【体入荒らしとは?】キャバクラの体入荒らしがダメな理由、荒らしと間違われてしまうパターンを紹介

キャバ嬢としてお店で本格的に働く前に、お試しで1日だけ職場体験することができるのが「体入(体験入店)」です。

しかし、中には体験入店を悪用した「体入荒らし」と呼ばれる迷惑行為をする人も。

キャバ嬢にとってお店選びの基本となる体験入店は大切なもの。「体入荒らし」と間違われないように注意点をご紹介いたします。

キャバクラの「体入荒らし」は大迷惑!

キャバ嬢のお店選びには必須の体験入店ですが、度が過ぎれば「体入荒らし」と間違えられてしまうことも⁉

そもそも「体入荒らし」とはなんでしょうか?

体入荒らし/体験入店荒らしとは?

通常、キャバ嬢は働く候補のお店を複数選び、体験入店をし、自分が一番合っているお店に入店します。その日のうちに日払いでお給料ももらえるのでうれしいですよね。

しかし、「体入荒らし」は入店する気がないのにも関わらず、あちこちのお店で体験入店を繰り返す行為のことを言います。

体入荒らしがダメと言われる理由

「体入荒らし」をする理由は、多くがお金目的。体験入店は1万円前後のお給料がもらえます。1日体験入店するだけで、全額日払いで約1万円という高額なお給料がもらえてしまうのだから、金欠の人にはおいしいシステムですよね。

ピンチの時のお小遣い稼ぎの他、通常のキャバクラ勤務よりも時給が高い、ノルマを気にせず気軽に働きたい、などの理由で体験入店を繰り返す行為は、「体入荒らし」としてどの店舗から嫌がられています。

体験入店とはお店に入店してもらうため、お店のことを知ってもらうためのシステムなので、「体入荒らし」はお店にとっては迷惑以外の何物でもないのです。

ただの冷やかしなので意味がない

お店としては働いてもらうための体験入店なのに、入店する気もないというのはただの冷やかしと変わりません。

言ってみれば、通販サイトで何度も返品・交換を繰り返すようなもの。手間暇やコストがかかっているのに無駄になってしまいます。

お店側としても入店してくれるものだと期待しているのに、最初から裏切られているようなものですよね。

お店側の時間やスタッフの手間・労力が無駄になる

体験入店は実際にヘルプとしてお客さんの相手をしてもらうため、お店によっては元々出勤予定だったキャバ嬢のシフトを減らすところもあります。

本来のキャストが出勤できず、面接の時間や説明するための書類・準備、体験入店の女の子を指導するキャバ嬢の労力も全て無駄に。

また、人気店であれば複数のキャバ嬢が体験入店を希望します。しかし、一日の受け入れ人数にも限界があるので、本当に入店を希望している女の子の機会を奪うことにもなってしまうのです。

接客も雑なのでお客さんにも迷惑

そして「体入荒らし」の場合、最初から入店する気がないのでお客さんの対応も雑。

もう二度と会うことはない相手なので、適当な接客をしてしまいます。そしてその気持ちはお客さんにも伝わってしまうもの。

結果的に、お客さんにとってお店のイメージが悪くなってしまいます。「こんな店もう来ない!」となってしまえば、お店の評判・売上にも影響してしまうのです。

体入荒らしのメリット・デメリット

「体入荒らし」はお店にとってはデメリットしかありません。

しかし、「体入荒らし」をする側にとってはメリットばかりかといえば、そうでもないのです。

メリット

「体入荒らし」をする側にとっては、気楽でメリットが多いもの。

ノルマがない

本入店したキャバ嬢には、同伴や指名などノルマが課せられるお店も多いです。

多くのキャバ嬢はノルマを達成するために毎月営業活動を続け、ノルマに悩んでストレスを貯めてしまう女の子もいます。

しかし、体験入店は1日だけなのでノルマはありません。ノルマのプレッシャーもなく気軽な1日体験でお金がもらえてしまいます。

その日のうちに全額日払いでもらえる

本入店の場合は、給料日が決まっています。

体験入店は、その日の最後にお給料が全額現金手渡しでもらえてしまいます。

お金に困っている人にとっては手軽に高額なお金が手に入るので、これが理由で体入荒らしを繰り返してしまうのでしょう。

デメリット

体入荒らしをする側にとって、お得なことばかりかといえば、実はそうではありません。段々自分の首を絞めていくことになるんですよ~。

体入荒らしではガッツリ稼げない

体験入店というものは、基本1つの店舗で1回しかできません。

なので、体験入店を繰り返していると段々行けるお店もなくなっていくことは当然ですよね。

何度も体験入店を希望する女の子は、お店側も「体入荒らしか?」と疑うものです。

お店同士で荒らしの情報を共有していることも

キャバクラはグループ経営のところもあります。

同じグループ内で情報共有していることもあり、いくつも体験入店していると、「この子は体入荒らしの可能性がある」とマークされているかもしれません。

また、水商売業界は広くて狭いもの。どのお店も体入荒らしの被害は避けたいところです。同じグループでなくても、近隣のお店であれば横のつながりがある可能性もあります。

体入荒らしと間違われてしまう発言・態度のパターン

本気でキャバ嬢として働く気はあるけれど、「いまいちしっくりこない」といくつも体験入店を続けている女の子もいますよね。

体入荒らしと間違えられないように、以下のことを気を付けましょう。

面接時の注意点

お店側もいろんな女の子を見ているので、体入荒らしかどうかを、面接の時点で見抜くこともあります。

面接時の服装・態度で、そのお店で働く上でやる気が感じられるかで、面接官の印象も変わります。

そんな気はないのに、体入荒らしと疑われて面接落ちにならないよう、ここでNG行為をおさらいしておきましょう。

面接時の服装・メイクにやる気が感じられない

面接時にやる気満々のキャバドレスで突撃する必要はありませんが、ノーメイクだったり、Tシャツ&ジーパンやジャージなどのラフすぎるファッションはNG。

最初からやる気がないか、ファッションセンスがないと思われても当然です。

キャバ嬢は美意識の高さも必要。自分の魅力を引き立てるメイクと服装で挑みましょう。

お店のシステムに関する説明を聞いていない

面接時は実際に働くときのお給料のシステムやシフトについての説明があります。

体入荒らしの場合は入店する気がないため、この説明は聞く気がないはず。

お店側としては入店後のトラブルにならないための説明です。聞く気がなさそうな態度であれば、「入店する気がないのかな?」「お客さんにもこんな態度なのかな」と疑われ、体験入店までたどり着かない可能性があります。

愛想がない

キャバ嬢の仕事はお客さんが気持ちよく楽しんで、次も来店してもらうようにすること。接客時に愛想がなければお客さんも楽しんでくれません。

面接時にあまりにも愛想がなかったり、話の途中で不機嫌そうな雰囲気になる女の子は、お店側も「体験入店目当てかな?」と疑います。

面接では、お客さんに失礼のない接客で売上を立てることができるかどうかも見ています。愛想良く挑みましょう。

体験入店時の注意点

上記のポイントを押さえて面接をクリアしたら、いよいよ体験入店!

しかし体験入店での態度が悪いと、「体入荒らしだ!」と思われて、最悪の場合他のお店で体験入店が出来なくなる可能性も…。

体入荒らしと疑われてしまう行動の具体例をご紹介します。

接客態度が悪い

体入荒らしの場合、お客さんは二度と会うことはなく、どう思われてもかまいません。

「適当に時間まで座っていればいい」という感覚になるため、接客態度も雑になります。

指導につく先輩キャバ嬢や、お店全体の流れにも全く興味を持っていない場合、やる気が感じられない=体入荒らしではないかと疑われます。

キャストへの対応も悪い

ヘルプは先輩キャバ嬢の接客から学ぶ場でもありますが、お客さんが気持ちよく過ごせるようサポートする大切な役割でもあります。店のスタッフとして協力体制が必要なのです。

ボーイや他のキャバ嬢への挨拶も適当だったり、サポートする気が感じられない、そんな印象の女の子は体入荒らしを疑われるか、店への適正がないと断られてしまいます。

イベント時は、キャバ嬢と従業員一丸となって盛り上げ、売上を狙うもの。お店のスタッフと協力体制が築けない人材は一緒に働きたくないですよね。

日払いの給料をもらったらすぐに帰ってしまう

体験入店のお給料は、勤務終了後その日のうちに現金で全額支給されます。

体入荒らしの場合は、このお金が目当てなので、受け取ったらさっさと帰ってしまいます。

本気でそのお店に興味があるのであれば、やる気を見せるためにも、疑問点の質問や挨拶をしっかりしておきましょう。

まとめ

体入荒らしの特徴、間違われないようにするポイントをご紹介しました。

これからキャバ嬢として働きたい人も、現役キャバ嬢でお店を変えたいと思っている人にとっても、体験入店は欠かせないもの。

接客業は人と人との仕事です。体入荒らしと間違われないように、誠実さをもって対応しましょうね。

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-29-8トヨタケビル5F

TRIGGER

TRIGGER

千葉県千葉市中央区栄町22-13 MIYABIビル3F

5
ZERO

ZERO

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル2F

DeZon

DeZon

東京都新宿区歌舞伎町1-9-5三経61ビル3F

TOP DANDY I-OS

TOP DANDY I-OS

東京都新宿区歌舞伎町2-35-5 リゾンビル6F

TOP DANDY vivid

TOP DANDY vivid

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル4F

TOP DANDY -1st-

TOP DANDY -1st-

東京都新宿区歌舞伎町2-28-2 東松ビル5F

FANCY

FANCY

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル8F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索

horeruline