【group BJホストセミナーvol.2】『天音シン』が未経験15ヶ月目で2億円売れたルーツに迫る!!

group BJホストセミナー2日目は、未経験スタート3ヶ月で1000万突破、4か月目で指名100本突破したという『天音 シン/あまね しん』さん。

ホスト未経験ながら、9ヶ月で1億円突破、15ヶ月目で2億突破という記録を叩き出した理由は、伸び悩んでいるホストも、これから売っていこうというホストもぜひ知っておきたいところですよね!

今回のセミナーでは、ホスト『天音シン』が、未経験からどのようにして売上を作ったか。その経歴から基礎が語られました。

天音シンさんのおいたち~ホストになるまで

未経験15ヶ月目で2億円売ったホスト『天音シン』の基礎の部分は、どうやって作られたのか。

その学生時代はかなり意外なものでした。

中学は野球部。高校は坊主にするのが嫌で書道部へ

「サッカー部や野球部のキャプテンが応援団長をしているなか、書道部で応援団長をするという、何を考えているかわかんないような学生生活を送ってきました」

『天音シン』さんは佐賀県出身。実は小中高といじめられた経験もあったそうです。中学までは野球少年でしたが、高校では坊主頭が嫌で、男子よりも女子の割合が高かった「書道部」という謎の部活セレクトを!

「何を考えているかわからない」スタンスは、そのまま社会人へと受け継がれます。

大手メーカー勤務なのに掛け持ちでキャバクラのボーイに!

「掛け持ちでキャバクラでボーイをつとめていて、ここが僕の中でホストになるきっかけというか、目覚め的なものがあった」

実は『天音シン』さんは、誰もが名前を知る超有名企業に3年勤務していました。その大手企業で働きながら、なぜかキャバクラのボーイという副業も。当時から時間の使い方が上手かったようですね。

副業にキャバクラのボーイを選んだ理由は「女性側をサポートする男性の仕事っていうのが、日本の社会の中で少なく、どういうものなんだろう?」という興味からだったそうです。

ホストに興味を持ったきっかけ

「自分が商品で活躍できたらどんなにかっこいいんだろうなとか、自分も商品になってお客様や隣に座ってくれる人、まわりにいる人を幸せになれる人間になりたいなと思っていたことがあって」

ボーイの仕事では、つけまわしやマネジメント、キャバ嬢の売り方の相談にも乗ったりしていたとのこと。

その仕事の中で、次第に自分が商品として活躍できる「ホスト」という仕事に興味を持ち始めます。

HOST-TVで一条ヒカル会長の動画を見てgroup BJを選んだ

出典:YouTube

「広島じゃなくて一番大きな町で歌舞伎町で一番とりたいなと思ったのがきっかけです。脱サラして、去年の3月に歌舞伎町にキャリーバック1つでやってきました」

ホストに興味を持って、youtube「HOST-TV.COM」を見ていたところ、特に鮮烈だったのが、一条ヒカル会長や『CLUB ARTIST』アラタ代表、夏目ケンジ相談役が出演した面談の動画でした。

出典:YouTube

ヒカル会長の他、ホスドルとして活躍する人気プレイヤーたちの強く輝く姿を見て、group BJでホストになることを決意。誰もが羨む超大手企業を辞めて、歌舞伎町にやってきたそうです。

ホスト成功の理由は

ホスト未経験からスタートし、9カ月で1億円突破。15か月で2億突破。その姿は、ホストの誰もが夢見る成功モデルです。

成功の裏には、どんな努力があったのでしょうか?

とにかく負けず嫌い!

