ホストクラブの滞在時間はどれくらい?サービス別所要時間も紹介【短時間でも楽しむコツ】

ホストクラブで遊ぶときの滞在時間ってどれくらいかご存知でしょうか? もちろん個人によって滞在時間は変わってきますが、おおよその平均時間はあります。

ホストクラブをまだ一度も訪れたことがない人は料金も気になりますけど、「ホストクラブって1回で何時間くらい遊べるんだろう? 」と気になる人も多いはず。

そこで今回の記事では、ホストクラブでの平均的な滞在時間やサービス別所要時間についてもご紹介していきます。短時間でサクッと遊びたい人にも必見の内容になっていますよ!

ホストクラブの滞在時間の目安

では早速、ホストクラブでの滞在時間の目安について見ていきましょう。

また、これからご紹介する滞在時間はあくまでひとつの例に過ぎませんので、必ずしも長居したり所定の時間を過ごさないといけないわけではありませんよ。

21時〜ラストがゴールデンタイム


ホストクラブが一番の盛り上がりを見せる“ゴールデンタイム”は21時〜ラストの時間帯。

お店によって開店時間の都合からゴールデンタイムの時間は違いますが、目安としてこの時間帯に行けば大勢のお客さんとホストで賑わい、ホストクラブでしか味わえない独特な雰囲気を楽しむことができます。

短時間でホストクラブの良さを垣間見たいという人は、ホストクラブのゴールデンタイムの時間帯に行ってみましょう。お店の閉店時間は深夜0時頃なので、3時間程度にも関わらず非常に濃い時間を過ごすことができるはずです。

オープンからラストまで6時間程度いる人もいる

ホストクラブの開店時間は、大体18時〜深夜0時。つまり6時間ほどの営業時間となります。

ホストクラブに通う人の中にはオープンからラストまでずっと居る人もいるので、「どうせホストクラブに行くなら長い時間楽しみたい! 」という人はオープンからラストまでの6時間を存分に楽しんでみましょう。

ホストと長時間なにをして過ごすの?


ホストとの過ごし方はお客さんとホストの関係性によって違います。ホストと恋愛を楽しみたいお客さんであれば、ホストとずっとイチャイチャして過ごしてみたり、場合によっては恋人のようにキスしたりして甘い時間を送っています。

お酒が好きで、賑やかな雰囲気が好きなお客さんは、担当やヘルプと一緒にゲームやカラオケに興じたりと、さまざまな過ごし方ができます。

ホストもお客さんを飽きさせない趣向を凝らしてくれるので、気がつくと6時間なんてあっという間なんです。

初回は1〜2時間の時間制が多い


ほとんどのホストクラブでは「初回料金」という通常より格安で遊べるシステムが存在します。

通常の料金より安く遊べる反面、初回の場合は1〜2時間という“時間制”になっていることが多いので、「何時間も初回料金で遊べる」というわけにはいきません。

初回は、そのお店に在籍するホストをチェックしたり、お店の雰囲気を確かめるために使うのが目的なので、長時間遊ぶ方法として適していません。

初回で気に入ったお店を見つけたら、今度は通常料金で遊びに行ってみましょう。

ホストクラブのサービス別の所要時間

ホストクラブは席に座り、ホストとトークをしたりお酒を飲むだけではありません。シャンパンコールや開店前の同伴、閉店後のアフターなど、色々と楽しめる要素があります。

ここでは、ホストクラブのサービス別の所要時間についてご紹介していきます。

シャンパンコールは準備も含め20分程


誰でも一度は「シャンパンコール」という言葉を聞いたことがあると思います。ホストクラブではお馴染みのパフォーマンスですが、実はコレ、準備も含めると約20分くらいの時間が掛かります。

高価なボトルを注文すると、店内のホストたちからのシャンパンコールがプレゼントされるので、「もうすぐ帰らなくちゃ」というときに注文するのは避けておくべきですね。

時間がたっぷりあるときにシャンパンコールを楽しんでみてください。

同伴は2時間ほど外デートを楽しめる


ホストクラブでは、「外でもお気に入りのホストと会いたい」という女性客のニーズに応え、「同伴」というシステムが存在します。

同伴を利用することで、ホストと外デートを楽しむことができ、お店では味わえない楽しさがあります。ただし、同伴の場合デートが終わるとホストと一緒にお店へ一緒に出勤しないといけません。

また、同伴は約2時間程度(ホストによる)のデートになりますので、長時間デートをできるわけではありません。

食事やショッピングをして、短い時間ですがお気に入りのホストと恋人気分を味わってみてください。

アフターは数時間〜一晩が目安


アフターは同伴と違い、閉店後のデートになるので、ホスト次第では数時間〜一晩中、ホストと過ごすことができます。

アフターはお店の直接的な売上にならないので、アフターしてくれるかどうかはホスト次第ですが、アフターに成功するとかなり楽しめるのは間違いありません。

お互いその気になれば、夜のホテル街へ消えて行くこともしばしば。

アフターは長時間ホストと過ごすことができるので、休みの前日など時間を気にする必要がない日に誘うのがおすすめです。

短い時間でもホストクラブを楽しむコツ

さて、ここからは“短い時間でもホストクラブを楽しむコツ”についてご紹介したいと思います。

仕事が忙しく、あまりまとまった時間が取れない人でも楽しめるコツがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

担当のお客さんが少ないときが狙い目


遊びに行ったとき担当のお客さんが少ない、いわゆる“かぶり客”がいないときこそ短い時間で思いきり楽しめる時間帯です。

かぶり客が多いと、担当はあっちの卓へこっちの卓へとせわしなく移動することになるので、ゆっくり落ち着いて楽しめる雰囲気じゃありません。

しかしかぶり客がいないときは、担当ホストを独り占めすることができるので思う存分担当との素敵な時間を過ごすことができます。来店したときにかぶり客が少なければ高価なボトルをおろしてあげたりするなどして喜んでもらい、担当との濃い時間を過ごしてみてください。

イベントなど盛り上がっているときに行く


ホストクラブでは毎月なにかしらのイベントが開催されています。イベント時は普段の営業とは違い、たくさんのお金が飛び交う異次元空間。日常では絶対に体験できないシチュエーションになっているので、その場にいるだけで楽しめるのは間違いないです。

短時間だけでもかなり濃い時間を過ごすことができるので、忙しい人はホストクラブのイベントを狙って行ってみましょう。

ちなみにホストクラブのイベント情報はホストクラブ公式ホームページや情報サイトから確認することができますので、事前にチェックしておくと予定も立てやすいですよ。

初回なら色んなホストと話せる

上のほうでも触れた「初回」というシステムを利用すれば、短時間にも関わらず色んなホストと交流することができます。言ってしまえば、初回のメリットはここにあると言っても過言ではありません。

通常より安い料金に加え、色々なホストが入れ替わり接客してくれる高待遇なサービス。お気に入りのホストが見つかるまで、初回で色々なホストクラブを巡ってみるのもおもしろいと思いますよ。

「初回荒らし」には要注意


初回は料金も安く、短時間で遊ぶのに適していますが、初回だけを目的にホストクラブを練り歩くと、「初回荒らし」と認定されることもあるので注意しておきましょう。

ホストクラブにとって初回の目的は、新規のお客さんに自分たちのお店を格安で体験してもらい、今後通うかどうかを検討してもらうためにあります。

新規のお客さんを獲得するためにホストたちは丁寧な接客をしてくれるので、それに味をしめて初回だけを堪能し、もう二度と同じお店に行かない人がいます。ですがそれはお店にとって迷惑な行為なので、利用の仕方には注意しておきましょう。

お金に余裕があるなら長時間滞在もおすすめ

ホストクラブの料金は、遊び方によってはリーズナブルな金額に抑えることができますが、とことん遊ぶとなるとかなりの資金が必要です。

しかし、ホストクラブの醍醐味は、“たくさんのお金を使ってこそ味わえる”という部分もあります。お客さんがお金を使うことでホストの給料にも反映されるので、リッチなお客さんはホストにとても大事にされ、楽しみ方にも幅が広がるというもの。

ここからは、お金に余裕があるなら長時間滞在もおすすめな理由についてご紹介していきますので、お気に入りのホストが見つかったときはぜひ検討してみてください。

担当ホストと長い時間一緒に過ごせる


まず、長時間滞在することで、あなたの担当ホストと長い時間一緒に過ごすことができます。

ホストクラブに通う大半の女性は担当ホストに会いに行くのが目的なので、せっかく会うのであれば長時間一緒に過ごしたいですよね。

1時間2時間程度の短い時間で遊ぶのもいいですが、楽しい時間というのは一瞬で過ぎ去っていくもの。好きな担当と別れるのは非常に寂しくなるはずです。

担当と少しでも長く一緒にいたいときは、長時間滞在して素敵な時間を送ってみてください。

「太客」認定されるとサービスも良くなる?


ホストクラブで長時間に渡り居座るとなると、それに比例して料金もかさみます。お財布事情によっては厳しいかもしれませんが、それだけお金を使ってくれるお客さんは「太客」認定され、ホストからの待遇も良くなったりします。

お金を使わないとサービスが悪くなる、ということでもないですが、やはりホストにとってお金をたくさん使ってくれるお客さんのことは大事にしようと思うもの。

担当からチヤホヤされたり大事にされたい人は、長時間滞在することも検討してみはいかがでしょう。

ホストとイチャイチャして過ごせる


ホストと長時間一緒にいると、お酒のチカラもあり自然とイチャイチャする雰囲気になったりすることもあります。

来店した直後からすぐさまイチャイチャ……なんてことも関係性によってはできるかもしれませんが、長い時間一緒にいることでイチャイチャしやすい雰囲気に運べるものです。

担当とイチャイチャして過ごしたい人は、長時間滞在して“イイ雰囲気”に運んでみましょう。

ホストクラブに長時間いるときの注意点

ホストクラブで長時間遊ぶときには、注意しておきたいことがあります。さいごは長時間過ごすときの注意点についてご紹介しておきますので、遊びに行くときの参考にしてみてください。

時間ごとに席料が発生するクラブもあるので注意


ホストクラブによっては、時間ごとの席料(テーブルチャージ代)が掛かることがあり、1時間ごとに料金が加算されていくことがあります。

指名料や飲食代だけではなく、席料も計算に入れておかないと、お会計のときに「お金が足らない……」という不測の事態に陥ってしまうことがあるので注意しておきましょう。

長時間いるならその分お金も使うべき


長時間滞在するのであれば、それなりお金を使ってあげるほうがホストに喜ばれます。実際のところ、別にお金を使わなくとも長時間いることは可能ですが、ホストの本音としては「長時間いるならお金も使ってほしい」と思っていたりするものです。

というのも、ホストはお客さんが使ったお金の一部がバックされる仕組みなので、長時間いてもあまりお金を使ってくれないお客さんは売上になりません。

それくらいなら、短時間で毎月何度も通ってもらえるほうがホストとしてはありがたいようです。

まとめ

いかがでしたか? ホストクラブを利用する人の滞在時間は、オープンからラストまで6時間程度いる人や、21時〜ラストまでのゴールデンタイムなど、人によってさまざまです。

ホストクラブでは短時間だけ遊ぶことも可能ですし、たっぷり遊ぶたいときは最長で6時間ほど滞在することもできます。

あなたの予算や都合のいい時間帯に合わせて、ホストクラブで滞在する時間を決めてみましょう!

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark