【お母さんでも働きやすい仕事】シングルマザーがキャバクラで働くメリットは?注意点も徹底解説!

最近はシングルマザーがキャバ嬢として働くケースも増えています。実はキャバクラは、シングルマザーにとっても働きやすく好都合な場所なんです。

今回はシングルマザーがキャバクラで働くメリットや注意点をくわしく解説。「シンママでもキャバ嬢としてやっていけるか不安…」という人は必見です!

シングルマザーがキャバクラで働くケースは多い!

最近では、シングルマザーがキャバ嬢として働くケースがとても増えています。

なぜならば、キャバクラはワンオペ育児が必須なシングルマザーにとって、とても理想的な場所だからです。

シングルマザーがキャバクラで働く理由

女性がひとりで子供を育てながら生活していくのは、想像以上に大変なことです。

養育費や生活費を援助してくれる人がいるなら話は別ですが、子供がまだ小さいうちは長時間働くこともできませんし、できることなら子供の成長もそばで見守りたいですよね。

ひとりで家計・育児全般を支えるシングルマザーにとって、高時給&短時間勤務でOKなキャバクラはまさに救世主的な存在です。

ひと昔前のような水商売に対する周りの偏見もなく敷居が低くなってきたというのも、シングルマザーがキャバ嬢という職業を選ぶ理由です。

シングルマザーが働きやすいキャバクラは?

最近では「シングルマザーOK」や24時間営業の託児所を紹介してくれたり、シッターさんつきのキャバクラも増えてきました。

シングルマザーがキャバクラで働く時は、シングルマザーに協力的な制度のあるお店を選ぶことがポイントです。

なぜキャバクラがシングルマザーに寛容なのかというと、若いバイト感覚のキャバ嬢よりも仕事に対する心構えが真剣なことと、仕事をすぐに辞める確率が低いから。

お店にとってもシングルマザーにとっても、まさにwin-winな関係なんですね。

シングルマザーがキャバクラで働くメリット

「シングルマザーだけど、キャバクラで働いていけるのか、ちゃんと子供を育てられるのか不安…」という人も多いでしょう。

キャバクラには、シングルマザーに嬉しいこんなメリットがありました。

時給が高い

キャバクラの時給は2,500〜4,000円が相場です。短時間で多くのお金を稼げるということが、シングルマザーにとっては最大の魅力でしょう。

さらにキャバクラには成果報酬として売り上げや同伴に応じたバックがあるので、時給以上に報酬をもらうことができます。

通常のパートなら時給1,000円くらいがやっと。同じ時間働いて通常パートの2〜4倍稼げるのがキャバクラの強みです。

日払いができる

子供の病院代や保育料など、ひとりで子供を育てるシングルマザーは、急な出費を迫られることも多いはず。

一般の企業やパート勤めなら「お給料日までまだまだあるのにどうしよう」という時もありますよね。

キャバクラは基本的に5,000〜10,000円の日払いもOK。急な出費ができても安心なんです。

学歴や職歴は関係ない

一般的に会社で働く場合は、学歴や職歴がある程度必要です。それによって合否を左右されるといっても過言ではないでしょう。

いっぽう学歴や職歴、スキルなどが一切不要なのがキャバクラの世界。やる気さえあれば誰でも働くことができます。もちろん中卒だって高卒だってOK!

結婚していた頃は専業主婦だったので職歴もない、という人でも働きやすいです。

すぐに働くことができる

採用されれば、その日からでもすぐに働くことができるのがキャバクラのメリットです。

しかも体験入店だけでもお金をもらえるお店もあるので、とりあえずでも行ってみる価値はありかも。

シフトの融通がきく

特に小さな子供を抱えているお母さんにとって不安なのは、子供の熱や病気。子供の体調不良ばかりはどうすることもできませんよね。

特にシングルマザーであれば、子供の看病のために仕事を休まざるを得ません。

その点、一般的な会社に比べキャバクラはシフトの融通がききやすく、出勤日数なども調整しやすいのが特徴。急な休みも対応可能な場合もあります。

子供と過ごせる時間が増える

シングルマザーでも、子供と一緒に過ごす時間を増やしたい!子供の成長を見守りたいと思うのが親心ですよね。

とはいえ、ひとりで仕事と育児を一手に引き受けるシングルマザーにとって、時間の余裕を見つけ出すのはひと苦労。

でもキャバクラなら、夜勤勤務が一般的なので子供がスヤスヤ寝ている時間にひと稼ぎ!昼間は子供との時間を思う存分満喫できます。

綺麗でいられる

つねにキレイにしていられるのも、キャバ嬢の特権です。シングルマザーだからといっておしゃれを諦めるのはもったいない。

普段は着ることの出来ないキレイなドレスやジュエリーを身につけられることが、ストレス発散になるというシングルマザーもいますよ!

いつもキレイにしているママを見るのが、子供も大好きなはず!自信を持ってキャバ嬢として働きましょう。

シングルマザーがキャバクラで働く時の注意点

なにかとシングルマザーにとってメリットの多いキャバ嬢の仕事ですが、注意点もいくつかあります。

最初に知っておくことで、シングルマザーがキャバ嬢として働くときに起きがちなトラブルも事前に回避できますよ。

子供の預け先は慎重に選ぶ

キャバクラはもちろん、シングルマザーが働いて小さな子供を養っていくためには、どうしても子供の預け先の確保が不可欠です。

自分の親や兄弟・姉妹が見てくれるという人は良いですが、自分ひとりで子供の面倒を見ている人は、預け先を慎重に選ぶ必要があります。

最近では託児所を完備しているキャバクラもあるようなので、そのような制度を利用するのもありです。

ですが一番大切なのは子供の気持ち。子供が安心して居られる預け先を探してあげましょう。

体調管理に注意する

最初のうちは平気でも、昼は子育て、夜はキャバ嬢の生活を続けていくうちに、だんだんと体力がなくなってきたり、睡眠時間が削られてストレスを感じることがあります。

母親が体調不良では働くこともできませんし、子供の面倒も見れなくなってしまい元も子もありません。

日頃からしっかり睡眠時間を確保したり、栄養バランスの良い食事を摂るなどシングルマザーだからこそ、体調管理には人一倍気をつけましょう。

ドレスやオシャレの出費を考える

美容やオシャレに気を使うのは、ある意味キャバ嬢の仕事のひとつでもあり不可欠なこと。出勤用のドレスだって数着は着回し用に揃えておきたいですよね。

とはいえ、あまりにも美容やドレス、ジュエリー、靴などにお金をかけすぎていては、ダイレクトに家計に影響してしまいますよ。

お店で貸してくれるレンタルドレスや靴を利用したりしながら、切り詰められるところはきっちりと切り詰めていきましょう!

カミングアウトする人は慎重に選ぶ

ひと昔前のようなシンママキャバ嬢への偏見も、最近ではほぼなくなりつつあります。キャバ嬢になる敷居が下がってきたこともあり、シングルマザーにとっては良い傾向。

とはいえまだまだお客さんのなかには、古くさーい思考の人も多く、シンママキャバ嬢は受け入れられないという、変なこだわりのある男性がいるのも事実です。

シングルマザーであることをお客さんにカミングアウトする時は、信頼のおける人物かしっかりと見極めたうえで、告白するようにしましょう。

まとめ

ピーク時に比べると、緩やかに減少傾向にある離婚率ではありますが、まだまだ若い世代の離婚率は多く、自立して生きるシングルマザーも数多くいます。

そんな子供を抱えるシングルマザーが、経済的安定を得て子供との時間もたくさん持てる職業は、はっきりいってキャバ嬢がダントツ有利!

シングルマザーに優しいお店を選べば、育児をしながら自分の都合に合わせて働くことも可能です。まずは最初の1歩を踏み出してみてはいかがですか。

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

関連記事

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-45-8 アビテビル5F

TRIGGER

TRIGGER

千葉県千葉市中央区栄町22-13 MIYABIビル3F

5
ZERO

ZERO

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル2F

DeZon

DeZon

東京都新宿区歌舞伎町1-9-5三経61ビル3F

TOP DANDY I-OS

TOP DANDY I-OS

東京都新宿区歌舞伎町2-35-5 リゾンビル6F

TOP DANDY vivid

TOP DANDY vivid

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル4F

TOP DANDY -1st-

TOP DANDY -1st-

東京都新宿区歌舞伎町2-28-2 東松ビル5F

FANCY

FANCY

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル8F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索

horeruline