ホスト用語「色カノ」とは?色カノと本カノの違いを徹底解説!【ホストの常識】

あなたはホスト用語の「色カノ」というのをご存知でしょうか? 色カノとは、恋愛関係になり、お店の中で恋人のように過ごす彼女のことを指します。

ホストは多様な形で女性客と付き合うもので、「色カノ」もその中のひとつ。

今回は、ホストの彼女とも言える「色カノ」について知っておきたいことについてと、「色カノ」と「本カノ」の違いについてもご紹介していきます。

ホスト用語「色カノ」とは?

ホストクラブでよく使われる「色カノ」とは、ホストがお客さんに対して恋愛感情を持っている素振りを見せたり、本当に付き合っているかのように接する営業スタイルです。

そこに本当の愛があるのかと問われると、おそらくほとんどのホストは特別な感情を持っていません。単に仕事として、営業の一貫として色カノを作るのです。

ホストは「色カノ」を作れないと仕事にならない?


ホストは女性に気に入られ指名をもらい続けないと稼ぐことができません。ホストが稼ぐ方法は色々ありますが、もっとも定番なのは「色カノ」を作り、色恋営業を行うことです。

女性客には彼氏のように振る舞って自分に会うためにお店に来てもらう。売上を特に伸ばしたいときに色カノを呼んでお酒を入れてもらう。

この方法がホストにとって一番確実で、そして時間や手数がかからないで利益を得ることから、色カノを作れないホストは仕事として成り立たないとさえ言われることがあります。

「色カノ」以外の営業スタイルは?

ホストには「色カノ」以外にも多様な営業スタイルがあることで有名です。ではホストの営業スタイルにはほかにどのようなものがあるのでしょう?

ここでは定番の営業スタイル4つをご紹介したいと思います。

本命の彼女として営業する「本カノ営業」


色カノとも似ていますが、「本カノ営業」の場合は女性に対して「俺の本命はお前だよ」と言い、営業だと信じ込ませるスタイルです。

この本カノ営業というスタイルはとても有名ですが、実際に本カノにされた女性は“自分が本カノ営業されていることに気づいていない”ことが多いです。

ホストと関係が切れる最後まで、ホストの彼女だと信じて疑わないのだそうです。

身体の関係を持つ「枕営業」

芸能界でもよく聞く「枕営業」。これはホスト業界でもよくあることで、羽振りのいい女性客や、「肉体関係を結んでくれることで指名してあげる」「お金を使ってあげる」という条件を出してくる女性客と枕に発展することがあるようです。

身体だけの関係なので、色カノや本カノと違い双方に恋愛感情はあまりないようですね。中には枕がきっかけで女性がホストに好意を抱き、色カノや本カノに発展していくこともあるのだとか。

色カノにするために枕営業をすることも


女性が男性に好意を持つきっかけにも色々ありますが、よくあるのが身体の関係を持つことで恋愛感情を抱いてしまうというケースです。

ホストが目当ての女性を色カノにするためには、まず女性に好意を持ってもらわないと始まりません。そこで、枕(肉体関係)を切り口に、色カノに発展させるという方法も定番なようです。

ホストのお気に入りがする「趣味カノ営業」


「趣味カノ営業」の特徴としては、あまりお店に呼ばれることもなく、月に1〜2回の頻度で会う程度。会ったときにはデート代をホストがすべて出してくれるなど、一見するとホストの本命彼女に見えます。

しかし実際のところは、本命にはできないけど“遊び相手”としてキープしているに過ぎず、適度に会ってくれたり、会ったときにはデート代やプレゼントをくれるのは、その女性に見捨てられないように関係を保っています。

飲み友感覚で付き合う「友達営業」


「友達営業」とは、女性客と友達のような感覚で接し、恋愛関係にならないように接客をするスタイルです。

女性客が好意を持ったとしても、それを上手く交わしてくるのもこのスタイルの特徴です。ホストともっと親密な関係になりたくても、友達営業をされていると相手にしてもらえないそうです。

色カノになりやすい・ハマる女性の3つの特徴

色カノになりやすい女性には、ある共通の特徴が3つあるようです。以下に当てはまる人は、ホストの色カノになる可能性が高いので少し注意したほうがいいかもしれませんね。

①尽くすことが好きな女性


とにかく好きになった人や気になる人に尽くしてしまいがちな女性は、色カノの標的にされやすいようです。

「尽くす」ということは、ホストのお願いを聞いてくれやすく、また売上を上げるために無理してまでたくさんのお金を使ってくれたりもします。

尽くしてくれる女性は、ホストにとって嬉しくずっといてほしい存在ですので、そんな女性を見つけたら放って置くわけがありません。

②応援してあげたい気持ちが強い女性


ホストクラブは“お気に入りのホストを育てる・応援する”という楽しみ方があります。

新人ホストやナンバー入りを目指しているホストの気持ちに共感し、ついお金を使ってまで応援してしまう女性はホストの色カノにされやすいです。

応援したいという気持ちは、裏を返せばそのホストに好意があるのと同じですから、自分を応援してくれる女性を色カノにするのは簡単なこと。

女性の善意を利用して色カノとしてたくさんのお金を引っ張るホストもいますので注意しておきましょう。

③役に立ちたいという気持ちが強い女性


誰でも好きな男性のチカラになりたいと思うものですよね。そういう“彼の役に立ちたい”という気持ちが強い女性もホストの色カノにされがちです。

ホストの役に立つことって、たくさんお金を使ってもらうことですから、色カノにされた後は高頻度でお店に呼ばれてしまいます。

そして毎回お金を使わされるハメになるので、ホストとの関係にはとにかく注意が必要です。恋は盲目とも言いますから…

「色カノ」と「本カノ」との見分け方

ホストにハマってしまった女性で、「私は今、色カノなのか本カノなのか分からない」という悩みを持つ人が多いです。

そこで、「色カノ」と「本カノ」との見分け方について解説していくので、参考にしてみてください。

ホストにお金を払っている場合は「色カノ」

例えば彼とデートをしたとき。食事などのデート代は主にどちらが払っていますか? いつもあなたが支払っている場合、あなたは彼の色カノである可能性が高いです。

ホストが本カノの一緒にいるときには、なるべく自分がデート代を負担して、本カノに極力お金を使わせようとしません。

デート代は割り勘が多い場合


これは一概に決めつけることはできませんが、あえて割り勘にすることで普通のカップルを演じているのかもしれません。

普通の恋人って、彼氏ばかりがデート代を負担するものじゃないですよね。たまには彼女が支払うこともありますし、同じことで楽しむわけですから割り勘で支払うことが多いかと思います。

ホストも女性に疑われないように上手く立ち回ろうとしますから、本当は色カノだけど色カノだと思わせないように自然な振る舞いを心が得ている可能性も十分考えられます。

身体の関係・自宅に呼ばれたら「本カノ」?

彼と身体の関係があったり、彼の自宅に呼ばれたりするのは「本カノ」の可能性があります。

そもそも色カノはお金を使わすことだけが目的なので、できることなら身体の関係を持ちたくないと考えるホストが多いようです。

また、自分の自宅を知られるということは、ホストにとってそれなりのリスクもあるわけですから、自宅に招いてくれるのはある程度信用をされていないと呼ばれることはないでしょう。

「本カノ」に思わせるテクニックかもしれない


女性も自分が遊ばれていると感じたら、そっぽを向いて去っていきますね。

ですから、ホストとしては色カノでも本カノと同じような扱い方をしてくることもあります。

さきほども上で伝えたように、ホストは色カノだと思わせないように振る舞ってくることもあるので、身体の関係があろうと、彼の自宅に呼ばれたとしても一概に本カノだと決めつけることはできません。

お店ぐるみで色恋営業していることがほとんどなので注意


ホストクラブと色恋はセットなので、お店ぐるみで色恋営業を行っているお店は多いです。

例えばヘルプホストが着いたとき、「姫ちゃん、○○さん(担当)と付き合ってるんでしょ〜? 」という風に、2人が交際していることを周りも認知していると、自分たちの関係を疑う余地はないですよね。

こういう手段で女性がホストと本当に交際しているかのように思わせてくることもあるので、彼以外の口から交際していることを聞かされても、その言葉はあまり真に受けないほうがいいでしょう。

本気で付き合う場合、ホストは誰にも言わない


ホストとお客さんの色恋はOKでも、真剣な恋愛は禁止されていることが多いです。

色恋を扱う商売で、女性にいちいち本気になっていては仕事になりませんし、それをほかの女性客に知られてしまうと売上にも影響してきます。

そういう背景もあって、ホストがもしも真剣に女性と付き合う場合は、そのことは誰にも言わないものです。

きっとその女性にもキツく口止めをするでしょうし、お店にも来ないでほしいと言われるはずです。

仲の良い友達に客観的に判断してもらう


自分たちの関係がわからないときは、仲の良い友だちに客観的な意見を求めてみましょう。

人は自分が騙されていることを無意識に否定してしまうので、数々の証拠があったとしてもなかなか受け入れられないもの。

そういうときは、あえて親しい人物に自分のことを見てもらい判断を委ねることで受け入れやすくなることもあります。

どうしても自分たちの関係が曖昧なときは、あなたの近くに人に頼ってみてはいかがでしょう。

まとめ

色カノになると擬似的にホストと交際できますが、そこに本当の愛はある可能性は低いです。

しかし、ホストクラブはこうしてホストと疑似恋愛を楽しむのも醍醐味のひとつなので、色カノを楽しんでみてはいかかでしょうか。

SHARE
twitter facebook Line hatena bookmark