ホストが女性を落とすときに使う5つの手口や本気と営業の見分け方を解説【その言葉本当?】

ホストは様々なタイプの女性の特徴・傾向について熟知しています。その為、貴女がどのようなタイプの人間なのかを鋭く見抜く事ができるでしょう。

そういったシチュエーションも含めて敢えて楽しむのであれば問題ありませんが、ホストの言動を全て本気で受け取ってしまっては危険です。ホストは「お客」として女性を見ています。甘い言葉に惑わされて、いつの間にか大金を貢いでいたなんて話になったら困りますよね。

今回は、ホストが女性を落とすときに使う甘い罠・手口を解説していきます。上手なホストクラブ遊びをする為の心構えにもなりますので、是非参考にしてみてください。

ホストの営業の手口は大きく5つ

ホストの営業における、女性を落とす手口は大きく分けて5つです。「私に対して本気なんだ」「すごく自然体で接してくれている」という感覚にさせる事ことによって、大口のお客へと貴女を引き込もうとしてるかもしれません。

ここでは、ホストが女性を落とすまでの5つ手口を解説していきます。

1.関係を築き売り上げを伸ばす友達営業


ホスト業界には友達営業、略して「友営」というワードがあります。これはホストが聴き手側に周り、女性の悩みや愚痴などを親身に聴いてくれるというもの。

人間というのは悩みを聴いてくれたりアドバイスをしてもらうと、自然と相手に対して信頼感を持つという心理があり、心を開き始めます。そして「友達」のような感覚で接するようになることでしょう。

それだけなら良好な関係とですが、ホストはそこに至るまでのプロセスを初めから頭にインプットしており、女性と友達のような関係を築き上げる事で、お客の心を掴もうとしています。長期に渡って固定客をゲットすることができるという手口です。

2.わがままを言って特別感を出すオラオラ営業


あえて強気な接客態度で女性を落としにかかる「オラオラ営業」という手口もあります。相手のペースを待たずに「次、ボトル入れるよね」といった我儘で強気な態度をすることで、リードされることが好きな女性を虜にします。つい相手に言われるがままオーダーしてしまう女性も多いのだとか。

しかし、この手口にはホスト側にリスクが伴います。オラオラ営業をする相手をしっかりと見極めないと、大きなクレームに繋がる危険性もあるからです。逆に言えば、一度オラオラ営業で上手く女性を落とすことができたら、リピーターとなってくれる可能性が高いです。

強気な男性が好みの方は、「こういう営業方法なんだ」という部分も頭に入れた上で楽しむのが安全です。

3.好意があると思わせる色恋営業


まるで恋人になったような気分にさせる擬似恋愛的な落とし方が「色恋営業」、略して「色営」と言われる手口です。「私に好意があるのね」と女性に思わせる事によって、相手に気分良く貢がせるのです。

女性側が優位な立場にあるような心理状況が作り出され、さらには、お金を出させることの躊躇いを払拭する効果があります。

しかしホスト界においてこれはポピュラーな営業方法であるとともに、そうした「恋人気分」を味わいたくてお店へ出向く女性も多いので、一概に悪い手口とは言えません。

あくまで恋人「気分」だという事を忘れずに、デートのようなドキドキする時間を楽しむのがおすすめです。

4.体の関係を作っていく枕営業


お客と肉体関係を結ぶことによって、今後の指名・売上に直結させようという手口です。女性側からお気に入りのホストと関係を結ぶのを期待しているといったケースもありますが、その後のトラブルのリスクを考えると、安易に枕営業を受け入れない方が得策でしょう。

肉体関係を結んだ以降、「お店に来てくれ」という営業メールが異常にしつこくなるなどのトラブルに発展するケースも少なくありません。逆に一度肉体関係を結んでしまったが為に、自分がホストに本格的に惚れ込んでしまって、後戻りが出来なくなるというケースもあります。

ホストとその女性の今後の関係は勿論のこと、お店側としてもリスキーな部分があるので、枕営業自体を禁止しているホストクラブもありますが、注意が必要ですね。

5.恋人にして逃さない本彼営業


本当の恋人のような気分にさせて、自分から逃がさないようにする営業手口が「本彼営業」、通称「本営」です。この手口の特徴は、「お店に来て指名して欲しい」などというお願いをすぐにはして来ないことです。

こうして見ると、すごく聞こえがいいですが、ある日突然「今月ピンチなんだ」といった風に、相手に助けを求めてきます。唯一の恋人である彼に「どうしても助けてほしい」とお願いされたら彼を助けざるを得ないですよね。そこまでのプロセスも、あらかじめ計画されているのが「本彼営業」です。

営業ではなく本気の恋愛も完全否定はしませんが、ほとんどの場合は「お客」としての恋人関係に過ぎません。お互いの生活環境にも大きく影響してくる手口なので、しっかり見極めてくださいね。

ホストに依存しやすい女性はどんなタイプ?

「自分は大丈夫」と思っていても、気が付いたらホストにのめり込んでいたなんていうケースもあります。そうならない為にも、次はホストに依存しやすい女性の傾向をタイプ別に見ていきたいと思います。

自分が当てはまらないかチェックしてみてくださいね。もし心当たりがあるようでしたら、今一度注意をしてみると良いでしょう。

普段、女性として扱われる経験が少ない


ホストクラブには様々なタイプの女性が足を運びます。その中には、普段女性として扱われる経験が少ない方もいらっしゃいます。やはりホストクラブに来た以上は、好みの男性と楽しくお喋りしたり盛り上がったり、チヤホヤされたいと思うのが普通ですよね。

しかし、その「チヤホヤされたい」という純粋な女性の心もお店やホストは理解しています。それ故に手厚い接客をし、ホスト達は女性を満足させることができるでしょう。

その満足感が快感になり、クラブ通いが止められなくなりホスト依存となってしまう傾向にあります。クラブの空間は「楽しかった特別な時間」と割り切って、ホスト依存にならないように心がけることが大切です。

プライドが高くて、いつも周りからチヤホヤされたい


プライドが高い女性はホスト依存になりやすい傾向があります。「周りに認められたい」「中心に居たい」という気持ちが強いと、ホストクラブの空間は非常に心地よい場所となるでしょう。

その為、日常で思い通り行かなくてストレスを溜め込んでいたりすると、ホスト達に囲まれて優しくチヤホヤして貰い、何でも言う事を聞いてもらえる空間が癖になってしまいます。

寂しがり屋やかまってちゃん


寂しいと、人恋しくなるのは分かります。常に誰かと一緒に居たい、かまってほしい。そんな性格の女性はハマりやすいです。ホストクラブへ行くと、無条件でノリが良くて話も聞いてくれる男性が隣に座ってくれるのですから、寂しさを埋めることができますよね。

寂しさを埋めて、明日への活力にするという風に前向きになるのであれば、ホストクラブ通いもプラスになります。しかし、あまりに度を越えすぎてホストにのめり込んでしまうのは危険です。一時的な寂しさを埋める事はできても、その後の人生を豊かにしてくれるとは限りませんよ。

お気に入りのホストから告白された!これって本気?それとも営業?

残酷かもしれませんが、ズバリそれはほとんどの場合が営業です。ホスト業界には「育て」という言葉があります。これは、初めの内は営業の誘いなどは全くせず、相手を本気にさせて後々にお金を貢がせる方法です。

しかし、ホストといえど心のある人間です。ここではホストの本心を見破るべく、彼らの手口や心理術を詳しく解説していきます。

どうすればホストの本音を見破れる?ポイント3つ

ホストが女性を本格的に落とそうとする手口には、一定の法則があります。その法則から見た、ホストの本音を探る3つのポイントをご紹介します。

お店には呼ばれない


「君を客として見ていない、本気で大切にしたいと思ってるから。」といったセリフで、最初は女性をお店に誘いません。そうする事によって、女性に「自分は彼にとって特別な存在なんだ」と確信を持たせる事ができます。

お店に来てもらわないとホストにとっては売り上げになりませんから、もしこのようなセリフを言われたら、本当に大切に思われていると感じるのも無理はありません。

ところが、これが「育て」と言われる手口の基本なのです。最初はお店に誘わず相手を安心・信頼させて、後々に「大切な君だからこそ相談したい事がある」といった風に、営業の流れに持って行きます。お店でお金を使わせる事を目的とした、長期的な作戦という訳です。

ホスト自らお金を払ってくれる


お金を稼ぎたいはずのホストが、自腹を切ってくれる!もしかして、コレって本当に大切に思われてるかも?

でも実は、これも「育て」の営業手口の一つです。一定期間は彼が気前良くお金を払ってくれます。しかし、ある程度の時期が過ぎるとおごってくれなくなり、逆にいつの間にか全て女性側が支払うというパターンに持ち込ませる巧みな営業なので、くれぐれも気をつけましょう。

「君は特別だから」と言われホスト自らお金を支払ってくれたら、貴女が「育て」のターゲットになっている可能性があります。そういった営業方法もあるという事を頭に入れて、ホストの接客心理術に惑わされないようにしましょう。

休日もデートをしてくれる


彼がお店をお休みの日に、わざわざ時間を作ってくれて自分とデート。本彼営業で付き合ってる場合は「忙しいから」の一言で全然会ってくれないというパターンが多い中、彼が休日なのにも関わらずデートしてくれるなんて凄く本気の様な感じがしますよね。

しかしホスト業界では、休日にも「お客様」とお付き合いをしなければ、ホストとして成功できないと言われることもあるそう。つまり、彼は休日を使ってデートをする事によって、相手をその気にさせて、後々の売り上げに繫げようという一つの手口を使っている訳です。

逆に言えば、ホストも成功の為にとても必死になっているという事です。そうした賢明なホストの心境も理解しつつ、割り切った感情の上でデートを楽しむのが良いですね。

自分のためにも「ホストは遊び!」と割り切ること


ホストクラブというのは本気の恋愛に繫げる為の場所ではなく、あくまで「ホストは遊び」と割り切り、適度に無理なく遊ぶべき場所です。

相手は営業のつもりで接しているのにも関わらず、女性側だけが本気になってしまったら、結果的に心に大きな傷を負うことにもなりかねません。

せっかくですから、節度をしっかり守り、真面目に頑張っているホストとお互い楽しい時間を過ごしたいものです。

まとめ

ホストというのは、基本的に女性を落とす心理術を身に付けています。彼らの言動の全てを鵜呑みにしてしまうと、結果的に自分の心に傷を付けてしまうかもしれません。

疑いすぎる必要もありませんが、あらかじめ心構えをしておき、自分のペースで「遊びとして」楽しくホストクラブを利用できると良いでしょう。

もし何か不安があった際には、またこの記事を読み返して参考にしてみてくださいね。

SHARE facebook twitter Line hatena bookmark

はじめてのホストクラブ Recommended for
Biginners

horeru PICK UP CLUBS

ANARCHY

ANARCHY

東京都新宿区歌舞伎町2-29-8トヨタケビル5F

TRIGGER

TRIGGER

千葉県千葉市中央区栄町22-13 MIYABIビル3F

5
ZERO

ZERO

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル2F

DeZon

DeZon

東京都新宿区歌舞伎町1-9-5三経61ビル3F

TOP DANDY I-OS

TOP DANDY I-OS

東京都新宿区歌舞伎町2-35-5 リゾンビル6F

TOP DANDY vivid

TOP DANDY vivid

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル4F

TOP DANDY -1st-

TOP DANDY -1st-

東京都新宿区歌舞伎町2-28-2 東松ビル5F

FANCY

FANCY

東京都新宿区歌舞伎町2-20-9 三経75ビル8F

SEARCH

お店検索

キャスト検索

記事検索

horeruline