ホストのメール営業ってどんなもの?メールの頻度と内容【ホスト流メールテクニックとは?】

初めて訪れたホストクラブでは、ホストからメールアドレスの記載された名刺を必ず手渡され、直接アドレス交換やLINE交換が行われます。そして、その後は必ず“営業メール”がこまめに送られてきます。

今回の記事では、ホストから送られてくる営業メールの内容についてご紹介していきますので、今後ホストとメールのやり取りをするときの参考にしてみてください。

ホストはメール営業が当たり前!?

ホストには仕事に関する接客・営業マニュアルが用意されており、その中にはメール営業についてもしっかりマニュアルが存在します。

つまりホストにとって営業メールは仕事の一貫なので、お客様とアドレス交換するのは基本であり、こまめにメール営業を行うのが当たり前なんです。

営業メールの目的はお店に来てもらうため


ホストが営業メールを送ってくる目的は、またお店に来てもらうためです。基本的には、お客様に個人的な好意があって送っているわけではありません。

ホストという仕事をご存知ない方は、こまめに送られてくるホストのメールに「もしかして彼は私に気があるのかな? 」と勘違いしてしまうやすいので注意しておきましょう。

ホストのメール営業の頻度

ホストの営業メールは1日の間でどの時間帯やどれくらいの頻度で送られてくるのでしょうか。ここでは、ホストのメール営業の頻度についてご紹介していきます。

毎日メールをするのは基本


男性の多くは文章を考えたりするのが苦手なことが多く、たとえ彼女であろうと気になる女性であろうと、こまめにメールを送ることはしません。

しかしホストは仕事とはいえ毎日こまめにメールを送ってきてくれるので、「ホストから大事にされているんだな」と嬉しい気持ちにもなりがちです。

相手の生活リズムに合わせて時間帯を調節する


ホストは夜の仕事ですから、一般の人とは生活リズムが異なっています。ですから、「ホストの営業メールは夜に送られてくる」と思ってしまいそうですが、決して夜ばかりではありません。

ホストに生活リズムがあるように、お客様にも生活リズムがあることをきちんとわきまえています。

お客様の生活リズムに合わせて都合の良さそうな時間を狙って営業メールを送ってくれるというちょっとした気遣いも、ホストならではです。

ホストのメール営業の内容

さて、肝心の営業メールの内容は一体どのようなことが書かれているのでしょう? ここではホストがお客様へ送る営業メールの一例をご紹介していきます。

メッセージにお客様の名前を入れる


メールのメッセージにはお客様の名前を必ず入れることが基本なようです。

例えば、「○○ちゃんおはよう! 」「○○ちゃんこの間はありがとう〜! めっちゃ楽しかったよ〜」という風に、さり気なく名前で呼んでくれています。

女性からすると男性から名前で呼ばれることに親しみを覚えやすいので、名前で呼んでくれるホストに次第と心を開いてしまいやすいのではないでしょうか。

以前にした会話の内容を入れて「覚えてるよ」アピール


女性は何気ない会話を覚えてくれている男性に好感を持ちやすいです。それを知っているので、ホストは営業メールの中で「覚えているよ」アピールをしてくることがあります。

例えばあなたが飼っているペットの名前や好きな趣味のこと、普通なら聞き流してしまいそうな小さなことでもホストは覚えてくれていたりします。ホストからのメールを読むと、「ああ、彼はちゃんと私のことを見てくれているんだな」とうれしく思うはずです。

意外と普通の日常会話をする


営業メールの目的はお店に来てもらうことですが、毎回そんな話題を仕掛けてくるわけではありません。お店に来てほしいという内容よりも、友達同士のような意外と普通の日常の話題が中心だったりするようです。

例えば「休みの日に○○行ってきた」「髪の毛を切った」など、ホストの日常をイメージさせるメールも届いたりします。中には写メつきで送ってくることもあるので、ホストの普段見れない日常の姿にほっこりするのではないでしょうか。

相手の日常を垣間見れると、次第に興味が湧いてきたり、もっと相手のことを知りたい! と思えてくるでしょう。

仕事の悩み相談をされることも


メールをやり取りしていると、時々ホストから仕事の悩みや相談や愚痴をこぼしてくることもあるようです。

自分の抱えている悩みや愚痴って、あまり心を開いていない人には教えられないですよね。しかし、悩みや愚痴を言ってくるということは、ホストはあなたに対してかなり心を開いている証拠。

男性から頼られるのって意外とうれしいですし、そうなると「なにかチカラになってあげたい」と母性をくすぐられることもあります。

色恋営業の場合甘い言葉をかけてくるかも


ホストはお客様と恋人のような関係を築くために「色恋営業」というのを仕掛けてくることがあります。

ホストから色恋営業をされているお客様は、営業メールの中で恋愛がスタートしそうな展開に運ぼうとすることがあるますが、あまりその言葉を真に受けてはダメです。

その言葉を信じてしまうとホストと疑似恋愛を送ることになり、頻繁にお店に呼ばれてしまうことになるので注意しておきましょう。

ホストが使う決め台詞

ここでは、ホスト流の営業メールテクニックとして使われる“決め台詞”についてご紹介してきます。以下のようなメールが送られてきたら、それはおそらくホストはあなたを落としに掛かっている証拠。

メールの内容を真に受けず冷静に判断しておきましょう。

「◯◯ちゃんだから話すんだよ」と特別感を演出


あなたは男性から「◯◯ちゃんだから」と言われたらどういう気持ちになるでしょうか? おそらく大半の女性は「私だけに」ということへの特別感を抱くはずです。

その女性心理を狙って、ホストは「◯◯ちゃんだから話すんだよ」「こんなこと◯◯ちゃんにしかしない」という風にメールを送ってくることがあります。

この文章だけでホストに落ちてしまう女性もいるので注意しておきましょう。

「好きになりそう」は育て・色恋営業?


ホストは色恋を仕掛けている女性に対して「好きになりそう」という言葉を使ってくることがあります。

「好きになりそう」ということは、今後次第で「好きになってくれる」ということ。ホストに好意を抱いている女性であれば、自分を好きになってもらうためにそのホストへ夢中になっていきます。

そこから本当に恋愛が始まればいいのですが、実際は仕事としての疑似恋愛なので望んだ関係になれることはほぼありません。

「今度2人で◯◯に行こう!」はそのまま同伴


ホストとメールをしていると、「今度2人で◯◯に行こう!」とデートに誘われることがあります。

お気に入りのホストとデートできることに舞い上がってしまうそうですが、実はこのデートの誘い、最終的にはお店に同伴させようとする魂胆があります。

実際にデート気分を味わえるのは確かですが、結局はお店に誘い込むためのエサに過ぎないのであまり喜びすぎないようにしましょう。

ホストのメール営業が嫌なときは…

ここまで読んでいただけると、ホストの営業メールというのがどういった内容と目的なのかが理解できたかと思います。

ホストは女性に夢を魅させる商売でもあるので一概にダメとは言えませんが、そうとは知らず騙されたと感じてしまう女性が多いのも事実です。

ではホストの営業メールが嫌なときはどう対処すればいいのか? ここではその対処法についてご紹介していきます。

お店に行けないことを伝える


何気ない日常会話をメールでやり取りするのが楽しい場合はそのままでもいいですが、もしもお店に誘ってくるような内容であれば、「お店に行けない」ということを強く伝えておきましょう。

ホストはお店に来てくれる見込みのある女性には積極的にメールを送ってきますから、お店に行く意思がないことを伝えるだけでメールの頻度は少なくなってきます。

どうしてもしつこい場合はブロックも


しかしホストの中には、一度や二度の誘いを断られた程度で引き下がらない人もいます。

そういう場合は、残念ですかブロックするしか方法はありません。ブロックしてしまうとホストにブロックしたことが悟られることもあるので印象が悪くなりますが、あなたが迷惑に感じているのであれば仕方のないこと。

可愛そうだと思わずに、思いきってブロックしてしまいましょう。ホストもブロックされたことに気づいたらそこで諦めてくれるはずです。

ホストにメール営業された時の心構え

最後は、ホストにメール営業された時の心構えについていくつかお伝えしておきます。

どんなに丁寧で優しくてもあくまで営業


ホストの営業メールはとてもこまめで、普通の男性ではあり得ない優しさを見せてくれるものです。

しかしその優しさの裏には、あなたをお店に誘いたい・呼びたいという狙いがあります。どんなに優しくされても、それは結局仕事としての優しさなので、その言葉の数々を真に受けてはいけません。

ホストが優しくしてくれるのは、“あくまでも営業”だから、という風に割り切ってメールを続けてください。

無理に返事をしなくても大丈夫


ホストからメールが届くと、「早く返信してあげなきゃ」と思ってしまい女性もいますが、無理して返信を急ぐ必要はありません。

礼儀をわきまえたホストは少々返信が遅くてもなにも気にしていません。早く返してあげたほうが喜ばれるのは間違いないですが、そのためにあなたが必死になって時間を作ったり文章を考える必要はないのです。

もっと楽な気持ちでホストとメールを続けてみましょう。

自分だけ特別だと思わないように注意


ホストはメールをする女性に特別感を与えようとしてきますが、これはれっきとして営業テクニックです。

その言葉を信じて「私は彼にとって特別な存在なんだ」と思ってはいけません。あなたと同じように特別感を感じている女性はおおぜいいます。

そういう気分を味わえて楽しい、程度に考えておくとホストとのメールも案外悪くないはずですよ。

ホストに本気にならないよう注意


最終的にホストのメールテクによって、あなたが本気で恋に落ちたら負けです。

誰かを好きになったり恋に落ちるのは自由ですが、ホストに恋をしてしまってもうまくいかないことが多いのは確かです。

それでも好きな男性のために尽くしたい、という女性であれば問題ないですが、最後にツラい思いをしてしまうのは本人だけなので、できることならホストに本気にならないほうがいいですよ。

まとめ

ホストとの営業メールも、割り切ってしまえばこれはこれで楽しいかと思います。

ただ、少しでもホストに興味があったり、すでに恋に落ちてしまっている場合は色恋営業を仕掛けられることもありますので十分注意しておきましょう。

ホストの営業メールは、営業だと感じさせないところがあるので「私の場合は例外」と思ってしまいがちですが、それもホストのテクニックなのであまり真に受けないことをおすすめしておきます。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark