【禁断のラブラブトーク】たお×三浦界──BLACK DIAMOND CLUB拡大移転記念対談

2022年2月、1億円プレイヤー在籍店舗・group BJ 『BLACK DIAMOND CLUB / ブラックダイヤモンドクラブ / ブラダ』が満を持しての拡大移転と相成りました。移転先は歌舞伎町のなかでも「大箱」の部類に入るというので、期待が高まります。

今回はそんな『BLACK DIAMOND CLUB』から、『たお』代表取締役と『三浦 界(せかいのかい)/ みうらかい』副主任のお二人の対談をお届けします。

移転直前、たくさんの思い出がつまったお店で二人が語るのは、お客様や従業員の皆さん、そしてお互いへの「愛」でした。


──この度は拡大移転、本当におめでとうございます!

たお・界
ありがとうございます!

たお
あ、間違えた! あじゃまるとぅんくです!

──あら(笑)。「ありがとう」の最上級ですよね。

たお
さすがです! 意外と細かいところまでいつも記事にしてくださるんで、ちょっとここはこだわろうかと。

──「あじゃまるとぅんく」、もっともっと広めていきましょう! さて、今回はお二人の対談ということですが……そもそも たおさんと界さんってどういう関係なんだろう? というところから聞いていきたいんですけれども。

たお
はい、えっと……恋人、ですねえ。

──おっ


えっ

たお
あっ、違いました? この設定やめようか。


え? 終わりですか?

たお
はい。


あはは! ええと、ボケなしで言うと本当に、めちゃめちゃ仲が良いです。僕は「後輩の面倒見が良い」と言われることが多いんですが、先輩とは逆に関わる機会が少なくて。でも代表は唯一、ご飯に連れて行っていただいたりして、だいぶ仲良いですね。

たお
生意気ですね。


ん? (笑) いや、本当に仲良しです!

たお
ね!

──一緒に働かれて結構長いんですよね。


確かに、もう3年になります。「たお補佐」と呼んでいましたね、最初は。

たお
僕が幹部補佐の時代からだもんね。

──そうでしたか。そんなたおさんも今や代表になられて……おめでとうございます!


3年で代表ですよ。

たお
ありがとうございます! 何もしてないんですけどね。気づいたら、なっちゃいましたね。

──『BLACK DIAMOND CLUB』史上初めての拡大移転になると思いますが、今の心境は?

たお
そうですね、お店が拡大するにあたって、僕たち従業員の心の器も拡大していこうかなと。

──……心の器。

たお
まあ、例えば人の失敗をより許せる人間になる、とかですよね。物理とともに精神的にも、大きくしていこうかなと思います。


素敵です。

──界さんは普段、たおさんにツッコミなどはなさらないんですか?


わ、確かに。そう言われたら突っ込まないかもしれないですね、そんなに。

たお
ツッコミ担当は『神宮寺 凛 / じんぐうじ りん』幹部補佐です。これ、記事に書いておいてください。

──わかりました(笑)

『BLACK DIAMOND CLUB』唯一の1億円プレイヤー

──(たおさんの目を見て)それ、視界は良好なんでしょうか……?

たお
いえ、見えないですね。でも見えないからこそ、コミュニケーショントレーニングになるのかな? という風に思います。目に見えるものだけがすべてじゃないなと思っていて、やっぱり心で見るからこそ、その本質が分かるというか。


本当に、そうですね。

たお
それを突き詰めた結果、3年以内で代表取締役になれたのかなと思いますね。ありがとうございます。

──あっという間の3年ですね。


早かった。

たお
早かったですね。

──界さんから見て、たおさんはどんな存在ですか?


やっぱりシンプルに売上がすごいです。ブラダって1億円プレイヤーがたお代表しかいないんですけど、毎月ずっとナンバー1で、ラスソンも獲られるし……みんな悔しがってますね。

でもありがたいんです。やっぱり基準が高いからこそ、みんな超えたいなって思うし月間1,000万円も売れる。1,000万売ってもナンバーワンが取れないお店のおかげで、上が目指せるので。

──ではそこは恐るべきところでもあり、尊敬するところでもあると。


そうですね。それと尊敬ポイントは他にもめっちゃめちゃあるんですが……視野が本当に広いなと思います。指名本数が多くて営業中は一番忙しいはずなのに、めっちゃ周りに気配りできて、一番周りを見てるな、って。

──今、全然見えてないと思うんですけど……

たお
(きょとんとしているらしい)


まったく同じことを思っていました(笑)。今は多分、温存してるんですよ。営業になると開眼します。

──ああなるほど! そうか、他にも目があるのかもしれないですね。


ああ、それもありますね。本当に後ろも見えてるし、動きがすごい。お客様にもめっちゃ気が遣えて、すごいなと思います。

──たおさんを羨ましいなって思うところはありますか?


(たお代表を見つめながら)こういうマスクをつけたりできるところ……キャラクターですかね。僕はエンターテイナー性を出すことについては頑張ってるんですけど、キャラクターっていうのがあんまりないので。たお代表は変顔で看板載ったりとかしてるじゃないですか。

たお
(間髪入れずに)変顔したことないですけどね!


あはは! そういうところ、羨ましいなーって思いますね。

──突き抜けてらっしゃるところがありますよね。


ぶっ飛んでるところが、はい。すごいなと思いますね。

──(たお代表に)だそうですよ。

たお
うんうん。例えるとあれですね、ぶっ飛んでトランポリンの上でホッピングみたいな感じですかね? ぶっ飛んでからの、着地した先に、ホッピングでトランポリンの布を突き抜けるという。


そういうことですね。

「自分のため」には動かない

──では今度はたおさんに、界さんはどういう存在かお伺いします。

たお
うーん、そうですね。ホストクラブって、営業中常に盛り上がっている状態にするということはまあ、難しいんですよ。やっぱりシャンパンが止まっちゃう瞬間もあるんですよね。でも、そういう時に盛り上げてくれるのが界補佐なんです。本当にすごいと思うし、助かってますね、うん。

──タイミング上手なんですね。


タイミングだったり、あとは「漢(おとこ)」感がすごいんです。例えば営業中にシャンパンをいただいて、ラストオーダーで「僕もう 1 本行くんで」って宣言して、本当に行くんですよ。行かなかったことが1 回も無いので、すごいなと思いますね。

それから界補佐は、「人のため」で動くことが多い。人のイベントで「あ、またシャンパンだ」とか、「また高額オーダーだ」というところを見ると、すごいなと思いますね。

そういう、人のために何かできるところが羨ましいというか、そりゃあ僕よりも全然すごいですね。人のためにものすごく時間も使えるし、うーん。本当にすごいんですよ。

──前回のインタビューでも、「自分のため」よりも「人のため」「お店のため」とおっしゃっていました。そこはもうずっと変わらずなんですね。

たお
そうですね。あと人間性がしっかりしているので、界副主任のお客様の表情を見ていると、彼の隣にいることですごくこう、安心感が出てるなっていうのが伝わりますね。

──安心感。頼りがいがありそうですよね。

たお
そうなんです。お客様に対してすごく誠実に向き合ってるなっていうのも、伝わりますね。(界さんに向かって)いいこと言うでしょう。


はい。驚きました(笑)

──本当に仲良しで羨ましい限りです。ちなみに、お互いに「実はこういうところをマネしています」というものはありますか?


僕はいっぱいあります! なかでも一番は、お客様にめっちゃめちゃ優しいところですね。僕は昔はそういうのがあまりなかったのですが、代表と仲良くなってからマネするようになりました。

今はもうマネを超えて「代表だったらこういう風に言うかな」「代表はこうするかな」って想像して、それを言ったりしたりもしますよね。

たお
僕は見た目に関することについては、彼を参考にしてるかもしれません、実は。界補佐はうちのお店の中でも一番、見た目だったり考え方が「ホストっぽい」んですよ。

界さんのファッションはハッキリしていて見ているだけで楽しい


でもたお代表、今日のネックレスとか時計、ヤバいですよね。

たお
いやいや。これ、記事に書いておいていただきたいんですけども、僕はハイブランドがすごく苦手なので、今日なんて全身ユニクロで来てるんですよ。アクセサリーとかもしまむらで。


自分で作ったりもするんですよね。

たお
そうこれ、ホームセンターで金の釘を買ってきてこう、バーナーで炙りながら曲げてて。で、ここのキラキラの部分は「ねるねるねるね」の 3 番目の粉をすり鉢で砕いて、木工用ボンドでくっつけてキラキラさせてるんですよ。

なので、まああの、僕はハイブランドはちょっと好きじゃないというか……自分がブランドなので! ハイブランドは絶対身に着けないって決めてるんですよ。これはホストをやってる間、貫き通します。

──さすがの意識の高さで。

たお
……とは言っていたんですが、こういうアクセサリーをつけるとやっぱり、見られ方も変わりますね。

──(たお劇場が終わって一安心しながら)見かけも大事と言うことですね。


大事じゃないですかね、ホストは。

たお
そういう意味で、彼のブランド志向なところは取り入れましたね。界補佐は異名を持ってるんですよ。「歌舞伎町の歩く伊勢丹」っていう。「( 時々高島屋)」なんですけど。

──素敵な異名だと思います。


「(時々高島屋)」が気に入りました。本当に広めたいです!

新しいお店には業界初の〇〇〇?!

──では次の質問です。この度お店が新しくなるということで、もちろん基本的な所は変わらないと思うんですけども、これからはどんなところが変わると思いますか?

たお
まず、今まで以上に「ホスト感溢れる」というか……ちょっと抽象的ではあるんですけども、ギラギラした内装と、それにプラスして、おそらく業界初の仕掛けがあります。


え!

たお
多分業界初めてじゃないかっていう仕掛けを取り入れてるので、期待してください。

──気になります!


ええ、これは本当の情報ですか?


なんで嘘つくと思うのここで!おかしいでしょ!(笑)

とにかく、そんな仕掛けがあるので楽しみにしておいてください!

──それはまだたおさんと一部の方しかご存じないんですね。では界さんは今のうちに、予想だけしておきましょうか。


仕掛けの予想ですか?(笑) 何系だろう、内装的なことですか? それともエンタメ的な……?

たお
うーん、まあまあなんかこう、精神論というか。お客様を飽きさせないというか。やっぱりこうね。毎日来店されるお客様だと、見ている風景がずっと同じっていうか……あっ。(「話し過ぎた」というお顔)


ちょっと想像がつきましたね。

──そうですね。あとはオープンしてからのお楽しみということにしましょう。しかしとってもお金がかかっていそうですね……!

たお
いやもうかけましたね、相当かけました。お客様のお力あってこその拡大移転です。もう頭が上がりませんね。……って言っておけばいいのかな?

──界さん、ここ記事にしていいんでしょうか。


絶対使ってほしいですね(笑)

──気を取り直して。ではブラダはさらにパワーアップしつつ、でも皆さんは……


変わらないんじゃないでしょうかね、おそらく。

たお
それはまあ、変わってほしいですけどね。いい意味で。


ですよね。ブラダはキャストの仲がめっちゃ良くて、それは箱が狭いからこそというのもあったと思うんですよ。でも多分、これから広くなっても、そういう良いところは変わらないかなって思います。

たお
ブラダは去年、1人も退店者がいないんですよ。


そうなんですよね。

──すごい!

たお
ホストクラブで1年間、1人もレギュラーが辞めてないんですよ。ここに関しては、自信がありますね。

──そう言いきれるお店って、すごく貴重だと思います。確かに『BLACK DIAMOND CLUB』キャストさんの仲の良さはずば抜けてるイメージがありますね。


それも他店舗さんからよく言われます。

──お店が広くなる分、皆さんがのびのびと仕事できるといいですね。

ますますレベル高まる group BJ で……目指すは「頻波羅(びんばら)」

役目を終えた旧・BLACK DIAMOND CLUB 店内

──お二人の今年の目標を教えてください。


では僕から。去年は年間2ヶ月前ランキングで19位だったんですが、最終的に年間ナンバーで15位以内に入れなくて、めっちゃ悔しかったんです。それこそたお代表が上半期の表彰式で、「年間表彰で一緒に壇上に上ろう」って僕の名前もわざわざ出してくれていたのに。

それがすごく悔しかったので、今年は絶対年間ナンバーに入りたいのと、売上は1億は行きたいな。それが最低ラインという感じです。もし今年の年間ナンバー15位までが1億超えだったら、もっと上を目指したいですね。

── group BJ さんも「1億売っても年間ナンバーに入れるのか」というハイレベルっぷりですもんね。


そうなんですよね。それとお店としてはやっぱり、僕らはまだ月間1億店舗に一度もなっていないので、拡大移転したらそこはもう絶対にいって、継続していきたいです。そこしか見てないですね。やっぱり歌舞伎町で1億のお店というのはトレンドになるので、そうなりたいです。

──ありがとうございます。たお代表はいかがでしょう。

たお
個人としては最低 W BILLION、2億ですかね。でも本当の目標としては、5頻波羅(びんばら)ですかね


そんな単位、本当に聞いたことないですね。

たお
頻波羅(びんばら)って響きが良くない?

※頻波羅(びんばら)……10の56乗。


ポケモンみたいでいいです。

たお
5頻波羅(びんばら)! それからお店としての目標は、1億店舗はモチの当たり前なんですけども、従業員数として常にレギュラー30名体制。もしくは6,000人体制というのを常時保ちたいですね。


常時6,000人。

たお
はい。常時30人か6,000人体制の、ホストクラブでいたいなと思いますね。

──極端な数字ですが……選べるならどちらのお店に行きたいですか?

たお
(即答で)僕個人的には30人ですね。


あはは!

たお
6,000人は絶対嫌ですね。でも目指すところは6,000人で。


6,000頻波羅(びんばら)で。

たお
それはやばい。もう小宇宙ができちゃいそう。

宣材に騙されないで! 実物の方がかっこいい

──最後に読者に向けてひとこと、ありますか?


はい。今回『BLACK DIAMOND CLUB』は拡大移転するので、これまで来てくださった方はもちろん、まだ来たことのない方も絶対来てほしいです。めちゃめちゃ面白い人ばかりだし、イケメンがいっぱいいます。間違いなくおすすめですね。

たお
宣材写真に騙されずに、実物を見に来てほしいですね。実物の方が……かっこいい。宣材越えの集団です。


代表はとくにそうです。変顔とかぶっ飛んでるキャラを売りにしているフリして、実は最近は「かっこいい」で売ってるんですよね。

たお
これ、最近言われるんですけど、ちょっとね、おかしいんですよね。


いやいや。最近そのことに従業員も気付き出してるんですよ。僕は昔から見抜いてたんですけどね。

たお
ちょちょちょ、ちょっとめっちゃ恥ずかしいです。やばいよそれは恥ずかしすぎちゃう。


代表は「変顔で売ってる人」みたいな認知をされていますが、実際はもう本当にイケメンで売ってるんですよ。皆から「かっこいいかっこいい」って言われてる。僕のお客様もかっこいいとか言うので。

──それについて界さんは、ちょっとこう、嫉妬心みたいなものはないのですか?


僕がですか?(笑)いえ、でも代表には本当によくしていただいて。ある意味「第2の担当」みたいなポジションにいてくださるので、嬉しいですね。

──素敵な代表ですね。

たお
界副主任のお姫さまっていいかたが多いんですよ。本当にいいかたしかいないんです。

──お互いそう言い合えるのが、いいご関係の証ですね。

たお・界
いえいえ。

──こんな仲良しな方々のお店、本当に遊びに行ってみたくなります。拡大移転が楽しみです!今日はありがとうございました。

BLACK DIAMOND CLUB

BLACK DIAMOND CLUB

東京都新宿区歌舞伎町1丁目12-6 歌舞伎町ビル2F A室

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

関連記事

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

BLACK DIAMOND CLUB

BLACK DIAMOND CLUB

東京都新宿区歌舞伎町1丁目12-6 歌舞伎町ビル2F A室

CLASSY

CLASSY

東京都新宿区歌舞伎町2-27-11 三経27ビル3F

ARTIST

ARTIST

東京都新宿区歌舞伎町2-14-8 メトロプラザ2 5F

THE GENTLEMEN'S CLUB

THE GENTLEMEN'S CLUB

東京都新宿区歌舞伎町2-13-4 第6金嶋ビル 6F

THE BUTLER'S CLUB

THE BUTLER'S CLUB

東京都新宿区歌舞伎町2-14-8 メトロプラザ2ビル 1F

GUYS

GUYS

東京都新宿区歌舞伎町2-14-8 メトロプラザ2 B2F

DARLIN

DARLIN

東京都新宿区歌舞伎町2-22-13 ADビルB1F

STARDUST

STARDUST

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル3F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索