「ホストをはじめたときに、従業員が同期が30人くらいいたんですけど、ナンバーは下から数えるほうがはやかった」

「周りの従業員はバンバン飲み直し・シャンパンをもらって、そのとき僕がヘルプをしたりシャンパンコールをしてるというのがすごく悔しかった」

『天音シン』さんの原動力は、とにかく負けず嫌いであること。

また、この時の『天音シン』さんの同期たちは、ホストとして熱量の高い逸材揃い。新人の中ではかなりの結果を出していたはずの『天音シン』さんでしたが、同期たちの売上はそのさらに上。ここで感じた悔しさこそが、彼にとってのターニングポイントだったそうです。

ホストとして成功した根底には、切磋琢磨できるライバルたちに恵まれた環境と、そしてその中で心折れず戦い続けた、負けず嫌いにあったそうです。

営業停止中は誰もがやってない努力をした

「営業が再開した時に使ってもらえるBJマネーというものがあったんですけれど、僕はそれを4月の時に誰よりも売ろうと思いました。」

「それこそ1度もお店に来たことのない人や、1度しか来たことのないお客様に買ってもらったこともあって、ここでホストとしての営業のスキルに少しずつ目覚めてきたなという…」

2020年4月。新型コロナによって1ヶ月営業自粛となった時、多くのホストが漫然とおうち時間を過ごしていました。

しかし、『天音シン』さんは、この期間に「誰もがやってないことをやりたい」と考え、BJマネーの販売に注力します。営業再開後の活動を視野に入れ、既存のお客様にLINEなどで積極的に営業をかけていたとのこと。

一条ヒカル会長も「新入店者がそのタイミングで営業をしようというのが、そもそも発想で行きつかない。仲間にも恵まれていた」と評価しています。

「ホストの成功は3ヶ月」を実現

「誰よりもお店に早く出勤して、誰よりも遅く帰って、誰よりも遅く寝て、誰よりも早く起きるという生活をしていました。」

常に隣の従業員と戦いながら、寮にいる時ですらそういう意識を持った上で3ヶ月間取り組ませていただきました」

営業停止中の1ヶ月間、BJマネーを売ることで営業スキルを磨き、そして営業再開。2020年6月に『THE GENTLEMEN’S CLUB/ジェントルメンズクラブ』がグランドオープンし、『天音シン』さんの猛攻がスタートします。

group BJでは「ホストの成功は3ヶ月」と教育しており、未経験からでも努力次第で3ヶ月で結果が出せるといいます。

『天音シン』さんは、グランドオープン1ヶ月で売上小計350万円、2ヶ月目で小計500万円、3ヶ月目で1100万と、確実な結果を残しました。

誰でもできることを極限まで突き詰めた

「グランドオープン3ヶ月目で小計1100万という数字を叩き出したんですけど、誰でもできることを極限まで突き詰めただけで、これが僕の中でのベーシックというか。

当たり前の行動としてグランドオープン3ヶ月を走り切ったなという印象です。 負けず嫌いの想いというのが僕の原動力となって、その原動力が努力・成長に変わったのかなという3ヶ月間でした。」

売上1000万超えを達成できるのは、ホストの中でもほんの一握り。

『天音シン』さんがグランドオープン1ヶ月目で小計350万円売った月も、その当時No.1だった同期の売上は1100万。「ここで気を抜いたら負ける!」という負けず嫌いの思いで、ひたすら努力を重ねたそうです。

ストイックすぎる努力の数々!

営業のLINEも、早く出勤することも、やれば誰でもできることだけど、長期間継続することはかなり困難。

その努力は、セミナーに参加したホストたちが「エグい」と評してしまうほどのストイックさでした。

睡眠時間は約3時間~5時間

「僕なりのLINEを送る時間・回数というのを1日で決めていて。それをやっていると、睡眠時間が約3時間~5時間になります。僕はよく”10分睡眠”っていうのを1日に複数回やってるんですけど、「集中力が続かないな」ってときには有効的です」

これで体を壊して出勤できなかったことは今までなかったので、生活習慣の改善だったりとか、努力の向上だったりに繋がるんだと思います。」

なにより「エグい」と言われたのが、LINEでの営業。

『天音シン』さんは、毎朝7時に必ずお客様にLINEを送っているとのこと。お客様が仕事に行く前におはようの挨拶ができるよう、毎朝必ず7時前に起きています。

夜の営業やアフターをこなしてなので、毎日の睡眠時間は3時間~5時間。たくさんいるお客様からのLINEに全部返信をして、営業後にもまたLINE。スマホを触る(LINEを送る)時間は1日平均9時間と語っています。

