください。

まとめ

ホストとして常にトップをキープし、プロデューサーとしても活躍している渋谷奈槻はいかがでしたか?

現在公式SNSが無いため、日常の写真はなかなか見ることは出来ませんがどんな人か気になる方はぜひお店に直接会いにいってみてくださいね。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark