ホストが怖いと思われている理由と怖いホストの見分け方を解説【安全に楽しもう】

ホストクラブになんとなく怖いイメージを持っている人は多いと思います。実際、芸能人が大金をつぎ込んで破滅した話もニュースになりました。しかし、正しい知識を持っていればホストクラブは安全に楽しめます。

そこでこの記事では、実際にハマってしまった場合にどんな状況に陥るのかについてと、怖いホストの特徴や見分け方をまとめました。ぜひ参考にしてください。

怖いホストの特徴・見分け方

怖いホストにはどんなタイプがいるのでしょうか?怒鳴ったり、暴力を振るうような怖いホストもほんの一部はいますが、多いのは甘い言葉で巧みに女性を踊らせてお金をたくさん使わせてくるホストでしょう。

ハマっている最中は自分ではおかしいことに気がつかず、友達の苦言もうるさく感じて孤立してしまうこともよくあります。どんなことを言われたら危ない状態なのか解説します。

オラオラ系の営業


上から目線で客を客とも思わない態度、そんなオラオラ系にハマってしまう女性がいるのはなぜでしょう?はっきり言って不細工なホストにそれをやられたら二度と来るもんかと思います。オラオラ系が通用するのは文句なしにかっこいいイケメンホストだからこそでしょう。

週に何回お店に行くのかまで命令してくる場合は要注意です。自分にだけ偉そうな態度だったら、自分が特別だと思えて嬉しくなってしまう女性は少なからずいます。

特別だと思わせながらも、偉そうな態度を取り続け、お前なんていつでも切れる女だと言われたら、女性はムキになってなんとしてでもしがみつこうとします。

「風俗で稼いでこい」と言う


自分の懐具合以上にお金を使ってしまい「これ以上は通えない」と相談した時に風俗で稼いでくるように言われることがあります。オラオラ営業で命令をされることもあれば、色恋営業で「おれ、風俗とかやってる女の子とか全然気にしないから、なんなら紹介してあげようか?」と親身になる振りをして誘う場合もあります。

ズッポリとはまり込んでいる子は「せっかく彼が紹介してくれたから」とか「ここでなんとか稼がないと彼が困るから」などと自分に言い聞かせて風俗に身をやつしてしまいます。ここまでくると、ますますホストにのみ依存してしまうようになります。

売掛(ツケ)でお酒を入れるのを辞めた方が良い理由

俗に「ツケ」と言われるのが売掛け金です。芸能人も掛けを使い過ぎて、水商売やAVに身を落としてしまうことがあります。「ツケ」は基本的にやめた方が良いのですがその理由を解説していきます。

売掛(ツケ)制度からは逃げられるのか

ツケとはホストにお酒代を立て替えてもらうことですし、酔っ払って記憶が曖昧なまま「ツケ」で済ませた場合、実際に使った額に上乗せして請求されてもわからなかったりする場合があります。高いと伝えてものらりくらりとかわされてしまう事もあります。

売掛は借金なのでほぼ逃げられない

ツケは、多くの場合お店ではなくホスト個人が立て替えたことになります。万が一、女性客が支払わなかったらホストの給料から差し引かれてしまいます。そこで、ホスト個人も必死に取り立てようとします。自分が支払えないことによって、担当ホストも損失を負うことになります。

また、一度ツケの味を知ってしまうと、女性側もそれに引きずられてしまうことがあります。必死の思いでお金を集めて支払いにお店を訪ねたら、そこでまた煽られてしまい、新たなツケを追うことになるということもよくあります。キャバ嬢など水商売の女性がこの罠に陥りやすいタイプです。

ホストが怖いと感じるお客さんの特徴

逆に、女性客がのめり込みすぎてホストに恐怖を抱かせるケースもあります。そんなケースについてもご紹介します。

ストーカーをする


妄想を募らせてストーカーに変化してしまう女性客、ホスト経験が長くなると多かれ少なかれみんな体験しているというくらい良くいます。

自宅を突き止めて押しかけてくる、クラブの前で待ち伏せして彼が担当している他の女性客をつかまえて、「人の彼氏に手を出さないで」と嫌がれせをするなどストーカーエピソードはいろいろあります。思いつめたら怖いのはむしろ女性のほうかもしれません。

SNSを監視する


最近はホストもSNSを良く使いますが、ストーカー化した女性客がSNSをマークしてホストの行動を監視することもあります。「あの日、アフターに誘ったら断ったくせに、飲みに行ってたよね?誰と行ったの」と詰め寄られるなんて日常茶飯事です。

最近は画像検索ができるようになったため、プライベートのSNSが見つけられてしまうことも。映画を見に行った、旅行に行ったというような書き込みに、いちいち彼女気取りで「なんで誘ってくれなかったの?今度は一緒に行こうね」などとコメントをつけられることもあります。