ブランディングを貫く

出典:Instagram

「自分を応援してもらいたいなと思うためのLINEを僕は送っています。
(たくさん来るLINEに対して)しっかり返すことで、お客様にリスペクトしてもらえる、この人を応援したいと思ってもらうブランディングをして、関係性の構築をします」

睡眠時間を削り、たくさんのお客様と毎日数件ずつLINEを交換するのは、かなりの顧客管理能力が必要です。

女性は気持ちのこもっていないLINEは、すぐに見抜いてしまうもの。多くのお客様からの支持を得ることができたのは、 一人一人、相手のことを考え、人柄の伝わるメッセージを考えて送っているからこそでした。

入店当初から意識していること

「毎日誠実にLINEを送る・交換することを僕の中での目標としていて、1年間半続けています」

「なにかしら1つの目標をたてることによって、自分に責任感が生まれ、生活習慣が変わり、それが行動だったり発言だったりに変わるのかなって思っています。今日セミナーが終わった際に、1つでいいので目標を立ててほしいなと思います」

毎日、朝起きて、イケメンから「おはよう」のメッセージが届いて、返信して。昼休みに返信が来て、また返信して。夜寝る頃にまたメッセージが届く。しかもそれはコピペじゃなく、自分だけへの誠実なメッセージ。

…というのが、毎日!女性からしたら、ファンになるしかないやつですよね。

それを1年半、ストイックに続けた努力があったからこそ、人気プレイヤー『天音シン』がいるのです。

今後の目標

「2021年度、残り3ヶ月で3億売れるように頑張ります」

「前回のセミナーでは、ロイ代表代理やせなもぶ副主任がグループを背負って歌舞伎町と戦ってるなっていう、かっこいい背中が見えたので、僕もグループを代表できるような1プレイヤーになりたいと思っています」

メディア出演など、もっと歌舞伎町そのものが良い町だと思われるように、ホストが芸能人化・アイドル化していけたらいいなと思いました」

今や『天音シン』さんは、14ヶ月連続1000万over、入店15ヶ月目で総売り上げは2億突破という未経験の星。

「歌舞伎町で一番を獲りたい」と上京してから1年半が過ぎ、年内売上3億も十分視野に入るほどに成長を遂げています。

ホストが芸能人化・アイドル化というのは、まさにgroup BJが目指す路線ですね。

質疑応答:各店舗幹部からも質問殺到!

質疑応答の時間は、新人からベテランホストまで、次々と質問が続きました。

天音シン流・超ストイックライフの継続のコツや、具体的な営業方法など、未経験から大成功した男の裏側に興味津々!

Q.ストイックな生活を続けるために工夫していたことは?

「疲れたら10分睡眠とか、甘いものを食べたりと、あまり体にストレスをかけないようにしています。
僕の中で一番のストレスは、その日の営業で一番ふがいない結果を出すこと。
それって、一週間前の自分と連日の自分に責任があると思うので」

『天音シン』さんの生活は、誰もが1日2日ならできるけれど、1年続けるのは不可能に近いストイックライフ。しかし、これをやり抜くからこそのNo.1です。

営業で結果が出せないと一番ストレスが溜まるから、ストレスが溜まらないように結果を出す……成功者しか言えない発言であって、まずは結果を出すことが難しいような⁈

Q.努力の才能がない人に、一番最初に意識したほうがいいと思うこと

「人によってやり方が絶対に違うと思うので、今自分が正しいと思ってるやり方を、一旦、自分が信用できる先輩や上司に聞いたうえで、『間違っている』と言われたことを素直に直すのが一番はやいかなと思います。」

「やり方を一から変えるのもありだと思いますし、今の時代に沿った見た目だったり髪型だったり、何かを変えて成功体験を見つけることは、努力のきっかけになる・可能性になると思います」

正直なところ、『天音シン』さん並みの努力を続けることは至難の業。ここまで努力できない人への救済としての、幹部からの質問でした。

グランドオープン1ヶ月目の頃、『天音シン』さんの当時の指導者から「今の動き(日々の努力)を3倍やれ」と言われ、素直にそれを実行したとのこと。その成功体験から来るアドバイスでした。

Q.睡眠時間を削っているなか、営業中はお酒を飲むんですか? 体調管理はどうしていますか?

「お酒はあまり強くなくて、飲むんですけど体調管理のために、営業時以外ではお酒を飲まないようにしています。お客様の前では、基本的に営業中しか飲まないようにしています」

こちらは前回のセミナー講師『せなもぶ』さんからの質問に対する回答。

「そんな短い睡眠時間なのに営業中にお酒を飲むんですか?」と聞いて、「飲みます」という回答に「飲むの⁈」と驚いていました。

飲む時間を営業中だけと決め、アルコール量をコントロールすることで、自己管理を徹底しているとのこと。いや、それでもなかなかマネできません!

女性を楽しませるための工夫を惜しまない!

「オンオフで服装を切り替えるように気を付けていて。オフはあくまで一人の男の子なので、ジャケットは羽織りません。でもお店ではアクセサリやバッジをつけて、ジャケットも羽織って、ホストとして向き合ってギャップをつけることで、多少は自分に魅力を持ってもらえるのかなと思います」

女性に尽くしまくりなLINEメッセージ以外にも、女性を楽しませる細やかな努力をしているそうです。

営業の時と違い、オフは等身大の姿で会ってくれる。でもお店に行けば、ホストらしく決めた彼に変身…そんな特別感やギャップが、女性をドキッとさせてくれるのでしょう。

全てはお客様のために! 朝、ストイックに起きるための秘密道具

「アラームにめちゃくちゃこだわってます。「絶対起きるアラーム」のアプリがありまして、携帯をもって5分間家の中を動き回らないとアラームが止まらないんですよ」

夜の仕事にも関わらず、朝7時に姫たちにLINEするために起床。『天音シン』さんのストイックライフを支える秘密道具の話がこちら。

なんと、鳴り出したら、スマホを持って5分間歩き回らないと止まらないという目覚ましアプリを使用しているとのこと。

アプリの個性が強すぎる。そして、この荒行に毎日耐え抜く『天音シン』さんの忍耐も最強すぎる。このアプリの紹介には参加者全員爆笑で、本セミナー一番のハイライトとなりました(?!)。

まとめ:「誰でもできること」を極限まで突き詰めた末のストイックな成功

朝早く起きる、決まった時間にLINEをする、短い睡眠時間。どれも誰にでもできることながら、毎日継続することは難しい事です。『天音シン』さんは、それを極限まで突き詰めることによって、未経験ながら短期間で成功を手にしました。

前回の『せなもぶ』さんのお話にも共通するのは「継続」。ホストにかかわらず、どんな業種でも、確かな目標を持って継続することこそが成功への一番の近道なのでしょう。

group BJで言われている「ホストの成功は3ヶ月」。今回のセミナーで気づきを得て、3ヶ月後、また新たな成功者が誕生するかもしれませんね。

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

THE GENTLEMEN'S CLUB

THE GENTLEMEN'S CLUB

東京都新宿区歌舞伎町2-14-8 メトロプラザ2 5F

ARTIST

ARTIST

東京都新宿区歌舞伎町2-14-8 メトロプラザ2 5F

BLACK DIAMOND CLUB

BLACK DIAMOND CLUB

東京都新宿区歌舞伎町2丁目11-10 ルネッサンスビル1F

CLASSY

CLASSY

東京都新宿区歌舞伎町2-27-11 三経27ビル3F

THE BUTLER'S CLUB

THE BUTLER'S CLUB

東京都新宿区歌舞伎町2-14-8 メトロプラザ2ビル 1F

STARDUST

STARDUST

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル3F

GUYS

GUYS

東京都新宿区歌舞伎町2-14-8 メトロプラザ2 B2F

BIDAN

BIDAN

東京都新宿区歌舞伎町2-9-10 G2ビルB1F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索