タバコの吸い殻や髪の毛を持ち帰る


アイドル並みにホストを崇めるタイプの女性客もいます。ホストが吸ったタバコの吸い殻を「ちょうだい」と言って持ち帰ったり、椅子に落ちた抜け毛を拾ってティッシュに包んでバッグにしまい込んだり。くる途中で爪切りを買ってきて、目の前で爪を切らせてその爪を持ち帰ったなどなど、他人事ながらゾッとしてしまいます。

時には命が危険に晒されることもある


あまりに迷惑な女性客はホストから冷たく扱われるようになります。騒ぎを起こしてお店自体出入り禁止になることも。ホストにハマるタイプの女性は多かれ少なかれメンヘラ要素を持っています。もう二度と来るなと切った女性客が店の外で包丁を隠し持っていて、あやうく刺されるところだったと言う話もあります。ホストをやめた原因として、あまりに怖い女性客に出会って恐怖を感じたからとあげている人も結構多いのです。

怖いホストの実例

怖いホストに当たると、どうなってしまうのでしょうか・実際にハマった女性がどんな状況に陥るのかを順に解説します。

頭のいい人でもハマってしまう【ホスト歴半年 29歳 大手広告代理店女性】

ホストにハマるなんて一部の依存体質の女性だけなんでも、自分に自信がある頭がいいタイプの女性だからこそハマってしまう手口もあります。

ホスト歴半年 大手広告代理店女性(29歳)の場合


最初のうちは、頑張って高いお酒を入れようとしても「OLさんなんだから無理しないで」と止められます。でも、ある日ふと「今月あと◯◯万でナンバーに入れそうなんだけど、厳しいかな」などとこぼされ、つい無理して高いボトルを入れてしまいます。

それから、少しずつ「お店に来て」・「シャンパン入れて欲しい」と要求が増えていきました。
いつも仲良く飲んでくれるから、頼られると無理をしてでも叶えてあげたくなります。また、大金をつぎ込み始めると今更止められないとムキになってしまいました。

ハマったら抜けられない

ホストにハマってしまう女性には、忘れたい日常がある、孤独感が強い、お金を使うことでしか満足感を得られないなど問題を抱えている人が多くいます。
ホストは女性を夢の世界に誘うプロです。女性と擬似恋愛をして、お金を多く落としてもらって成り立っています。なんとか自分に依存して、会わずにはいられなくなるような手管を使ってきます。最初はお金なんてどうでもいいから会いに来てと相手の心をくすぐることから始まります。

ホスト歴1年 地方出身大学生(20歳)の場合


大学進学のために地方から出てきたので、都会のギラギラした世界に憧れていました。サークルの友人と飲み会の後のノリでホストクラブに初めて行ったのですが、付いてくれたホストの人がとてもタイプで優しくて、電話をマメにしてくれるので気づいたらその人に会うためにホストへ通い詰めるようになっていました。

相手が本気じゃないのはわかっているのですが、いつも私のことを本当の彼女のように扱ってくれるのでどうしても辞めることができません。ホストクラブで使う金額は決して安くは無いので今は週に3回風俗店で勤務をして、そこで稼いだお金を使ってホストクラブに通い詰めています。

気づいたら沢山のお金を使っている

女性がお金を使わされているという気持ちにならないよう、最初のうちは堂々とねだったりはしません。「自分は叶えたい夢があるから今だけホストをやってお金貯めているんだ」などと話して、わざとデートする時は安物の服できたりします。女性の方から「私がなんとかしてあげなくちゃ」と思わせるのが手です。お金を出させたではなく、私が使いたいから出してあげてるのという真理に持ち込みます。

ホスト歴3年 旦那持ちの主婦(38歳)の場合


私は専業主婦ですが、旦那との生活に刺激を感じなくなってしまったのがきっかけでホストクラブに通い始めました。ある時、いつも指名をしているホストから「叶えたい夢があるから今だけホストをやってお金を貯めている」という話を聞いて「私がなんとかしてあげなくちゃ」と思うようになりました。本格的にホストクラブに通い始める前は貯金が合計で500万円弱あったのですが、今は全て使い切ってしまいカードのリボ払いをする日々です。

まとめ

色々と怖い事例をご紹介してきましたが、風営法も厳しくなった昨今、ちゃんと営業許可を取っているお店はお客に無理をさせないようなルールを取り入れているところが大半です。酔っ払ってしまった自分が心配な人はお財布に使える額だけ入れていき、あらかじめ内勤「今日はこれまでしか使えません」と伝えておくのが安心です。

安全なお店で健全に楽しく遊ぶよう心がけましょう。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark